Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

他者と協働し
共生する価値観を持った人材を育てるプログラム

独自の教育プログラム
カンボジアワークキャンプ
啓明学園高等学校

〒196-0002
東京都昭島市拝島町5-11-15

TEL:042-541-1003

学校情報 学校HP

世界の問題を深く掘り下げる
必修科目「グローバルスタディーズ」

 創立当初から海外諸国との交流を行ってきた同校のグローバル教育の理念は、「Peacemaker(平和を築く人)」を育てること。国際社会で活躍する人材育成を行うスーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイト校として文部科学省より指定を受け、グローバルスキルを身につける多彩な教育プログラムを展開しています。

 その取り組みの一つが高1から高3まで必修の「グローバルスタディーズ」です。

 高1では、「Peacemaker」を育てるための基礎に取り組みます。平和を築くために必要なことは何か、あるいは平和を阻害するものは何かを、世界で起きている問題から学ぶというものです。前年度は「紛争」「開発」「経済」「環境」「原子力」をテーマとして、基礎的な知識を習得するために日本の文献のみならず、英語の文献にも目を通し、スタディースキルも身につけました。英語、社会科、国語科、理科の先生がチームとなる、教科横断型の授業です。

 高2では、各自が興味を持ったテーマを1年間かけて掘り下げていきます。例えば「世界の紛争」であれば、どの地域で起きているのか、紛争が起こる問題・原因は何かを絞り込み、解決策を考え、検証して研究レポートを作成します。

 高3では、研究の集大成としてプレゼンテーションに取り組みます。内容によっては、問題解決のために自分のできる範囲で行動に移す研究グループもあります。

「グローバルスタディーズでは、世界の問題をより深く掘り下げ、自分たちなりの解決策を考えます。そこで他校の生徒とタッグを組んだり、関連企業にアポイントを取って勉強会に参加したりと、生徒たちは積極的にアクションを起こします。
 学校側としても、生徒の行動に対する後押しは惜しみません。数年前に実現した模擬国連やビジネスアイデアコンテストなどの参加は、グローバルスタディーズを発展させた形だと思います」(国際教育部主任/関根真理先生)

多様な生徒がいる環境だからこそグローバルな人材が育つ

 同校には、海外からの帰国生、国内のインターナショナルスクール出身者、外国籍の生徒、留学生など、さまざまな国で生活した生徒やさまざまな国籍を有する生徒が学んでいます。彼らが持つ言語も多彩のため、その言語をサポートし、成長を支えるための「マルチリンガルサポートシステム」があります。

 生徒たちは「国際生」と呼ばれ、一般生と同じホームルームクラスに在籍しています。共に学校生活を送ります。それはまさに一つの学校の中に国際社会が凝縮された環境と言えるでしょう。

 肌の色や母国語が異なる友達と学ぶ中で、生徒たちは自ずと多様性と国際感覚を養いますが、「本当のPeacemakerとなるには仕掛けが必要」と関根先生は話します。この仕掛けの一つとなる授業が、高3の選択授業として設置された「国際理解」です。

 国際理解は、世界共通の問題について学び、解決に向けて自分たちに何ができるのかを考え、現実的に可能なことから行動に移す、ワークショップを中心にした授業です。授業の中では、プロジェクトを自分たちで立ち上げ、行動することも実施しています。

 その一つとして立ち上がったものに「Stitches for Riches(カンボジア裁縫プロジェクト)」があります。

「カンボジアの農村では、子どもを労働に従事させることによる未就学児童の問題があります。これを支援するNPO法人ASAP(アジアの子どもたちの就学を支援する会)は、最貧困家庭の母親への協力方法として、日本で集めた布をその母親に預け、手縫いしてもらった布製品を日本で販売するサイクルを行っています。本校の生徒代表がカンボジアに布を届けて、完成した布製品は本校の文化祭で販売しています」(関根先生)

 2014年度から毎年夏に生徒がカンボジアを訪れるなど、この取り組みは引き継がれています。ほかにもアメリカ、オーストラリア、アイルランド、ドイツの学校と姉妹校提携を結び、さまざまな国際交流プログラムを展開しています。

 関根先生は「本校のグローバル教育は、利益さえ生み出せばいいという『勝ち組』を作ることではない」と話します。

「育てたいのは、いろいろな分野で他者と協働し、Win-Win(ウィンウィン)の関係で共生できるアイデアを持った人材なのです」

ラウンドスクエア国際会議 カナダのトロントにあるAppleby Collegeで開催されるラウンドスクエア国際会議に啓明学園から3名の高校生が参加
グローバル講演会 高1から高3まで必修のグローバルスタディーズ
カンボジアワークキャンプ2 高3の選択授業「国際理解」で立ち上げたカンボジア ワークキャンプでの1コマ
ドイツ体験学習 姉妹提携を結んでいるドイツの学校での体験学習

学校情報

共学
啓明学園高等学校

〒196-0002
東京都昭島市拝島町5-11-15

TEL:042-541-1003

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

1940年に創立した啓明学園は、将来、国際的に活躍できる人材育成をめざして誕生しました。現在、昭島市にあるキャンパスは、...

この記事を見る

創立当初から海外諸国との交流を行ってきた同校のグローバル教育の理念は、「Peacemaker(平和を築く人)」を育てるこ...

この記事を見る
40以上の国や地域の文化的背景を持つ友達がいる学校生活グローバル

1940年に創立した啓明学園は、将来、国際的に活躍できる人材育成をめざして誕生しました。現在、昭島市にあるキャンパスは、...

この記事を見る
他者と協働し共生する価値観を持った人材を育てるプログラム独自の教育プログラム

創立当初から海外諸国との交流を行ってきた同校のグローバル教育の理念は、「Peacemaker(平和を築く人)」を育てるこ...

この記事を見る
ページトップ