Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
ベトナム研修旅行。
現地滞在は1週間ですが、事前準備や帰国後の報告会などを含めると、約1年間にわたるプロジェクトです。
聖徳学園高等学校

〒180-8601
東京都武蔵野市境南町2-11-8

TEL:0422-31-5121

学校情報 学校HP

留学や研修旅行など多彩な国際理解教育を展開
注目は高2生全員参加の『国際協力プロジェクト』!

ワールドワイドに活躍する生徒を育てる

『国際交流ボランティア』を中心に国内でも充実した取り組みを実践

『グローバル教育センター』という専門セクションを設置し、国際理解教育を幅広く展開してきた同校。この分野への取り組みの歴史は長く、これまでに関わった国は計46カ国におよびます。同センターの長、山名和樹先生はこう解説します。

「“世界”に関わる取り組み、短期・長期の留学や国際研修旅行のセッティングやスケジューリングなどは、この部署が一手に引き受けています。また、本校には年に数回、海外から視察団が来校されるので、そうした方々への対応やおもてなしも担当しています。『国際交流ボランティア』に所属している生徒たちが積極的に活動してくれています」

 海外からの多くの視察団来訪が、同校の取り組みへの評価を物語ります。そして、国際交流ボランティアはどのような存在なのでしょうか。

「これは生徒たちの任意組織で、海外の人々と交流する際、常に前面に立って活動する生徒たちの集団です。視察団のおもてなしのほか外国人留学生との交流や、学園外の国際交流イベントへの参加などに従事。30名以上の生徒が所属し、さまざまな局面でアクティブに活動してくれています」

 このほか、諸外国からの留学生の受け入れや、九州研修旅行(高2)で行うAPU(立命館アジア太平洋大学)の海外留学生との触れ合いなど、同校は海外だけでなく国内で行う国際交流にも力を注いでいるのです。

多種多様な『国際研修旅行』で広い視野を養う

 海外を体験する機会も豊富に設けられています。とくに注目されるのは、国際研修旅行における訪問先の豊富さと内容の充実ぶりです。

「夏期・冬期・春期の長期休暇時に計5カ所の研修先を用意し、生徒の希望により選択制で実施しています。それぞれで内容やテーマも違うのです」

 各コースの内容を見ていきましょう。

  • セブ島(フィリピン)研修旅行(夏期・約2週間)
    語学研修に重きを置いた研修ですが、プラスアルファとして『同地域の貧困層の実情を知る』というテーマも掲げています。「貧富の違いがある3地域の学校を訪問し、現地校の生徒たちと触れ合うことで『自分たちの境遇』を再認識させます」
  • シリコンバレー(アメリカ)研修旅行(夏期・約10日間)
    テーマは『グローバル・リーダーとして成長するために』。今年度からスタートした注目のプログラムです。現地で活動する日本人起業家の協力を得て、前半はホームステイをしながら語学研修、後半は実際に大手IT企業やスタンフォード大学を訪問し、生徒それぞれがプレゼンテーションに挑戦するというスケジュールで展開します。
    「非常にハイレベルな内容のため、参加者を厳選しています。本人と保護者に意気込みなどを表現するエッセイを課し、さらに校長面接を行って決定するのです」
  • 中国北京国際交流(夏期・1週間)
    中国側のプログラムに沿った形で展開する研修。数十カ国の高校生が集う国際イベントで、コミュニケーションは基本的に英語で行われます。また地元の大学生がガイド役を務める観光ツアーや、海外の高校生たちとスポーツやゲームを楽しむ機会も設けられています。
  • ベトナム研修旅行(冬期・1週間)
    『グローカルからグローバルへ』をテーマに掲げたアクティブラーニング・ツアー。現地の観光は1日だけで、その後は生徒たち自身が考えた『ベトナムの人々にフィットした飲料』の試作やプレゼンテーション、『同校近隣の名産品の販売』などに取り組みます。
    「販売で得た利益は現地の慈善団体に寄付します。ローカルなものをいかにして世界へ広めていくか。これは今後の日本にとって大きな課題になると考えられます」
    現地の滞在は1週間ですが、事前準備や帰国後の検討、報告などを含めると、ほぼ1年間におよぶプロジェクトです。
    これらのほか、春期休暇にはユタ(アメリカ)研修旅行が開催されます。

高2の1年間を通して取り組む『国際協力プロジェクト』とは?

 そして同校を象徴する取り組みが、高2の1年間にわたり展開される『国際協力プロジェクト』。国際研修旅行は希望者対象ですが、こちらは高2が全員参加で実施される大プロジェクトです。

「ルワンダ、タイ、ミクロネシアなどクラスごとに担当する開発途上国を設定し、その国が抱える問題を発見して解決策を検討、それを実行するところまで行います」

 各クラスで問題点を話し合い、生徒個々がその解決策を提案。そのうち賛同の声が多かった数種のアイデアを採用してグループを編成し、その実行へ向け活動していきます。

 1年間の流れを追うと、1学期までにグループ決めをして個々で検討を行い、2学期は全体に向けてのプレゼンテーションの準備と実践。10月頃にJICA(青年海外協力隊)の関係者や大学・一般企業の有識者の方々を招いて中間報告会を開催して、その後2月まで実際に活動します。3月以降は1年間におよぶ活動報告書を作成し報告会に臨むのです。

 JICAや大学、一般企業と連携して行う取り組みなので、アイデアの内容は必然的にクオリティの高いものになります。そして、最大のポイントは問題解決に向け『実際に活動を起こす』ということ。ここまで踏み込み、しかも全員参加で国際理解教育を実践している学校は、あまり見受けられません。

「こうした本校の多彩な国際プログラムを通して世界に通用する『広い視野』を培い、また『自分はできる!』という揺るぎない自信を生徒たちが得ることに期待しています」

学校情報

共学
聖徳学園高等学校

〒180-8601
東京都武蔵野市境南町2-11-8

TEL:0422-31-5121

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

記事検索

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

専門部署「グローバル教育センター」を創設し新たな企画を導入するなど、その内容はより充実。同センターのリーダーである山名和...

この記事を見る

国公立大学11名、早慶上理40名、GMARCH69名、そして日東駒専52名――。これは今春、聖徳学園高等学校が出した難関...

この記事を見る
進化を続けるハイクオリティーなグローバル教育 バラエティ豊かな取り組みで世界に“発信”できる人材を育てるインタビュー&メッセージ

専門部署「グローバル教育センター」を創設し新たな企画を導入するなど、その内容はより充実。同センターのリーダーである山名和...

この記事を見る
アットホームな校風ならではの個別指導と自学自習力の強化により"進学の夢"をかなえる進路・進学

国公立大学11名、早慶上理40名、GMARCH69名、そして日東駒専52名――。これは今春、聖徳学園高等学校が出した難関...

この記事を見る
ページトップ