LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

勉強に部活動に委員会に
全力でがんばっています!

だから大好き♥私学Life
左から三樹さん、丸山さん、梅田さん。3人ともスタンダードコースの1年生。
東京家政学院高等学校

〒102-8341
東京都千代田区三番町22

TEL:03-3262-2256

学校情報 学校HP

 併設大学と同じ敷地内にある環境と少人数制を活かした独自制のある教育が魅力の女子校です。高1から始まる進路指導や生徒の自主性を高める取り組み、部活動、委員会活動も活発な学校生活を高1生3人に語ってもらいました。

座談会メンバー

三樹さん 三樹さん
(高1・スタンダードコース/バスケットボール部/体育委員会)
「3年間あるので、目標が決まった時にその方向に進めるくらいの成績をとれるように勉強をがんばっていきたいです」
丸山さん 丸山さん
(高1・スタンダードコース/吹奏楽部/厚生委員会・放送委員会)
「社会に出たとき、きちんと自立した女性になれるように、3年間で先生に鍛えていただきたいと思います」
梅田さん 梅田さん
(高1・スタンダードコース/バドミントン部/厚生委員会)
「今めざしている大学の学部・学科に進学できるよう、入試などの科目の学びを深めていきたいと思います」

少人数の学校なので、先生との距離も近く
いろいろなことに挑戦できる3年間です!

Q 東京家政学院を選んだ理由・きっかけは?

三樹さん2020年度に大学入試制度が変わることもあって、併設大学があるうえ、指定校推薦が多いことに魅力を感じました。女子校って、「最初はうるさそうだな」と思っていましが、にぎやかで楽しいですよ。

丸山さん私は中学の頃から吹奏楽部に所属していて、高校でも吹奏楽部でがんばりたいというのと、女子校は男子がいない分、自分たちでやらなければならないことが多いので、できることが増えるかなって思ったのも理由です。

梅田さん私も指定校推薦がたくさんあることに安心感を抱いたのが大きな理由です。女子校は清楚で礼儀正しい感じがしていて、そうした点にも魅力を感じました。

Q 興味を持てる取り組みなどは?

梅田さん茶道の授業です。“和の授業”というのは、私立ならではの感じで楽しいです。

三樹さん取り組みというより、委員会活動とか行事がホントに生徒主導で行われているのだなと思いました。私は体育委員を務めています。秋の体育祭に向けて種目やTシャツのデザインなども自分たちで決めていくので楽しいです。

丸山さん私は厚生委員を務めていて、学校の環境づくりをしていくための活動をしています。先輩が中心になって動いてくださって、1年生でもわかりやすい指示の出し方をしてくれるので助かっています。

梅田さん少人数の学校の良さもあります。大人数だと先生と生徒の距離が遠くなりがちだと思うのですが、私は勉強があまり得意ではない分、先生にたくさん質問をして学んでいきたいので、そういう面でも少人数はいいと思います。

丸山さんクラスメートが20人程度なので生徒同士の関係が密で、特定の友達と仲良くならず、みんなと仲良くできるのがいいところだと思います。

三樹さん人数が少ないと、行事などで何かするときにも一人ひとりに役割があって、いろいろな部分に参加ができる点もいいところですね。

Q 高1年から実施されているキャリア教育に参加してみた感想は?

丸山さん大学についてまだ何も知らないので不安があったのですが、大学へ進むためにはどんな勉強をしなければいけないのかを自分の目で見て確認することができたので、とてもためになりました。

梅田さん最初は「高1から大学訪問するの?」って思いましたが、早い段階でいろいろな体験をして少しでも大学のことを知っておいたほうが、今やるべき勉強のことがわかっていいと思います。意識もちょっと変わりました。

三樹さん私も大学のことはまだあまり考えてなかったのですが、大学訪問で施設を見たり大学の方針を聞いたりするなかで、これからのことを考えていけたらいいかなと思っています。

Q 学校で自慢できることは?

丸山さん部活動です。吹奏楽部は中高合同で活動しているので、中学生とも交流が持てて、縦のつながりが広がるのはいいことだと思います。それと2018年度からタブレット端末を学習のサポート的に使っていて、一日にあった出来事を先生に送るシステムになっていて、先生がコメントを返してくれます。また、成績管理ができて、定期試験や外部の模試の結果にも先生がコメントを返してくれるのが気に入っています。

梅田さん制服が自慢です。入学式などの式典は正装でなければいけないのですが、普段はシャツやリボン、長袖のカーディガンや長袖セーター、靴下も選べるので、自由に組み合わせが楽しめます。制服は75周年をきっかけにリニューアルされ、先輩たちがVネックのデザイン、スカートのチェックの柄までこだわって考えた制服です。

三樹さんさっきも話しましたが、大学の推薦枠がたくさんあることです。1学年80名くらいいて、そのうち2割程度が併設大学に進んでいるようなのですが、文系・理系に関係なく推薦枠が500名分くらいあっていろいろな大学へ進学できる可能性があるのは魅力的だと思います。併設大学を抑えておきながら他大受験ができるので、私もがんばりたいです。

Q 東京家政学院はどんな学校ですか?

三樹さん毎日「ごきげんよう!」のあいさつから始まるのが、最初はちょっと衝撃的で慣れるのに時間がかかるのでは? と思うけれど、でも、そこが一番の魅力だと思います。相手の気持ちや状況をうかがう感じでも使えるあいさつです。

丸山さん進路についても高1の段階から先生がしっかり指導してくださるし、クラスの仲も良い。併設大学や推薦枠のことなども考えると、部活動にも全力で取り組める学校だから、充実した3年間を送れると思います。

梅田さん特別な理由がない限り、基本的に部活動に加入することになっています。部活動で人と触れ合う環境が増えることはとてもいいことだし、大学へ入ってからも役立つことだと思います。

(※)スタンダードコースは2019年度からリベラルアーツクラスに名称変更。
(※)2018年度の新入生からタブレット端末を全員に配布。アプリは『Classi』を使用。

学校情報

女子校
東京家政学院高等学校

〒102-8341
東京都千代田区三番町22

TEL:03-3262-2256

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

併設大学と同じ敷地内にある環境と少人数制を活かした独自制のある教育が魅力の女子校です。高1から始まる進路指導や生徒の自主...

この記事を見る

建学の精神である「KVA精神」(「確かな知識=Knowledge」と、それを「活用する技術=Art」、そして「他者を思い...

この記事を見る
勉強に部活動に委員会に全力でがんばっています!だから大好き♥私学Life

併設大学と同じ敷地内にある環境と少人数制を活かした独自制のある教育が魅力の女子校です。高1から始まる進路指導や生徒の自主...

この記事を見る
「次代を担う女性」を育てるための充実した教育環境キャンパス見聞録

建学の精神である「KVA精神」(「確かな知識=Knowledge」と、それを「活用する技術=Art」、そして「他者を思い...

この記事を見る
ページトップ