Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

駒大推薦も他大受験も可能な『進学コース』
緻密なサポートで現役合格をめざす『受験コース』
一人ひとりに最適な学びがきっとここにある!

目的・意欲に応える進学・受験サポート
いよいよ2019年4月から大学生活がスタート。お世話になった先生方に感謝する4人です。
駒澤大学高等学校

〒158-8577
東京都世田谷区上用賀1-17-12

TEL:03-3700-6131

学校情報 学校HP

大学受験も部活動も全力で挑んだ4人が語る
各コースを選んだ理由と大学受験、そして将来の夢

 毎年、6割を超える卒業生が駒澤大学へ進学する一方、国公立大学や難関私立大学など、他大学への進学者も増えている駒澤高等学校。伝統的に「文武両道」の高校生活を楽しむ生徒も多く、全国レベルで活躍する部活動に取り組みながら、難関大学の受験に挑む生徒も少なくありません。

 そこで今回は、大学受験にも部活動にも全力で取り組んでいる元気な高3生4人に集まってもらい、それぞれが所属するコースの特徴と学校生活、さらには大学進学からその先の夢について聞いてみました
(※取材は2018年11月下旬当時のものです)

進学コース

 付属校の特性を活かした駒澤大学への推薦入学だけでなく、他大学受験もしっかりサポートしてもらえるので、「幅広い進路選択」が可能になるコース。駒澤大学各学部の学習につなげる文系科目に重点を置いたカリキュラムを展開しています。

受験コース

 国公立大学をはじめ、最難関・難関私立大学の合格をめざす生徒が選択するコース。「文系」「理系」の2類型に分けたカリキュラム編成と、受験指導に長けた教員によるきめ細かなサポートで現役合格を力強くバックアップしています。

サッカーも勉強も常に全力で挑戦しています

進学コース(駒大)→駒澤大学経営学部市場戦略学科合格
稲井くん(高3・サッカー部) 稲井くん(高3・サッカー部)
進学コース(駒大)
駒澤大学経営学部市場戦略学科合格

 3年間の総合成績の平均点、そして、高2の3月と高3の10月に行われた駒澤大学推薦校内学力試験の結果により、駒澤大学への進学が決まりました。進学コースを選んだのは、サッカー部との両立を一番に考えたからです。サッカー部は今、年末から年始にかけて行われる『第97回全国高校サッカー選手権大会』に向けて練習を続けています。全国優勝して引退できたら最高にうれしいですね。

 サッカー部の活動は忙しく、定期テスト1週間前でも練習があるので、どうやって"スキマ時間"を見つけて勉強するかを常に考えていました。僕の場合、サッカーでプロになるという夢より、むしろサッカーを辞めた後にどんな職業に就くかを重視しているので、勉強面でも負けたくありません。結果として駒大推薦者のトップ10に入ることができ、大好きなサッカーもやり続けることができました。

 将来の夢は、まだ具体的に決まっていませんが、駒澤大学のガイダンスに参加した際、初めて経営学部に市場戦略学科があることを知りました。僕はマーケティング分野に興味があるので、将来はそれを活かせる仕事か、サッカー関連の仕事か、要は自分の好きなことができたらと思っています。

将来は吹奏楽部の顧問になりたいです

髙橋くん(高3・吹奏楽部)
受験コース(文系)
早稲田大学教育学部受験

 第一志望の大学は早稲田大学です。一般入試で受験します。受験コースを選択したのは、日頃から大学受験を意識した環境の中で勉強したかったからです。高3になってからはずっと過去問題と向き合っています。先生方のアドバイスも的確で、いろいろと相談に乗っていただいています。

 僕はずっと吹奏楽部で活動(打楽器担当)しています。『練磨は栄光への王道也』という部訓の下、約100名の部員で日々練習に取り組んでいます。目標は"全国大会金賞受賞"です。常に高い目標に向かって仲間と切磋琢磨する環境は楽しいですね。ただし、高校生活は部活動ばかりではないので、9月頃から部活動を一時的に休止して、受験勉強に集中して取り組むようにしました。受験までにどれだけ学力を上げることができるか、それを自分の課題にして挑戦しています。家に帰るとどうしても気が緩んでしまいがちなので、なるべく学校に残って勉強するように心がけていて、休日も学校に来て勉強しています。

 将来は、中学か高校の教師をめざしています。その一番の理由は、吹奏楽部の顧問になりたいからです。これからも大好きな吹奏楽をやり続けたいです。

日本とドイツの懸け橋になりたい!

