LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
2019年度より、武蔵野大学高等学校に校名が変わる武蔵野女子学院。2020年度より男女共学(計画中)となり、世界を舞台に、さまざまなことにチャレンジできる人材育成に向けた取り組みが、着々と進んでいます。
武蔵野大学高等学校

〒202-8585
東京都西東京市新町1-1-20

TEL:042-468-3256

学校情報 学校HP

将来のビジョンを持ち
高校3年間で一人ひとりの夢をかなえる教育を

ワールドワイドに活躍する生徒を育てる

グローバルワークショップの目的は
英語力よりも思考力の育成

 新しい教育プログラムの一つとして、(株)ImaginEx・一般財団法人活育教育財団の講師を迎えて行う「グローバルワークショップ」が、2018年度から試験的にスタートし、2時間続きの授業が行われていました。

 春から始まったグローバルワークショップに参加するのは3クラス分の生徒たち。スタートから約半年間、ネイティブ教員がテンポ良く話す英語を、生徒たちは十分に理解している様子です。2018年11月に行われたワークショップでは、「30秒間、とにかく話をする」というウオーミングアップから始まりました。

 この日のテーマは「もしも新しい教室を作るとしたら、ゲーム室、昼寝部屋、カフェのどれがいい?」。大切なのは、その部屋を選んだ理由まで述べられるように準備すること。各自準備ができたら、2人がペアになって30秒間、話し続け、その様子をiPadで録画し、提出します。

「この取り組みは、TOEFL対策のテキストが基になっています。TOEFLのスピーキングパートでは、問われたことに対して即断・即決して、45秒間答える試験があります。もしも途中で止まったら0点になってしまうのですが、日本人は即座に判断して自分の考えを述べることに慣れていません。あいまいな答えになることも多いのですが、将来、さまざまな国の人たちと関わるなかでは、自分の意見をはっきりと述べられるスキルも必要になります。
 このワークショップは、英語の習得はもちろんですが、英語のスキルだけを磨くものではありません。生徒たちは将来、多様な価値観を持った人と協働する社会で生きていきます。そのために、自分の考えを持ち、自分の言葉で人に伝えようとするマインドセットができれば、英語力はあとからついてくるものだと考えます」
(入試広報部副部長/野澤清秀先生)

“目標を定めて挑戦する”を繰り返す

 ワークショップの1時間目では、前回のプレゼンテーションの振り返りも行いました。生徒たちはこの取り組みで成長すべき目標を定め、「できたこと」「できなかったこと」を自己評価しながら次に進んでいました。各自の目標は「得意なことを活かす」「笑顔をたくさんにする」「全員を巻き込む」「自分の意見をしっかりと持ち、発信する」「Self Discipline」「Positive」など。生徒たちは自己評価をするための基準となる「ルーブリック」を作っていました。

 2時間目には、また別のグループを作り、長文を読んだり、エッセイを書いたりするなどの課題にも取り組みます。

 ワークショップには英語の4技能を磨くためのさまざまな要素を盛り込みながら、“考えて、書いて、発表する”の繰り返しを行います。ワークショップがスタートした頃には、「何か質問は?」との問いに、なかなか手が挙がらなかったという生徒たち。今ではうながされる前に手が挙がり、自分の意思や考えを堂々と表現していました。

新しく開設される特別講座

 2019年度からは、グローバルワークショップをはじめ、生徒がめざす将来につながる“チャレンジ”をするための多彩な特別講座が始まります。

 現在予定されているのは、プログラミング講座や絵画・音楽・能楽などの芸術講座、レゴブロックを使って最先端のテクノロジーを学ぶ講座など。それぞれ、外部の専門家と提携しながら内容が構築されています。

「日野田校長はよく『WHO ARE YOUを語れる人材になってほしい』と生徒に語りかけます。自分が何者で、何をしたいかを自分の言葉で語れるようになってほしいということです。
 特別講座は将来につながる一つのチャレンジです。自分が将来、社会に対してどのような貢献をし、どのような人間になりたいかを発見してほしいと思います」(野澤先生)

学校情報

共学
武蔵野大学高等学校

〒202-8585
東京都西東京市新町1-1-20

TEL:042-468-3256

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

新しい教育プログラムの一つとして、(株)ImaginEx・一般財団法人活育教育財団の講師を迎えて行う「グローバルワークシ...

この記事を見る

『Challenge!』━━。この合言葉を胸に、私は本校の教員たちとともに“新たな学校”の創造に向けて着々と準備を進めて...

この記事を見る
将来のビジョンを持ち高校3年間で一人ひとりの夢をかなえる教育をワールドワイドに活躍する生徒を育てる

新しい教育プログラムの一つとして、(株)ImaginEx・一般財団法人活育教育財団の講師を迎えて行う「グローバルワークシ...

この記事を見る
合言葉は『Challenge!』 校名変更、共学化を機に教育内容を刷新私学トップインタビュー

『Challenge!』━━。この合言葉を胸に、私は本校の教員たちとともに“新たな学校”の創造に向けて着々と準備を進めて...

この記事を見る
ページトップ