LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
獨協埼玉高等学校

〒343-0037
埼玉県越谷市恩間新田寺前316

TEL:048-977-5441

学校情報 学校HP

夏期講座の一つとして「EAP」を開講
英語の4技能を鍛えて
「大学入学共通テスト」にも対応

授業まるごとWatching!
豊かな表情とジェスチャー。そしてユーモアに富んだ授業に生徒たちは夢中です。
豊かな表情とジェスチャー。そしてユーモアに富んだ授業に生徒たちは夢中です。
生徒同士の会話も英語が基本です。
生徒同士の会話も英語が基本です。
教壇に立ったままの一方的な授業ではなく、グループからグループへと歩き回り、コミュニケーションに次ぐコミュニケーション。まさにライブ感覚のイングリッシュ・レッスンです。
教壇に立ったままの一方的な授業ではなく、グループからグループへと歩き回り、コミュニケーションに次ぐコミュニケーション。まさにライブ感覚のイングリッシュ・レッスンです。
イギリス人のドン先生が教える英語はケンブリッジ・イングリッシュ。
イギリス人のドン先生が教える英語はケンブリッジ・イングリッシュ。
本校のEAPは、将来グローバルに活躍したい生徒を支援するための授業です。国際的な環境問題や社会問題を取り上げて一緒に考え、生きた英語を教えたいと思っています。世界で起きている問題に興味を持ち、調べ、考え、自分の意見を述べることはボキャブラリーを増やし、文法力も強化します。
本校のEAPは、将来グローバルに活躍したい生徒を支援するための授業です。国際的な環境問題や社会問題を取り上げて一緒に考え、生きた英語を教えたいと思っています。世界で起きている問題に興味を持ち、調べ、考え、自分の意見を述べることはボキャブラリーを増やし、文法力も強化します。
「話して、話して、もっと話して」。ドン先生が促すと、楽しそうに自分の考えを発表する生徒たち。こうして英語で話すハードルを取り除いているのです。
「話して、話して、もっと話して」。ドン先生が促すと、楽しそうに自分の考えを発表する生徒たち。こうして英語で話すハードルを取り除いているのです。
「クリスマスは『Xmas』ではないよ、これは和製英語。正しくは『Christmas』。Christの誕生を祝う日ですからね」。案外勘違いしやすい、こんなことからドン先生は教えていきます。
「クリスマスは『Xmas』ではないよ、これは和製英語。正しくは『Christmas』。Christの誕生を祝う日ですからね」。案外勘違いしやすい、こんなことからドン先生は教えていきます。
「HollyやBoxing Day。日本でもクリスマスは一般的です。しかし欧米では当たり前のことなのに日本では知られていないこと、多いですね」。ドン先生の解説に生徒たちは興味津々の様子。
「HollyやBoxing Day。日本でもクリスマスは一般的です。しかし欧米では当たり前のことなのに日本では知られていないこと、多いですね」。ドン先生の解説に生徒たちは興味津々の様子。

英語で環境問題を学ぶため参加条件は英検2級以上

 この夏、同校では夏期講座の一つとして「EAP」を開講しました。EAPとはEnglish for Academic Purposesの略です。これは通常の英語を学ぶ授業とは異なり、英語で何かを学ぶ授業のことを言います。今回は環境問題を取り上げて、ネイティブ教員と生徒が英語でディスカッションを行い、生徒が自分で選んだテーマをインターネットや文献でリサーチ、最終的には英語でプレゼンテーションを行います。

 ここで注目したいのはこの授業で、生徒は英語の4技能(話す・聞く・読む・書く)を総動員して授業に臨んでいる点です。高度な内容となるため参加条件は英検2級以上の取得者(高1・高2)に限定しています。しかし「英語が好き」「もっと上達したい」「西欧の文化を知りたい」というようにグローバルな環境問題に興味があれば、この授業に魅力を感じるのではないでしょうか。

最終日のプレゼンテーションはTED TALKSをめざす

 この授業を主導しているのは、同校で20年以上英語教育に携わっているイギリス人のStephan Donne(ステファン・ドン)先生です。

「EAPを始めるにあたり、私は生徒のレベルチェックから始めました。英検2級以上が参加条件とはいえ、めざすところが大変高いからです。皆さんはTED TALKS(※)をご存知でしょうか。この授業の最終日に行うプレゼンテーションでは、このレベルまで引き上げたいと思っています」

 授業を参観したのはEAPの初日でした。夏だというのに、なぜか黒板にはクリスマスの単語が並んでいます。ドン先生は、ほかにどんな単語が思いつくかを生徒に促していました。そして、次はこれらの単語を用いてクロスワードパズルを始めたのです。一見ゲームのようですが、こしてドン先生は生徒の語彙力、文法力をチェックしていました。

「クリスマス(キリストの誕生日)は欧米人にとって重要な日です。欧米人が大切な人にプレゼントを贈るのは、奉仕の精神(GIVE)からすることです。この精神がボランティアやチャリティにつながっています。そして環境問題への取り組みもGIVEが根底にあるのです。私は環境について生徒と一緒に英語で考え→リサーチ→ライティング→プレゼンテーションへと導いていきますが、欧米人の行動や思考の根幹についても教えていきたいと思っています。英語圏の人々と日本人の違いですね。違いを知っているからこそ相手を尊重できると思います。かなり欲張りな試みですが、本校の生徒たちならそれを理解し、英語力を伸ばしていけると信じています」

 今回の夏期講座では1コマ80分で5回行われました。英語の4技能をフル活用して行われる同校のEAPは、2020年度から実施される「大学入学共通テスト」にも十分対応するものです。

※TEDはTechnology Entertainment Designの略。
国際的にさまざまな分野で活躍する人たちが、優れたアイデアをプレゼンテーションしています。その内容はTED TALKSという動画でネットを通して全世界に無料公開されています。

学校情報

共学
獨協埼玉高等学校

〒343-0037
埼玉県越谷市恩間新田寺前316

TEL:048-977-5441

ネット出願
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

この夏、同校では夏期講座の一つとして「EAP」を開講しました。EAPとはEnglish for Academic Pur...

この記事を見る
この記事を見る
夏期講座の一つとして「EAP」を開講 英語の4技能を鍛えて「大学入学共通テスト」にも対応授業まるごとWatching!

この夏、同校では夏期講座の一つとして「EAP」を開講しました。EAPとはEnglish for Academic Pur...

この記事を見る
勉強も、部活動も、行事も全力投球 さまざまな場面で努力する仲間の頑張りを認め合った3年間卒業生メッセージ
この記事を見る
ページトップ