Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017

人気のクラブ大集合!
大東学園高等学校

国際交流部

英語を学びながら海外の文化に触れる
文化祭では英語朗読劇に挑戦!

さまざまな国の文化や価値観を知る

『大東祭(文化祭)』を控えたある日、国際交流部の部員たちが文化祭の準備をしていました。昨年までは部員数が少なく、『大東祭』に参加がかなわなかったため、久し振りの参加となる今年は準備にも力が入ります。

 国際交流部は英語に興味があって、授業とはちょっと違うことに挑戦してみたいという生徒が集まって活動しています。

「イギリス人のリッチー先生と話すことはもちろん、英語のレシピで料理を作ったり、海外の映画を英語の音声で鑑賞したり、洋楽のヒット曲を聴いて英語を勉強したりすることもあります。リッチー先生が英語のアニメを紹介してくれることもあります。今、企画しているのは自分たちでクッキーを焼いて、ティーパーティーをすることです。

 部員たちに求めていることは、英会話の上達はもちろんのこと、英語を通してさまざまな国の文化を学び、自分とは違った価値観を知ることです」(英語科・国際交流部顧問・冨岡浩先生)

『大東祭』での出し物は、『桃太郎』の朗読劇です。桃太郎役のS.Uさん(高2)は、「桃太郎は主人公なので、英語をたくさん話せると思い立候補しました。将来は日本にたくさん訪れる外国人をもてなす仕事に就きたいと思います」

 と元気に話してくれました。

︎朗読劇を演出するために、ダンボールで鬼ヶ島を制作中。

︎朗読劇を演出するために、ダンボールで鬼ヶ島を制作中。

「先輩も友達も、日本の文化や、わからないことは何でもていねいに教えてくれます。だから一度も恥ずかしい思いをしたことはありません」と笑顔で話すNさん。

「先輩も友達も、日本の文化や、わからないことは何でもていねいに教えてくれます。だから一度も恥ずかしい思いをしたことはありません」と笑顔で話すNさん。

『大東祭』に向けて朗読劇の練習中!
部長 S.Aさん(高2)

 私が英語に興味を持ったのは、幼い頃、外国人とのハーフの友達の家に遊びに行って、海外の文化に触れたからです。
 国際交流部は今年、中央アフリカ共和国出身の1年生、Nさんが入部しました。Nさんの母国ではフランス語が共通語です。そこで英語圏以外の言語や文化についても触れることができて、活動の幅が広がりました。
『大東祭』で披露する『桃太郎』は、海外で最も良く知られている日本の童話だそうです。部員全員が参加する朗読劇を楽しんでいただけるように頑張ります!

アクティビティやゲームを通じて楽しく活動しています
コーチ シーハン・リチャード先生

 国際交流部では、いろいろなアクティビティやゲームを通じて、英語を楽しく学べるように工夫しています。生徒たちは、たとえ英語が得意でなくても、アクティビティに積極的に参加して、自分なりの表現で堂々と自分の意思を表現できるようになりました。何よりも、部員たちがよく笑い、楽しそうに活動することが重要です。

『大東祭』で挑戦する『桃太郎』は、日本人にとっては馴染みのある物語です。それが英語バージョンになってもよくわかるように脚本を作りました。

 私はイギリス人なので、“アメリカ英語”とは表現やアクセントが違うことがあります。そうしたことも、文化の違いとして教えていきたいと思っています。

︎ナレーションは1年生のH.Aさんが務めます。

︎ナレーションは1年生のH.Aさんが務めます。

「主人公の『桃太郎』役は大役ですが、英語力を発揮して一生懸命演じます!」(S.Uさん)

「主人公の『桃太郎』役は大役ですが、英語力を発揮して一生懸命演じます!」(S.Uさん)

国際交流部DATA

顧問 冨岡浩先生(英語科)
コーチ シーハン・リチャード先生(ALT)
部員数 6名(3年生引退後の人数)
活動日 月曜日
活動の場 特別教室

(この記事は2017年11月に掲載しました。)

大東学園高等学校  

〒156-0055 東京都世田谷区船橋7-22-1
TEL:03-3483-1901

進学なび掲載情報

進学なび2017年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