竹原さん(高3・硬式テニス部)
進学コース(他大学)
法政大学国際文化学部合格

 法政大学国際文化学部への進学が決まっています。進学コースを選んだ理由の一つは、最後まで硬式テニス部の活動を続けたかったからです。もう一つの理由は、駒澤大学への進学も視野に入れながら、他大学も受験できるという進学コースならではのメリットに着目したからです。幅広い進路選択が可能になるという点が進学コースの良さだと思います。

 私が選択した法政大学の受験形態は「SA自己推薦」です。主に、志望理由書と調査書による書類選考と、小論文・面接試験で選抜されます。書類はすべて10月の終わりが提出期限でしたので、その対策を夏休みに入ったところから始め、夏休み期間中も何度も学校に来て、先生方に添削をお願いしました。一次試験の結果が出るまでの間、駒澤大学の推薦試験にも臨みましたが、一次試験が合格してからは、先生方に面接の練習に付き合っていただきました。一次試験から面接までずっと面倒を見ていただいた先生方に感謝しています。

 国際文化学部でドイツの言語や文化を学びながら、いずれはドイツに留学してみたいと思っています。小2からピアノを習っていて、音楽のイメージがあるドイツにずっと憧れているからです。大学に入ったら、ドイツの文化を全身で吸収するように学んでいきたいです。将来は、日本とドイツの懸け橋になるような、そんな人材になることをめざしています。

"患者目線"の理学療法士をめざしています

加藤くん(高3・バスケットボール部)
受験コース(理系)
神奈川県立保健福祉大学健康福祉学部受験

 勉強とバスケットボールの両立に挑戦するため受験コースを選びました。初めから理系志望ということではなく、リハビリテーション学科のある大学や受験科目を調べているうちに理系になりました。志望大学は神奈川県立保健福祉大学です。今は特別選抜(推薦)が終わったばかりで、その結果待ちです。志望理由書の添削や面接練習で多くの先生方にお世話になりました。進路先が医療系なので、個人的には医療に関する新聞記事の熟読にも努めました。ちなみに、本格的に受験勉強を始めたのは、部活動を引退した高3の9月からです。

 僕は理学療法士になることをめざしています。実は中3のときに左腕をケガしてしまい、まったく動かなくなりました。高校受験を目前に控えていた時期でもあり、自分の将来が不安でたまりませんでした。そんなとき、出会った理学療法士の先生がいて、僕のリハビリを担当しながら、全力で励ましてくれました。そのおかげで、まったく動かなかった左腕も少しずつ動くようになり、自宅でできるリハビリの方法などもていねいに教えてくださったたこともあって、今では何も問題なくバスケットボールができる体になりました。

 こうした経験が、"患者目線"の理学療法士になると決めた原点です。朝も夜も細かく面倒を見てくださった学校の先生方、そして、僕に進む道を教えてくれた理学療法士の先生に感謝しています。

学校情報

共学
駒澤大学高等学校

〒158-8577
東京都世田谷区上用賀1-17-12

TEL:03-3700-6131

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

同校の建学の精神は「行学一如」。これは、日々の「行い」と「学び」を同じように大切にするという考え方です。この精神のもと、...

この記事を見る

コロナ禍の影響を大きく受けた2020年。高校という新たなステージに期待を膨らませた新1年生に、“特別なスタート”となった...

この記事を見る
甲子園出場を目標に豊かな人間性を育む部活動

同校の建学の精神は「行学一如」。これは、日々の「行い」と「学び」を同じように大切にするという考え方です。この精神のもと、...

この記事を見る
イレギュラーの連続だった「これまでの半年」と夢を描き、可能性を広げていくための「これから」インタビュー&メッセージ

コロナ禍の影響を大きく受けた2020年。高校という新たなステージに期待を膨らませた新1年生に、“特別なスタート”となった...

この記事を見る
ページトップ