LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
手入れの行き届いた美しい庭園を歩く国際生たち。
啓明学園高等学校

〒196-0002
東京都昭島市拝島町5-11-15

TEL:042-541-1003

学校情報 学校HP

40以上の国や地域の
文化的背景を持つ友達がいる学校生活

多彩な国の言葉が飛び交うのが
学校生活の日常風景

 1940年に創立した啓明学園は、将来、国際的に活躍できる人材育成をめざして誕生しました。現在、昭島市にあるキャンパスは、数寄屋造りの正門を入ると、3万坪もの豊かな自然が広がります。

 国内の中学校から進学する生徒のほか、帰国生・国内インター校経験者・在日外国籍・ダブルカルチャーの生徒など、世界各国の文化的背景や生活経験を持つ「国際生」が学び、現在、その出身国や居住経験のある国は40カ国以上にも及んでいます。

 クラスは、一般生と国際生混合のホームルーム編成ですが、英語力の維持や日本語の理解力に応じて、英語、国語、数学、理科、社会の教科で国際生のための「取り出し授業(※)」を受けることができます。

 ※異なる言語・カリキュラムで学習してきた「国際生」の言語力・学習経験に合わせて、一般授業から取り出して行う「国際生」のための授業

世界の文化を身近に感じる教育環境

 学校生活の多文化性を表している一例として、国語の授業では次のようなことがありました。例えば、古文の授業で『枕草子』を題材にしたときは、先生が「春はあけぼの」「夏は夜」「秋は夕暮れ」と、日本の四季の情感を表現する記述に触れて、生徒それぞれが経験した世界各国、地域の四季の魅力を問いかけました。

 上海で暮らした生徒は、「春の朝、起きたときに自分の庭から鶏の鳴き声が聞こえてくるのがいい」と答えました。鶏の鳴き声は、日本の首都圏で暮らしてきた生徒たちには経験したことのない音でした。また、ニカラグアで生活した生徒は、「ニカラグアには四季がありません」と答えました。四季のある国で暮らす生徒たちには、世界の広さを実感する言葉でした。

 また、別の国語の授業では、中国籍の生徒が漢詩を原文のまま朗読していました。実際に音で聞く漢詩の世界は、教科書からは感じることのできない美しさです。

 日常的に耳にする英語も、アメリカ英語とイギリス英語、またそのほかの地域でアクセントや発音は違うことがあります。そうした違いを認識するのも、教科書ではなく「友達が話す英語」から。

 啓明学園には、日本語を即座に英訳できる生徒や英語を即座に和訳できる生徒がクラスの中に何人もいます。英語のスピーチコンテストでは、ネイティブの英語を聞くことができると同時に、堂々と自分の意見を発表し、豊かに自己主張する様子も、生徒たちの目を世界に向けるきっかけとなっています。

教科横断型探究学習
グローバルスタディーズ

 さまざまな文化的背景や、価値観の違いを実感し、刺激し合うことのできる授業が、高校3年間で実施する教科横断型授業「グローバルスタディーズ(GS)」です。これは世界の諸問題について知り、生徒自身がテーマを設定して問題解決を考える授業です。

 GSの授業で、ある学年は「ニジェールの貧困問題」について取り組みました。経済的な理由から、教育を受けられない子どもがいるというテーマについて、一つのグループが出した解決法は、ニジェールで盛んなトマトの栽培に注目して、輸出をしたお金を子どもの教育に充てるというものでした。

 さまざまな価値観・世界観から出るアイデアはとても多彩なもの。世界の国や地域、それぞれの政治・経済・文化を生活体験として持つ友達と共に行うグローバルスタディーズは、実感を伴う学びであり、思考力・判断力・表現力を養います。

異なる価値観から
刺激を受けるからこそ成長する

 日常的に多様な言語が飛び交う学校生活ですが、多くは日本に生まれ、日本の文化の中で育ってきた生徒たちです。高校入学と同時に、グローバルな生活環境に馴染むことに苦労することはあるのでしょうか。

 生徒たちからは、「違和感や緊張感を持つのは最初だけ」という答えが返ってきました。例えば、グローバルスタディーズの授業で日本語が不得意な国際生に対して、英語が得意ではない生徒が知っている単語を駆使して説明する場面が見られます。英語が不得意であっても、困っている友達を助けたい一心の行動です。

 ある国際生は、「モノの貸し借りをするとき、自分の国では貸した側が『ありがとう』と言います。それは人を助ける機会を与えてくれたことに対する感謝です」と教えてくれました。

 世界にはさまざまな風習があり、日本とは違った価値観があると知ったとき、英語ができる・できないは大きな問題ではなく、肌の色や外見の違いも関係なく、共に学び、協働するための第一歩を踏み出すことができるようです。

「啓明学園の生徒たちにとって、『世界』はニュースで見たり聞いたりするものではなく、身近にあるもの」と先生方は言います。入学したときには思いもつかなかった、「将来はもっと広い世界に出たい」「英語を使うのが当たり前の世界で活躍したい」という希望を持つ生徒も多いと言います。身近にある「グローバルな教育環境」は、生徒の視線を世界に向けていました。

学校情報

共学
啓明学園高等学校

〒196-0002
東京都昭島市拝島町5-11-15

TEL:042-541-1003

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

この記事を見る

創立当初から海外諸国との交流を行ってきた同校のグローバル教育の理念は、「Peacemaker(平和を築く人)」を育てるこ...

この記事を見る
40以上の国や地域の文化的背景を持つ友達がいる学校生活グローバル
この記事を見る
他者と協働し共生する価値観を持った人材を育てるプログラム独自の教育プログラム

創立当初から海外諸国との交流を行ってきた同校のグローバル教育の理念は、「Peacemaker(平和を築く人)」を育てるこ...

この記事を見る
ページトップ