Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

「進学クラス」の理系コース、ICT教育の拠点
そして新制服の3つが誕生

It’s Newここが変わる!
出光くんと伊藤さん。出光くんはバドミントン部、伊藤さんは調理部に所属。
「この学校の良さは、先生がやさしく、気の合う友達が多いことです」(出光くん)。
「先生が熱心に私たちの話を聞いてくれて、事細かに教えてもらえるところが好きです」(伊藤さん)。
大東文化大学第一高等学校

〒175-8571
東京都板橋区高島平1-9-1

TEL:03-3935-1115

学校情報 学校HP

指定校推薦などで理工系学部へ

 新時代に向け、大東文化大学第一に新しい3つの要素が誕生します。一つは「進学クラス」の理系コース、もう一つはICT教育の拠点、そして新制服です。

 同校には進路目標に応じて「進学」「選抜」「選抜特進」の3クラスがあります。

「進学」は勉強と部活動を両立して充実した学校生活を送りながら、併設の大東文化大学をはじめとする大学に推薦入試で進学したいというニーズに応えるクラス。「選抜」はMARCHレベルの大学を、「選抜特進」は国公立や難関私立大学をめざす生徒のためのクラスです。

「『選抜クラス』と『選抜特進クラス』は、それぞれ2年次に文系コースと理系コースに分かれますが、『進学クラス』には文系コースしかありませんでした。本校は大東文化大学の付属校なので、入学する生徒も文系をめざす生徒が多い傾向にあります。これまで、大東文化大学への進学を視野に入れた生徒は『進学クラス』を、理系をめざす生徒は『選抜クラス』や『特進選抜クラス』を選んでいました。しかし、最近では『進学クラス』で理系に行きたいというニーズも高まってきています。
 本校には大学の指定校推薦枠が多く、その中には理工系学部も多数あります。『選抜クラス』や『特進選抜クラス』の生徒はMARCH以上の大学を第一志望にするため、こうした中堅大学の指定校はあまり志望しません。そこで『進学クラス』の中で、指定校推薦などで理工系学部に進むことを希望する生徒に対し、高校でしっかりとした理系の勉強をさせてから大学の理工系学部に送り出したいというのが教員全員の願いだったのです。そのため、2018年度の春に入学した生徒から『進学クラス』に理系のコース制も導入することになりました。実際に稼働するのは現在の1年生が2年生になる2019年春からです」(教頭/池田祐輔先生)

「進学クラス」に理系コースを導入するのには、もう一つ大きな理由があると池田先生は話します。2018年4月に大東文化大学のスポーツ・健康科学部に新しく看護学科が開設されたのです。

「看護志望の生徒は生物か化学で受験するため『選抜クラス』の理系コースで学んでいました。その一方で『進学クラス』の文系コースに在籍したまま、3年次に選択科目で生物を履修して看護系に進む生徒もいました。しかし、看護系の大学に進んでからのことを考えると、これでは十分とは言えません。そこで『進学クラス』に理系コースをつくり、生徒に十分な知識をつけて看護系に送り出そうと考えたのです。また、大東文化大学のスポーツ・健康科学部には、スポーツ科学科や健康科学科があります。こうした学科に推薦入試で進む生徒にも、理系の科目を高校時代に学んでもらい、大学で有意義に学問に励んでほしいという願いもあります。さらに、経済学部などに進む生徒に対して、大学での学びに必要となる数学をしっかり学んでもらうことも狙いの一つです」(池田先生)

ICTを活用した双方向の授業を展開

 また、同校ではICT教育が積極的に推進されようとしています。今後、全教室にプロジェクターが導入されるほか、ICTルームが設置されます。このICTルームでは、生徒一人ひとりがタブレット端末をもち持ち、授業が展開されます。先生が提示する情報が生徒に伝えられるのはもちろん、生徒の意見をスクリーンに表示したり、英語スピーキングの音声を先生に送ることもできる双方向型の授業が可能となります。

「生徒がグループワークで一つの解答を導き出したり、その解答をもとに議論を重ねたり……。これからICTを活用した双方向的な授業を展開していきたいと考えています。こうしたアクティブラーニングを推進するための教室で、ICT教育の拠点と言えます」(池田先生)

機能性も重視した
より清楚な制服へ

 そして2019年度入学生から新しい制服に変わります。入試広報室の平山沙友里先生にお話を聞きました。

「ブレザーの色がチャコールグレーになり、シャツのバリエーションも増えます。これまでシャツの色はホワイトだけでしたが、ブルーが加わります。また、夏をさわやかに過ごせるようにホワイトとブルーの2色のポロシャツが仲間入りします。靴下もグレーとネイビーになりました。この制服に合わせて、バッグにも新しいタイプが登場します」

 また、ネクタイやリボンが1色に統一される代わりに、校章の色が学年ごとに変わります。今回、新制服のモデルになってくれたのは1年生の出光くんと伊藤さん。2人は制服の感想を次のように話しました。

「これまではブレザーのボタンが3つだったのですが、新しい制服では2つになっています。きつくなくて動きやすくなったと思います。ズボンもはき心地が良いです」(出光くん)

「今の制服よりも明るい感じがします。シャツの上に着るベストも柔らかくて着心地が良いです。シャツは今まで格子柄だったのですが、新しい制服では無地になってスッキリした印象があります」(伊藤さん)

スクールカラーはグリーン。グリーンの糸がスラックスやスカートに織り込まれています。 スクールカラーはグリーン。グリーンの糸がスラックスやスカートに織り込まれています。
職員室の前で、英語の先生と一緒に。 職員室の前で、英語の先生と一緒に。
カナダとニュージーランドの姉妹校との間で、長期交換留学制度を設けています。

学校情報

共学
大東文化大学第一高等学校

〒175-8571
東京都板橋区高島平1-9-1

TEL:03-3935-1115

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

1989年、ニュージーランドのアボンデール・カレッジからの訪日団受け入れをきっかけに、さまざまな国際交流を続ける大東文化...

この記事を見る

2019年の全国高等学校ダンスドリル選手権で3位入賞を果たすなど、全国レベルの実力を誇るチアダンス部。人気クラブの一つで...

この記事を見る
伝統ある国際交流プログラムと日常的に海外の人と関わるグローバルな教育環境グローバル

1989年、ニュージーランドのアボンデール・カレッジからの訪日団受け入れをきっかけに、さまざまな国際交流を続ける大東文化...

この記事を見る
仲間とともにがんばり切磋琢磨することで充実した高校生活をつくりあげる部活動

2019年の全国高等学校ダンスドリル選手権で3位入賞を果たすなど、全国レベルの実力を誇るチアダンス部。人気クラブの一つで...

この記事を見る
ページトップ