Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

“いま”だけではない
“これから”を見すえた体制づくり

It’s New ここが変わる!
大成高等学校

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-7-5

TEL:0422-43-3196

学校情報 学校HP

生徒の可能性を広げることを目的に
2019年春から教科研究部を設立

 2020年大学入試改革を控え、学習指導要綱の改訂や高大連携強化など、高等学校教育は現在、変革期を迎えています。そうしたなか、兼ねてより独自の教育を推し進める同校の“これから”について、2019年春に教頭に就任された加藤信也先生にお話をうかがいました。

━━ 高等教育そのものが変化を求められている状況にあるかと思います。そんななか、貴校が実践しようとしている新たな取り組み・試みについてお聞かせください。

「これから求められる学力や、その学力を養う授業展開、そういったところをさらに先読みしながら準備するために、2019年度より新しく『教科研究部』を設置しました」

━━ どのような役割を担うのでしょうか?

「ハード面では、例えば電子黒板には黒板用とホワイトボード用の2種類あるのですが、実際の授業や教科などではどちらが使い勝手がいいのか、といったことを検討することにも取り組んでいきます。「ハードをいかに活用するか」、あるいは「本当に必要なものなのか」を精査・検討していくことは、授業に対する意識改革にもつながっていくものです。
 ソフト面においては、各教科の教員が集まって教科の枠を越えた取り組みにもチャレンジしていきます。SDGs(エス・ディー・ジーズ。「SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS=接続可能な開発目標」の略称)もその一つです。SDGsとは2015年の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193カ国が2030年までに達成するために掲げた『世界を変えるための17の目標』です。例えば、その目標の1つである、「貧困をなくそう」という項目について、各教科なりのアプローチで教員がそれぞれの教科の立場で授業に取り込み、やがてはカリキュラムそのものをつくっていくことも考えています。
 具体例を挙げますと、本校の強化クラブとして活動しているテニス部は、年間でかなりのボールを消費しています。そのなかで試合球としては使用でいきないけれども練習ではまだ十分に使えるボールを、三鷹市にある会社を通してフィリピンの子どもたちに使ってもらうといった取り組みを行いました。こうした動きは楽器や道具を使用する芸術分野にも応用できます。このように教科・授業でのアプローチとクラブ活動や課外活動を結びつけることができるのも特徴です」

「大器晩成」という大目標に向かって
学校全体で新たな試みにチャレンジ!

━━ 一つの教科の中でもさまざまな展開ができそうですね。

「はい。私は理科の教員ですが、例えば授業では、英語で本題に入っていくことがあります。そこから資源の話に移行していくのですが、そのなかで『東方見聞録』を絡ませるというように、一つの項目を軸に、教科の枠を越えたさまざまことが重なり合って、複雑に関係しているということを生徒に知ってもらうこともできます。そうすることで、理科に苦手意識がある生徒でも、自分たちの身近なものや出来事、あるいは社会や英語といった他教科の学びと結びつけられて教科の見方や接し方が変わるかもしれない。そこから興味・関心を広げ、視野を広げるきっかけになれば……と思うのです」

━━ 授業の中で生じる疑問などは、直接的にテストの点数に結びつかなくても大きな意味があるということでしょうか?

「そうです。我々がめざしているのは大学受験だけではありません。もちろん、大学受験は大事な通過点で、目標とする大学へ進学するためのバックアップは当然のことです。しかしそれよりも“その先”でどんな人間になって、社会でどう活躍するかという将来を見据えた教育が本校のめざすところです。校名である「大成」は「大器晩成」からとっています。この揺るぎない大目標に向かって、生徒の可能性を大きく広げていくための活動をしていきます」

━━ SDGsを取り入れた授業の実施形態は、どのように考えていらっしゃいますか?

「週に何時間、どの授業で……というように決めてしまうと、それに当てはめて物事を進めていかなければならなくなってしまうので、形式や形態にはこだわりません。授業の中でも、例えば最初の5分間だけとか、あるいは生徒の反応が良ければ長めにしたり、グループ学習形式で実施したりしてみるのでもいいと思うのです。その過程において生徒の中に何かが響いて、自分の意見をしっかりと言えるといったところにつながってくれればいいのです。そして、こうした人間力的な部分こそ、実は今後の大学受験にも求められてくるのではないかと考えています」

━━ 今後の展開にますます期待します。

学校情報

共学
大成高等学校

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-7-5

TEL:0422-43-3196

学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

今年9月21日(土)・22日(日)の2日間にわたって開催される「大成祭」。大成高等学校を代表する行事の一つであり、毎年多...

この記事を見る

2020年大学入試改革を控え、学習指導要綱の改訂や高大連携強化など、高等学校教育は現在、変革期を迎えています。そうしたな...

この記事を見る
「大成祭(文化祭)」の成功に向けてみんなの気持ちがひとつにして努力します!インタビュー&メッセージ

今年9月21日(土)・22日(日)の2日間にわたって開催される「大成祭」。大成高等学校を代表する行事の一つであり、毎年多...

この記事を見る
“いま”だけではない “これから”を見すえた体制づくりIt's New ここが変わる!

2020年大学入試改革を控え、学習指導要綱の改訂や高大連携強化など、高等学校教育は現在、変革期を迎えています。そうしたな...

この記事を見る
ページトップ