LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
風と一体になれるロードバイクは最高のスポーツ!目下、女子部員大募集中です。
正則高等学校

〒105-0011
東京都港区芝公園3-1-36

TEL:03-3431-0913

学校情報 学校HP

仲間とロードバイクを駆って
解放感、一体感、爽快感を手に入れろ!

人気クラブ集合!

「ツーリング」「レース」を自分で選べる部活動

 40年前の創部当時、ツーリングを中心に活動していました。そうした背景から「サイクリング部」の名称を今に残しますが、現在は各地のレースにも積極的に参加しています。「ツーリング」あるいは「レース」を自分で選べる部活動です。

 本格的なロードバイクに乗るのは、部員全員が正則の「サイクリング部」に入ってから。自転車の分解、組み立て、パンクの修理などを顧問の先生や先輩から教わり、街へ飛び出したときの解放感、仲間と疾走する一体感、風を切って走る爽快感……。これらは一度味わったら、その魅力に引き込まれてしまうほどです。部員30名は今のところ全員男子ですが、もちろん女子の入部も可能です。

部長に聞きました!

僕にとってロードバイクは自由への翼

中島 雄起くん(高3) 中島 雄起くん(高3)

 中学生のときにロードバイクと出会いました。“ママチャリ”で遠出をしていたら、目の前を偶然ロードバイクが走り抜けていったのです。そのカッコイイ姿に感動しました! それ以来、ロードバイクは僕の憧れになりました。だからサイクリング部のある正則に入学したのです。

 サイクリング部ではレースもツーリングもできるので、僕はフィフティ・フィフティで楽しんでいます。部員と秩父まで日帰り温泉に行ったり、高2の夏休みに一人で山形に出かけたり……。そのときは4泊5日の気ままな旅でした。宿はネットで調べて保護者の同意書があれば泊まれるところを探しました。走れば走るほど刻一刻と変化する景色の美しさは、自転車でなければ絶対に味わえなかったと思います。たくさんの人と出会い、色々な話もできました。僕にとって自転車は“自由への翼”です。

将来の目標はロードバイクで世界を旅すること

 レースにも全力で挑んでいます。勝つためにはどうすればいいのか。徹底的に自己管理をしながら練習に励み、もちろん食事にも気を配っています。基本はタンパク質と野菜、そして持久力を確保するために炭水化物を少し。お菓子やジュースは口にしません。

 練習は、暑い日、寒い日、雨や強風の日も休めませんが、実をいうとそのほうがチャンスなのです。レース当日、ライバルが悪天候に慣れていなかったら優位に立てますから。

 思えば、部活動のおかげでいいことがたくさんありました。中学時代、太っていたけれど体脂肪率が36%から12%へダウン。内気でネガティブだった性格も開放的で明るくなったと言われます。そしてレースやツーリングで培った集中力は、勉強との両立にも役立っています。ロードバイクと出会ったから僕は変われたのだと思います。ロードバイクに乗って世界を旅する━━それが僕の夢であり目標です。

副顧問の先生に聞きました!

活動は週5日
勝つことと楽しむことを目標に!

齋藤 貞昭先生(英語科) 齋藤 貞昭先生(英語科)

 10年前、私が副顧問になってからツーリングに加え、レース参加にも取り組むようにしました。部の雰囲気が停滞していたので新しいことにチャレンジしてほしいと思ったからです。私自身、トライアスロンを趣味としていたので生徒と一緒にレースを楽しみたいという思いもありました。現在の活動は月・水・金に校舎の屋上で筋トレを行い、ローラー台にロードバイクをセットしてペダルを踏んでいます。木曜日はランニングにあてて皇居の周りを走ったりします。そして土曜日が荒川サイクリングロードでの練習です。授業のあと、昼食を済ませてから芝公園のキャンパスを出発し、部員各自のバイクを漕いで西葛西まで向かいます。そして午後1時から4時まで走り込むのです。

 夏休みには長野の白樺湖で3泊4日の合宿を行い、1日に150㎞走ります。そうして基礎体力を養い、レースに臨んでいます。

モットーは勉強との両立、安全重視
そして自主性と自己管理

 サイクリング部には3つのモットーがあります。1つめは勉強との両立です。必要なら週5日の活動を自分で減らしてもかまいません。高校生として学業を優先してもらいます。2つめは安全重視です。ロードバイクで公道を走るということは危険と隣り合わせで、一瞬のミスが事故を招きます。判断力を身につけて自分の身は自分で守れるよう指導しています。3つめは自主性と自己管理です。部員に対して私から「こうしなさい」とは言いません。生徒がレースで優勝したいと申し出れば、その目標達成のためのアドバイスをします。

 ツーリングだけをしたいのなら、そのサポートを行います。暑さや寒さ対策、食事などの自己管理についてもアドバイスをおしみません。生徒のやりたいという気持ちを尊重して成長する姿を見守るのは、私の喜びです。心と身体を健康にする自転車は人生を豊かにしてくれます。これからも生徒と一緒に走り続けたいと思います。

学校情報

共学
正則高等学校

〒105-0011
東京都港区芝公園3-1-36

TEL:03-3431-0913

イベント申込
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

創立の精神に基づいた「本来の学校らしさ」を追求し、活気と充実感のある高校生活を実現させている同校。3年間しっかりと勉強し...

この記事を見る

40年前の創部当時、ツーリングを中心に活動していました。そうした背景から「サイクリング部」の名称を今に残しますが、現在は...

この記事を見る
仲間との固い絆も恩師との触れ合いも正則らしく真っすぐに!卒業生メッセージ

創立の精神に基づいた「本来の学校らしさ」を追求し、活気と充実感のある高校生活を実現させている同校。3年間しっかりと勉強し...

この記事を見る
仲間とロードバイクを駆って解放感、一体感、爽快感を手に入れろ!人気クラブ集合!

40年前の創部当時、ツーリングを中心に活動していました。そうした背景から「サイクリング部」の名称を今に残しますが、現在は...

この記事を見る
ページトップ