Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

「主役はあなた」との温かな指導で
見守っていただいた先生方に感謝!
母校は大切な「心の拠り所」に

卒業生メッセージ
2019年4月から社会人となる藤平さん。
体操部(ダンス)で汗を流した思い出の体育館で(取材時は2018年11月)。
日本大学豊山女子高等学校

〒174-0064
東京都板橋区中台3-15-1

TEL:03-3934-2341

学校情報 学校HP

のびのびと自分を表現できる居心地の良さがあります

藤平さん(2014年卒業)日本大学 法学部公共政策学科4年 藤平さん(2014年卒業)
日本大学 法学部公共政策学科4年

 日大豊山女子は祖母の家からも近く、幼少の頃からクラシックバレエに取り組んでいたこともあり、「ダンスが強い学校」というイメージも魅力的でした。なので、志望の動機こそ"直感"みたいなものでしたが、在校中は本当に居心地の良い場所といった感じで、卒業して4年が経った今(取材時は11月)も、振り返れば母校は大切な「心の拠り所」になっています。

 創作ダンスの練習に夢中になった体操部(ダンス)の仲間たちとは、今も再会すれば必ず「豊女(ぶじょ)」をワードに会話の花が咲きます。それは単に同じ場所に留まるということではなく、豊女は自分たちの原点であるからこそ、今いるそれぞれの場所でがんばることができるという希望につながっていくものです。

 私は3人姉妹の長女で、次女も三女も母校に在校中です。私は学校での出来事を毎日楽しく、それこそ誇らしげに毎日家族に話していましたので、おそらくは妹たちの頭の中にも自ずと、「自分も豊女に行きたい」という希望進路ができあがっていたのかもしれません。将来、私に娘ができたら、迷うことなく豊女への進学を勧めることでしょう。それほどまでに愛してやまない母校の自慢を、これからさせていただこうと思います。

 豊女ではずっと美化委員をやり続けました。普通だったら"〇〇委員"ってそんなに注目されるものではないと思いますが、私には特別なものでした。なぜなら、自分の学校がいつもきれいな状態でいることが、自分自身で誇らしかったからで、別の言葉で表現するなら、純粋に楽しかったからです。先生方もそんな私をいつも応援してくれて、「明日は学校説明会だからここを重点的にね」とか、よく励ましの声をかけてくださいました。その温かい一言がうれしかったですね。美化委員を始めたことにより、家の掃除もするようになりました(笑)。

 私たち三姉妹の家庭には、「あなたの人生、主役はあなたなのだから、自分たちのやりたいことを見つけて、自分らしく生きていきなさい」という教育方針があります。ワードで言うなら「自由」ですが、自由奔放に何でもやりなさいというものではなく、のびのびと自分を表現することを通して、責任感をもって物事にあたりなさいという意味であると私自身は捉えています。

 お世話になった先生方からは、私にとっては最良の"付かず離れずの距離感"で見守られ、全力で応援していただきました。それはまさに居心地の良さにつながるもので、チャンスは平等に与えるから、あとは自分でそれをやりたければ堂々と使いなさいと、そんなふうに言っていただいていたのではないかと受け止め、感謝しています。そのような温かな先生方に背中を押され、私は日本大学法学部公共政策学科に進学しました。

日大豊山女子で得たものの一つが「人との出会い」

三姉妹が勢ぞろい。左から、次女(高2)、藤平さん、三女 (高1) 三姉妹が勢ぞろい。左から、次女(高2)、藤平さん、三女 (高1)

 日本大学法学部公共政策学科では、公務員をめざす人をはじめ、民間企業や「新しい公共の領域」での活動を望む人たちが多く学んでいます。もともと福祉の分野に興味を抱いていた私でしたが、ある時、体操部顧問の加藤淳子先生から、「初めから狭い視野で物事を見るのではなく、法律という幅広い分野から福祉を考えたらどうか」とのアドバイスをいただきました。調べてみたら、公共政策学科の中に「福祉・社会政策コース」があることがわかり、私のやりたいことに近いと思って決めました。

 卒業に必要な単位は3年修了時ですでに取り終わっていたので、現在は卒論完成に向けて全力投球しています。テーマは、「地域で子育てをする」というもので、大学3年の夏から始めた「中高生の居場所を作ろう」というボランティア活動での体験がその土台になっています。卒業後の就職先も、子どもたちが主役となるエンターテインメント分野に携わる大手民間企業です。「こども」「子育て」といったジャンルは、これからもずっと私自身のライフワークになりそうです。

 日大豊山女子で学んで得たものは本当にたくさんありますが、「その中でどれか一つだけ」とリクエストされたら、それは「人との出会いです」と答えます。なぜなら人間は、周りの人たちから受けるやさしさや励まし、接し方で大きく変わるからです。私は今、母校でやさしく励まされた分、世の中に同じことをしたいというか、これから出会うであろうまだ見ぬ多くの人たちに、自分がいただいたやさしさや励ましを、恩返しの形で与えることができればと考えています。きれいごとかもしれませんが、本当にそう思っていて、そのきっかけを作ってくれたのは日大豊山女子の先生方であり、部活動のメンバ―であり、先輩も後輩もみんな含めた豊女の仲間たちなのです。

 勉強面でも部活動の面でも、母校の活躍は楽しみの一つですが、やはり、ダンスの後輩たちのことは気になります。ちなみに、日大豊山女子の体操部はダンスとトランポリンに部門が分かれていて、私が在籍していたダンスでは、創作ダンスを活動の中心に置いています。

 顧問の加藤先生の方針で、強豪校によくあるような"選ばれた上手い人"だけが大会に出場するという形のものとは大きく異なり、全員が主役として本番に臨むという点に大きな特徴があります。言い換えれば「全員が主役」なのです。ここが私の好きなところで、オーディションがあるとどうしてもギクシャクする場面があるかと思いますが、常に"みんなそろって"という気持ちがあるから、全員の心が一つになるのです。

 母が私たちによく言ってくれた「主役はあなたたちだから」との言葉とも重なるものです。私の大好きな母校の魅力が、皆さんに少しでも伝わったらうれしいです。

学校情報

女子校
日本大学豊山女子高等学校

〒174-0064
東京都板橋区中台3-15-1

TEL:03-3934-2341

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

日本大学豊山女子中学校・高等学校時代は陸上部に所属、種目は長距離走。卒業後はMonash University Mala...

この記事を見る

日本大学第二高等学校を卒業後、日本大学文理学部国文学科へ進学。同大卒業後、日本大学三島高等学校の教諭として3年間勤務した...

この記事を見る
日大付属校ならではの体験とがんばる仲間を応援し合う校風が海外で学ぶ意欲と勇気を芽生えさせてくれたインタビュー&メッセージ

日本大学豊山女子中学校・高等学校時代は陸上部に所属、種目は長距離走。卒業後はMonash University Mala...

この記事を見る
多様な経験を積むなかで視野を広げ何事にも意欲的にチャレンジしてほしいインタビュー&メッセージ

日本大学第二高等学校を卒業後、日本大学文理学部国文学科へ進学。同大卒業後、日本大学三島高等学校の教諭として3年間勤務した...

この記事を見る
ページトップ