LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

自ら主体的に学び続ける姿勢を力強く応援する
『土曜講座』がスタート!

独自の教育プログラム
女性人材の活躍が目覚ましい資生堂の話にも注目が集まりました。
東洋女子高等学校

〒112-0011
東京都文京区千石3-29-8

TEL:03-3941-2680

学校情報 学校HP

自ら進化し続け、価値ある進学と価値ある自己実現を!

 異なる教科を結びつけ、多面的に学び、考える力を養成する「教科横断型学習」。学習、発表、議論を通じて、論理的に考える力を高める「アクティブラーニング」。道具として使う英語を身につけ、コミュニケーション力を磨く「英語教育」。同校では今年度より、この3つの特色ある学びで「自進力」を育んでいます。“自進力”とは耳慣れない言葉ですが、自ら進化し続け、価値ある進学、価値ある自己実現につなげる「エンジン」と聞けばイメージできるのではないでしょうか。同校では今、過去に例のない“ユニークな授業”が始まっています。

「本校が“ただの女子校”でなく、これからの時代に向かう一人ひとりを本気で変えていく女子校であるために、教員たちが集まり、知恵を絞って新たに立ち上げたユニークな授業が『土曜講座』です。普段の授業では扱わないような内容をテーマに、放課後に開講しています。今年度はまだ手探りの段階にありますが、2年後には大学と同じゼミ形式の講座に発展させ、理想としては各教員が独自のゼミを正課内に開講できるよう進めています」

 第1回目の開催となる今年度の土曜講座には、すでに6つの講座がラインアップ。障がい・LGBT・ジェンダーに焦点を当てた『Thinking about Minorities』。プログラミング言語を学び、アプリを使ってゲーム感覚でプログラミングに挑戦する『プログラミングを体験』。実際に、被告人・裁判官・陪審員・弁護人などになり、模擬裁判を行う『模擬裁判を体験』。英語の基礎からしっかりと復習しつつ、英語を楽しく学ぶ『Basic English Salon』。自分たちの手でプロモーションビデオを制作する『PVを作ろう』。そして、この秋からは保育園の園児たちと一緒に理科実験を楽しむ『東洋女子理科実験教室』が準備段階を終え、本格的にスタートします。

「初めての試みということもあり、今年度は希望制による参加としました。ところが、どの講座も想像以上に大人気で、本校生徒の新たな一面を発見してうれしくなりました。私が担当する講座は『Thinking about Minorities』です。“社会的な少数者”を意味するマイノリティーの人々との共生を考えていくことは、これからのグローバル社会の中で多様な人々との多文化共生社会の建設に、どう取り組んでいくのかを意味しています。純粋な十代の時期だからこそ、きちんと向き合いたい人間としての課題に今、多くの生徒たちが主体的に取り組んでいます」

「自分を変えたい!」と思うところから始まる未来へ

『UN Woman』の活動に耳を傾ける生徒たち。 『UN Woman』の活動に耳を傾ける生徒たち。

 神田先生が受け持つ土曜講座『Thinking about Minorities』を見学しました。今回の講座は、ジェンダーの課題について学び、その問題解決のためのアクションプランを自ら提案できるようになるための準備段階となるものです。講師は大手化粧品化会社である資生堂の女性社員2名のほか、国連女性機関『UN Woman』の女性1名です。ちなみに、『UN Woman』は2010年7月の国連総会決議により、ジェンダー関係の4つの機関を統合して設立された組織で、女性・女児に対する差別の撤廃、女性のエンパワーメント、ジェンダー平等の達成を目的とし、ジェンダー分野における加盟国支援、国連システムのジェンダーに関する取り組みの主導・調整・促進を行っています。3名の女性講師のキャリアもさまざまですが、生徒から見れば、いずれも社会でイキイキと働く大人の女性たちです。これから高校を卒業して大学に進学し、やがて社会へ出ていく一人ひとりにとって、ロールモデル(お手本となる人物)となる存在でもあります。

「本校の創立者は村上専精と言い、今から100年以上も前に、積極的に社会で活躍できる女性の育成を掲げて本校を創立しました。一方、資生堂の創立者である福原有信氏は、日本で初めて女性事務職を採用するなど、女性にやさしい経済人として知られています。私は今回のキーワードの一つである『ジェンダー(男女の社会的性差)の平等』の重要性を一人ひとりが感じ取り、また、そのような課題の具体的解決に向けて活動する『UN Woman』の女性スタッフの仕事を知ることによって、大学進学からその先のキャリアを真剣に模索するきっかけとなることを期待しています」

 都内屈指の歴史ある女子校では今、真剣に「自分を変えたい」と誓い、そのために学び、主体的に活動する元気な女子の育成が始まっています。

しっかりとメモを取る生徒の姿も見られました。 しっかりとメモを取る生徒の姿も見られました。
「来年度はよりパワーアップした『土曜講座』にしたい」と決意を語る神田純一先生。 「来年度はよりパワーアップした『土曜講座』にしたい」と決意を語る神田純一先生。
講義の最後は質疑応答。生徒からの想定外の質問に一瞬「!?」となる講師もいて盛り上がりました。 講義の最後は質疑応答。生徒からの想定外の質問に一瞬「!?」となる講師もいて盛り上がりました。
2時間続きの充実の講義が終了! みんなで写真撮影です。 2時間続きの充実の講義が終了!みんなで写真撮影です。

学校情報

女子校
東洋女子高等学校

〒112-0011
東京都文京区千石3-29-8

TEL:03-3941-2680

ネット出願
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

2017年、東京都が教育機会の平等化を目的に導入した「私立高校授業料無償化」制度。これにより“都内在住”私立校生の約3割...

この記事を見る

異なる教科を結びつけ、多面的に学び、考える力を養成する「教科横断型学習」。学習、発表、議論を通じて、論理的に考える力を高...

この記事を見る
生徒の未来への道を開くため学びの場を広く、深く、大胆に変える!注目の「東洋女子改革プロジェクト」発進!It's New ここが変わる!

2017年、東京都が教育機会の平等化を目的に導入した「私立高校授業料無償化」制度。これにより“都内在住”私立校生の約3割...

この記事を見る
自ら主体的に学び続ける姿勢を力強く応援する 『土曜講座』がスタート!独自の教育プログラム

異なる教科を結びつけ、多面的に学び、考える力を養成する「教科横断型学習」。学習、発表、議論を通じて、論理的に考える力を高...

この記事を見る
ページトップ