LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

論語教育を通じて「心を育て 学力を伸ばす」3年間は
生徒たちを大きく伸ばす

だから大好き♥私学Life
二松學舍大学附属高等学校

〒102-0074
東京都千代田区九段南2-1-32

TEL:03-3261-9288

学校情報 学校HP

 都心にありながら緑豊かな環境にキャンパスがある二松學舍大学附属高等学校。「心を育て 学力を伸ばす」を教育理念とし、70年を超える歴史を紡いできた学校です。週1回の「論語」の授業や二松學舍大学との連携教育など、特色のある教育、学校生活について、生徒会スタッフの4人が語ってくれました。

座談会メンバー(学年・役職は取材当時)

市川くん 市川くん(高2・生徒会書記/合気道部)
屋上から周囲を見渡すと、東京の中心にキャンパスがあるのがわかります。「僕が合気道を習っている日本武道館の『玉ねぎ』も見えます」と市川くん。
鈴木さん 鈴木さん(高3・生徒会長)
生徒会長の鈴木さんは、やはり生徒会室です。二松學舍祭のパンフレットと、生徒会Tシャツを見せてくれました。Tシャツの胸には「生徒会」のロゴが。
吉川さん 吉川さん(高2・生徒会副会長/バレーボール部)
教室にて、iPadを使う吉川さん。教室ではギター部が練習をしていました。
内海くん 内海くん(高3・生徒会会計)
内海くんは2018年度の二松學舍祭で盛り上がった地下体育館を紹介してくれました。バレーボール部の練習の合間に、生徒会役員3人も後ろで盛り上げてくれました。

私たちが二松學舍を選んだ理由

市川くん僕がこの学校を選んだ理由は、伝統と落ち着いた校風です。都心なのに緑が多くて気持ち良く勉強できます。春は桜並木の中を通学できるところが自慢です。
 僕は合気道部に所属していているのですが、部の練習が終わってから、日本武道館でも合気道を習っています。帰りがけに日本武道館に立ち寄ることができるのは、最高の環境です。

吉川さん私は野球が好きで、"甲子園に近い学校"として選びました。自分で甲子園に行けるわけではないけれど、応援に行けるのが幸せです。2017年も初戦を観戦できて、本当にこの学校で良かったと思います。

市川くん僕の場合、"野球部が強い"ことを知ったのは、入学してからですね。

吉川さん夜行バスの旅は大変だったけれど、楽しかったです。学校の前の大きな通りにバスが何台も停まっているのは壮観でした。

鈴木さん甲子園の応援の申し込みは、学校の情報共有サイト「クラッシー」を使ってできるようになりました。

市川くん「Classi(クラッシー)」は2018年度から全学年に導入されました。僕は部活動の連絡や学習の記録をつけたりするのに活用しています。英語研究部にも所属しているのですが、文化祭で英語劇をやったので、劇に必要なものを確認し合うのにも活用しました。

鈴木さん「Classi」に学習の記録をインプットすると、先生が見られるようになっているんです。

内海くん僕がこの学校を選んだ理由は、学校説明会に参加したときに、"先生と生徒の距離が近い"と感じたから。論語の先生は僕にとっての名物先生です!

吉川さん論語の授業では、学校のオリジナルテキストを使っています。先生方が厳選した論語は100種類くらいあるのかな……。

内海くん僕が好きな論語は「朋あり遠方より来る また楽しからずや」。文化祭のとき、普段来られない人がたくさん来校してくれてうれしいと思ったときに、この論語が浮かびました。お客さんが来てくれるからこそ、自分たちの力が発揮できるんだと思って。

市川くん僕が好きなのは「習わざるを伝うるか」です。自分が勉強していなければ、人に教えることはできないという意味です。

吉川さん私は「温故知新」が好きです。この論語を目にしたとき、みんなが知っている四字熟語の元は、論語にあったのかと思いました。一度学んだことでも、別の角度から見ると、新たな発見があるのだなって思います。

鈴木さん私は学校の70周年式典のとき、生徒会長として「朋あり遠方より来る」について話をしました。二松學舍に来なければ会えなかった友がいるのだと思って、出会いの大切さを感じています。論語を学ぶと、自分を正すこともできるし、人に対しても仁愛を持って接することができます。私は「論語」の授業があるからこの学校を選びました。

(※)ICTを使って教育現場をサポートするクラウドサービス。PCやタブレット、 スマートフォンにも対応し、高校、中学校、小学校、専門学校など多くの教育現場で活用 されている。

