LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

部活動も勉強も、やりきった3年間!

卒業生メッセージ
2018年春に卒業したばかりの深澤さんが母校に戻ってきました(取材時は6月)。在校時代に所属していたのはバスケットボール部。卒業しても、バスケ部の後輩たちの練習を見るために、体育館を訪れているそうです。
錦城学園高等学校

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-1

TEL:03-3291-3211

学校情報 学校HP

バスケットボール部の仲間と
一緒に挑んだ大学受験

「バスケ部は個性的なメンバーがそろっていて、決して優等生の集まりではありませんでした。でも、受験勉強ではどのクラブよりも熱心に勉強していたと思います。試合が終わるとすぐに『さあ、単語帳を開いて勉強するぞ!』というような仲間たちでした。

 僕らが3年生の時はけっこう強かったんですよ。経験者が多かったこともありますが、みんなバスケが大好きで、練習ばかりしていました。

 錦城学園は運動部が盛んです。陸上競技部は全国大会や関東大会に出場を果たしましたし、バドミントン部も関東大会に出場しました。今年は硬式野球部も強いと聞いています」

 同校には「スポーツ奨学生制度」があり、対象となるクラブの一定の条件を満たせば、高校3年間の授業料が免除となります。深澤さんが所属していたバスケットボール部は奨学生制度の対象外でしたが、経験者も初心者もひとつになって、文武両道で学校生活を送ったようです。深澤さんはその時間を「青春を満喫できた時間」と表現してくれました。

自慢できるポイントは
「皇居の真裏にある高校」!

 2018年春、明治大学に入学した深澤さん。新しくできた友達に「錦城学園って、どんな高校だった?」と聞かれて、真っ先に答えたことがあります。

「それは『皇居の真裏にある学校』ということです。そう言うと、みんな驚きますね(笑)。

 僕がこの学校を選んだ理由は、神保町の古本屋街が近かったから。実際のところ、部活動の終わる時間に古本屋は閉まっているのですが、この街のいい雰囲気は大好きです」

 JR「御茶ノ水」駅、「神田」駅、都営地下鉄の「神保町」駅、「竹橋」駅、「淡路町」駅と、いくつもの駅を使って通学できる点も魅力だったそうです。また、周囲には歴史的建造物や博物館を数多く有する神保町界隈ということもあり、学校生活の中で、生きた経済、歴史、文化を体感できる環境にありました。

 深澤さんが選択した「情報コミュニケーション学部」は、文系と理系の垣根を越えた学部だと言います。

「社会学や経済学、哲学など、幅広い分野の研究ができる学部なので選びました。なかには音楽論やジェンダー論といった講義もあるんです。
 まだ入学したばかりですが、最近面白いと思っているのは、行動経済学です。市場経済は経済人が動かしているのではなく、人間の感情などが影響するというところに面白さを感じました。マーケティングなど、まず理論を学んだ上で、自分たちで解決策を議論し合う、グループディスカッションの多い学問です。
 大学で学ぶ学問の先にどんな将来が待っているか、まだ具体的にはわかりませんが、人間が生きやすい社会の実現に貢献していきたいと思います」

 

放課後、すぐに帰宅するのが
もったいないと思える高校でした

深澤さん(2018年卒業) 深澤さん(2018年卒業)
明治大学 情報コミュニケーション学部1年

 高3の夏にバスケットボール部を引退し、夏休みから本格的に受験勉強を開始した深澤さん。お世話になった先生の一人に、国語科の先生がいました。

「3年の秋くらいから、ほぼマンツーマンの状態で教えていただきました。
 僕は読書が好きですが、大学受験で出題される国語とはまた違うので、対策が必要だったんです。国語の先生は、いろいろな視点で物事を見て、いろいろなアプローチで問題に向かうことを教えてくれました」

 試験の後には社会科の先生2人が、答え合わせをしてくれたそうです。

「問題用紙を持ってすぐにうかがったところ、答え合わせをしてくださったのです。正解がうれしかったのは当然ですが、『この問題はできなくても仕方がない』と励ましてくださったことも力になりました」

 各教科の先生方に支えられて挑んだ大学受験。休みの日には、1日12〜16時間も机に向かいました。

「卒業後、後輩たちに大学受験の体験談を語る機会もありましたが、僕に言えるのは、『自分なりの方法を見つけるべき』ということです。
 インターネットなどで、勉強の必勝法を見ることもできますが、その方法が自分に合っていなかったら、時間と労力の無駄になってしまいます。実際に僕も、人のやり方を参考にしようとして、夏休みに壁にぶつかりました。でも、やるしかないと腹を決め、目標を決め、計画を立てて臨むしかない、というのが実感です。
 部活動でも、試合の時は、自分が練習してきたことしかできないもの。それは勉強でも同じです。
 大学は高校よりも広い世界なので、本当に頭がいいと思う人もたくさんいます。でも、自分はその人たちに負けないくらい高校でがんばったと、胸を張って言えます」

 部活動も勉強も、やりきった3年間。充実した学校生活を送ることができたのはなぜ?と尋ねると、こんな答えが返ってきました。

「放課後、みんななかなか帰宅しないんです。勉強という名目で残っては、黒板に落書きをしたりしていました(笑)。とにかく、居心地が良かったですね。もしも学校が楽しくなかったら、誰だってすぐに帰ると思います。ですから、錦城学園は間違いなくにぎやかで楽しい学校だと思います」

学校情報

共学
錦城学園高等学校

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-1

TEL:03-3291-3211

イベント申込
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

「バスケ部は個性的なメンバーがそろっていて、決して優等生の集まりではありませんでした。でも、受験勉強ではどのクラブよりも...

この記事を見る

1881年、前身となる「三田英学校」という名称とともに、英語を中心とした教育を開始した同校。建学の精神のひとつに「国際社...

この記事を見る
部活動も勉強も、やりきった3年間!卒業生メッセージ

「バスケ部は個性的なメンバーがそろっていて、決して優等生の集まりではありませんでした。でも、受験勉強ではどのクラブよりも...

この記事を見る
仲間と同じ体験を共有し楽しい思い出づくりを修学旅行・研修旅行アルバム

1881年、前身となる「三田英学校」という名称とともに、英語を中心とした教育を開始した同校。建学の精神のひとつに「国際社...

この記事を見る
ページトップ