LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
美術デザインコース、高3で「アート」を選択したクラス。
将来の職業は、画家のみならず、広告制作、映像・テレビ・舞台セット美術、インテリアコーディネーターなど、多彩な世界が広がっています。
トキワ松学園高等学校

〒152-0003
東京都目黒区碑文谷4-17-16

TEL:03-3713-8161

学校情報 学校HP

なりたい自分をイメージして学問分野を越えた活躍を

授業まるごとwatching!

美術系大学志望者の力となる美術デザインコース

「思考力教育」「国際力教育」「美の教育」の3つを教育の柱とする同校には、美術デザインコースが設置されています。美術史の授業や美術館見学をはじめ、作品制作や美術大学の教授による特別授業を受けながら実技を磨き、美術系大学をめざすコースです。学習に向けた自習室のほかに、自由にデッサンの練習ができるように、美術の自習室(アトリエ)があり、定期的に横浜美術大学の先生による指導も受けられるなど、美術系志望者には恵まれた環境が整っています。

 美術デザインコースは、高1で美術の基礎を学び、高2で「デザイン」と「アート」に分かれ、より専門的に美術を学びます。取材当日、美術室を訪れると高3の「アート」を選択した生徒たちがデッサンに取り組んでいました。課題は、木製の立方体と針金でできたハンガーをモチーフとした構成デッサンです。

「前回の授業では静物デッサンをし、質感の違いを意識して描き分ける課題に取り組みました。今日の授業は美術系私立大学に向けた受験対策です。私立大学では、立方体や球体などの『幾何形体』を元にしたモチーフと、手や顔のように表情のあるものを組み合わる実技試験が多い傾向にあります。
 デッサンは問題意識を持ち、枚数を重ねることで上達するので、高3は高1のときよりもデッサンに時間がかかります。それは高3が高1の頃よりも“見る力”が備わってきたことを意味します」(美術科/沢上先生)

デッサン力を磨けば“モノを見る力”が養われる

 高3の美術の必修授業は週4時間。プラス自由選択の美術が週2時間設定されています。自由選択での授業内容もデッサンです。その意義について、沢上先生は話します。

「デッサンとは、モノを客観的に見る力をつける練習です。よく『絵のセンスがないからできない』と言われるのですが、積み重ねることで、必ず上手になります。例えば、今日の立方体の一つの面だけを見ても、明るいところと暗いところがあります。それをどう表現するかは、美術の基礎の方法論です。高1ではデッサンが苦手と話す生徒は多いのですが、それは基礎的な知識がないだけです。さらに枚数をこなして上達すれば好きになれる、鍛えられるのがデッサンなのです。デッサン力が上がるということは、モノを見る力がついてくるということですね」

 美術デザインコースでは「アート」「デザイン」ともに、「自分を表現」する課題にも取り組みます。「自分」とは、自画像ばかりとは限りません。子どもの頃の写真をモチーフにしたり、毛糸やビーズ、綿などの素材を使って「自分」を表現したりする生徒もいるそうです。

 ほかにも風景画を描いたり、静物着彩、動物の剥製をモチーフとした「細密描写」の授業があります。風景画を描く際には外に出ますが、風にあおられたり、絵の具がすぐに乾いてしまったりと、さまざまな困難に直面します。そこを乗り越えて作品を仕上げることも、学びの要素となるのです。

将来、必ず役に立つ「自分」を表現する力

 一方の「デザイン」の授業では、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、テキスタイルデザインなども学びます。卒業制作では「ショッププロデュース」として、自分がイメージするお店の内装から什器、ショップカードまで自由に創り上げる作品に取り組みます。

 特色のある「美の教育」ですが、美術デザインコースの学びは、美術大学への進学にとどまらず、さまざまな社会活動に必要なものです。

「例えば、ひとつの作品を完成させるとき、締め切りから逆算して計画を立てていきます。そこで大事なものは、自分は何を表現したいかというイメージです。美術デザインコースの入試にはデッサンの実技試験もありますが、重要なのは上手、下手ではなく、『どこにこだわりを持っているか』なのです。
 どんな勉強をするにしても、何を学びたいか、将来どういう自分になりたいかというイメージをしっかりと持っていたら、高校、大学で選択した学問分野を越えて広く活躍できると思います」

学校情報

女子校
トキワ松学園高等学校

〒152-0003
東京都目黒区碑文谷4-17-16

TEL:03-3713-8161

イベント申込
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

美術デザインコース、高3で「アート」を選択したクラス。将来の職業は、画家のみならず、広告制作、映像・テレビ・舞台セット美...

この記事を見る
この記事を見る
なりたい自分をイメージして学問分野を越えた活躍を授業まるごとwatching!

美術デザインコース、高3で「アート」を選択したクラス。将来の職業は、画家のみならず、広告制作、映像・テレビ・舞台セット美...

この記事を見る
独自の「美の教育」を実践! 想像力と創造力を高めて”新しいもの”を生み出す力を培う独自の教育プログラム
この記事を見る
ページトップ