Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
専修大学松戸高等学校

〒271-8585
千葉県松戸市上本郷2-3621

TEL:047-362-9101

学校情報 学校HP

専大松戸にニュージーランドから
高校生がやってきました!

海外から迎える数多くのゲストたち
日常の中で体験する異文化交流

 姉妹校との交流や、さまざまなグローバル研修プログラムが充実し、留学生をはじめとする海外からのお客様を日常的に受け入れる専修大学松戸高等学校。この5月には、ニュージーランド・ファンガパラオア高校の生徒たちがやってきました。

 ファンガパラオア高校は、2週間のホームステイを行う夏のニュージーランド研修で訪れる提携校です。専大松戸のキャンパスで、バディとしてお世話になったファンガパラオア高校の生徒と再会を果たす生徒もいるなど、うれしい訪問となりました。

 約1週間にわたって京都・三重の学校を訪問したのちに、専大松戸にやってきたファンガパラオア高校の生徒たち。到着した彼らを、茶華道部がお茶とお菓子でおもてなししました。

 合唱部が校歌で歓迎の意を表したのちに、グローバル・スチューデント・リーダーズ(GSL)の有志たちがキャンパス内を案内。GSLは、学年・部活動の枠を越えて国際交流活動を牽引する団体です。姉妹校からのゲストや日本にやってくる留学生など、海外から専大松戸を訪れるお客さまを迎え、交流することもGSLの大きな役目です。

 歓迎行事が終了すると、ファンガパラオア生はホストファミリーを務める専松生たちと帰宅、各家庭で交流が行われました。

ファンガパラオア生が披露した
ハカダンスに圧倒されたランチタイム

 2日目は、ホストファミリーの生徒と一緒に登校し、専大松戸の授業を体験します。日本語のわからないファンガパラオア高校の生徒をサポートすることは、専大松戸の生徒にとっても貴重な学びとなりました。

 隣接する専修大学松戸幼稚園を訪問したのち、ファンガパラオア生たちは書道を体験。「筆で文字を書いたことはありますか?」との問いに手を挙げたのは1人のみ。ですが、書道部の生徒の書をお手本にして書いた文字は、ほとんどが初体験とは思えない出来栄えでした。

 午前中のアクティビティを終えると、アンビションホールで専大松戸生とのランチタイム。アンビションホールは英語教育の発信基地として、姉妹校との交流や多彩なグローバル研修の軌跡をたどることのできる教室です。ホストファミリーを務める生徒をはじめ、GSLの有志も加わっていくつかのグループができ、楽しいランチタイムを過ごすことができました。

 最後にファンガパラオア高校の生徒たちが披露してくれたのは、マオリ語の歌とマオリの民族舞踏である「ハカ」でした。ラグビーのN2代表が試合前に踊ることで有名なハカを、女子生徒も一緒にパフォーマンスする様子は迫力満点。専大松戸生は圧倒されていました。

世界に向けた第一歩を踏み出すために
国際教育部長 木戸純子先生

「日本語をまったく話せなかった海外からの留学生たちが、日本で学び、日本語検定を受検するまでに成長する姿を見ることは、本校の生徒にとってもいい刺激となります」(国際交流部長/木戸純子先生) 「日本語をまったく話せなかった海外からの留学生たちが、日本で学び、日本語検定を受検するまでに成長する姿を見ることは、本校の生徒にとってもいい刺激となります」(国際教育部長/木戸純子先生)

 ファンガパラオア高校との交流は、すでに10年を超えています。夏のニュージーランド研修ではホームステイを行い、現地の授業を体験し、英語の研修も行います。最後に本校の生徒がお礼として、日本文化を感じられるようなパフォーマンスを披露します。今回はファンガパラオア高校の生徒たちにパフォーマンスを見せてもらって感激しました。今後、ファンガパラオア高校からの訪問受け入れを定期的に行うことも考えています。

 本校は常時、長期留学生を受け入れています。今年はアメリカ人留学生が来ていますが、フランス、ベルギー、ドイツからの留学生を受け入れた年もありました。また、アメリカ、ニュージーランドへのグローバル研修も行うなど、英語のモチベーションを高め、異文化に触れられる環境が整っています。とくにホームステイを行うニュージーランドを経験すると、日本との文化の違いを実感したり、もっと英語をがんばりたいと思ったりするようです。また、現地で親切にしてもらったので、今度は自分が日本にいる外国人にやさしくしたいという生徒もいますね。

 グローバル教育は、何事も経験から始まります。将来、世界で活躍するための一歩を踏み出したいという生徒のために、本校では数多くの機会を用意しています。

学校情報

共学
専修大学松戸高等学校

〒271-8585
千葉県松戸市上本郷2-3621

TEL:047-362-9101

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

平成22年、アメリカ合衆国のネブラスカ州にあるリンカーンサウスウエスト(LSW)高校と姉妹校提携が結ばれて、今年で9年目...

この記事を見る

姉妹校との交流や、さまざまなグローバル研修プログラムが充実し、留学生をはじめとする海外からのお客様を日常的に受け入れる専...

この記事を見る
リンカーンサウスウエスト校の留学生と3日間の異文化交流グローバル

平成22年、アメリカ合衆国のネブラスカ州にあるリンカーンサウスウエスト(LSW)高校と姉妹校提携が結ばれて、今年で9年目...

この記事を見る
専大松戸にニュージーランドから高校生がやってきました!グローバル

姉妹校との交流や、さまざまなグローバル研修プログラムが充実し、留学生をはじめとする海外からのお客様を日常的に受け入れる専...

この記事を見る
ページトップ