盛り上がった文化祭

生徒会スタッフが集まってくれたのは、9月の「二松學舍祭」を終えた直後でした。二松學舍公式キャラクター「ねこ松」をデザインした生徒会Tシャツを前に、苦労話に花が咲きます。

内海くん文化祭はとても充実していたので、いくら語っても語り尽くせない感じです(笑)。

鈴木さん生徒会Tシャツは内海くんの発案だよね。

内海くん生徒会のマークをネームプレートにして、「ねこ松」をプリントしてシンプルなデザインにしました。もちろん色はスクールカラーのグリーンです。

市川くん今年の文化祭は、なんでもみんなで話し合って決めましたね。

鈴木さん昨年は甲子園の応援があったので、準備を始めるのが遅れたことが反省点です。2018年度は早くから準備を開始して、実行委員を決めて、役割分担をしました。

市川くん2018年度は今までの倍の人数の1年生が入学してきたので、1年生全員が楽しめる文化祭を考えました。

鈴木さん市川くんが「1年生に合唱をやってもらおう!」とアイデアを出してくれたよね。

市川くん中州記念講堂を使わせてもらって、クラスごとに合唱を披露してもらいました。各クラス、曲や指揮者を自分たちで決めて、楽しんで歌ってくれました。

鈴木さん内海くんは中夜祭の担当をしてくれました。

内海くん中夜祭は地下体育館に舞台を作って、有志団体がパフォーマンスをしてくれました。

吉川さん私はバレーボール部の練習があったので、生徒会の準備にはなかなか参加できませんでした。でもウチのクラスは縁日をやって、400人くらい来てくれたんです。「射的」と「ストラックアウト」「スーパーボールすくい」を企画したのですが、スーパーボールのほかにもアヒルや海の生き物のおもちゃを入れて、雰囲気を出しました。景品のお菓子が途中でなくなってしまい、みんなで必死にかき集めたのが一番の思い出になりました。

鈴木さんどの団体も有志も、仲間の団結が最高潮になった二松學舍祭でした。

それぞれがめざす道

鈴木さんと内海くんは3年生。そろそろ進路を具体的に決める時期です。先輩たちがどんな志望を持っているのか、2年生たちが耳を澄ましていました。

内海くん僕は二松學舍大学の文学部を志望しています。文学部は二松學舍の王道だと思います。大学では歌舞伎や浄瑠璃などの古典芸能を学びたいと思っています。

鈴木さん私も内海くんと同じで二松學舍大学への進学希望です。学部も同じ文学部。2年後に東京オリンピックがあるので、海外に日本文化を伝えることができるように、日本の文化と歴史に向き合ってみたいと思います。

内海くん二松学舎大学に進学する人は、全体の2~3割くらいかな。人気の学部はやはり文学部。男子には国際政治経済学部が人気です。

吉川さん私は将来、心理学を学びたいと思っています。心理学部は文系と理系、両方をまんべんなく勉強するのでがんばっています。オープンキャンパスに行ったとき、心理学は統計学が必要な学問と聞いたのですが、私は数学が苦手。もっとがんばらなければ(笑)。

市川くん僕は言語学を学びたいと思っています。英語研究部には英語ができる人がたくさんいるので、もう一つ、別の言語も習得したいと思っています。

学校情報

共学
二松學舍大学附属高等学校

〒102-0074
東京都千代田区九段南2-1-32

TEL:03-3261-9288

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

都心にありながら緑豊かな環境にキャンパスがある二松學舍大学附属高等学校。「心を育て 学力を伸ばす」を教育理念とし、70年...

この記事を見る

9月に行われる二松學舍祭でパフォーマンスを披露するため、書道部員たちは1階にあるエントランスホールで練習に励んでいました...

この記事を見る
論語教育を通じて「心を育て 学力を伸ばす」3年間は生徒たちを大きく伸ばすだから大好き♥私学Life

都心にありながら緑豊かな環境にキャンパスがある二松學舍大学附属高等学校。「心を育て 学力を伸ばす」を教育理念とし、70年...

この記事を見る
部員同士が学年を越えて切磋琢磨しながら美しい文字を書き上げ、その喜びを分かち合う人気クラブ集合!

9月に行われる二松學舍祭でパフォーマンスを披露するため、書道部員たちは1階にあるエントランスホールで練習に励んでいました...

この記事を見る
ページトップ