LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017

だから大好き♡私学Life
駒澤大学高等学校

建学の精神は「行学一如」
部活動や委員会活動、各種行事なども活発な学校です

建学の精神は「行学一如」。日々の「行い」と「学び」を同じように大切にするという意味が示すとおり、部活動や委員会活動、各種行事なども活発な学校です。駒澤大学の付属校でありながら、近年は国公立大学や難関私立大学への合格者も増加。一方で付属校らしいのびのびとした校風も人気です。生徒会や部活動で活躍する3人に学校の魅力を語ってもらいました。

Student's Voice
中島くん
進学コース3年・生徒会長

ハマっていること
世界史▶︎さまざまな国のことを知ることができるのは面白い!とくに興味があるのはヨーロッパで中世が好き。

鳥山くん
受験コース2年・サッカー部

ハマっていること
YouTubeでサッカー関連の動画を観ること▶︎いろいろな知識を得て試行錯誤しながら自分なりのプレーをつくり上げるのが好き。

細川さん
受験コース3年・ダンス部

ハマっていること
受験勉強▶最近いちばん頑張っていることだから。友達とおいしいものを食べに行くのも好き。

指導体制の整った受験コースとのびのびと過ごせる進学コース

――駒澤大学高校を選んだ理由は?

中島
駒澤大学の付属であるというメリットと、学校の雰囲気に惹かれて駒大高に進学しました。

鳥山
僕はいろいろな高校を選ぶなかで、学校の雰囲気が一番良かったのが駒大高でした。

細川
私も学校の雰囲気に惹かれました。実際に学校生活は楽しいです。周りの友達もいい人たちで。私は高2から受験コースを選びました。高1のときの習熟度別クラスのみんなが大学受験を考えていたので、私も頑張ってみようかなと思って。

鳥山
僕も受験コースです。選手権(全国大会)に出場したサッカー部の先輩のなかに受験コースで早稲田大学に進学した人がいて、自分も部活をやりながら視野を広げるという意味で大学入試も頑張ろうと思いました。やり遂げた先輩の存在に心強さを感じています。

細川
同じコース内でみんなと一緒に目標に向かって頑張れるのは自分の糧になるし、刺激にもなるのでいいことだと思います。授業は先生の教え方がていねいでわかりやすいです。指導の上手な先生方がたくさんいます。質問したことにもいろいろな方法で応えてくださいます。模試のあとには毎回、具体的にどのような部分を強化する必要があるとか、勉強法についてアドバイスをしてくださいます。指導体制が整っている学校なので、塾に通っていない人もたくさんいますよ。

中島
僕は駒澤大学に進学する進学コースに在籍しています。授業は基礎から教えてくれるので、とてもわかりやすいです。ほかの高校から駒澤大学に入るには勉強面でもけっこう大変だと思うのですが、3年間という時間を部活動や委員会活動に思いきり使えたうえで駒澤大学に進学できるのは、大きな魅力だと思います。だからクラスの雰囲気もピリピリしたところがまったくないです。

細川
文化祭もかなり盛り上がりますね。クラス数や部活数が多く、それぞれ違う内容で展示や発表をするので見応えがあります。

中島
文化祭はホントに楽しいですね。文化祭は僕が所属する校友会(生徒会)が運営していて、校友会の役員一人ひとりが「なんとかして成功させるぞ!」という気持ちで取り組んでいます。会の人数は限られているので結構大変です。夜遅くまで作業することもあるのですが、文化祭でみんなが楽しんでいる姿を見たり、盛り上がったりすることで「成功したんだな」って思えると、達成感とやりがいがあります。

鳥山
仏教行事があるのも駒大高の特色です。この間は校外学習で「永平寺」に行きました。行く前は少し不安もありましたね。でも行ってみると、仏教というものを知ることで「こんな生き方もあるんだ」と思い、心が広くなるというか、物事の見方や考え方を学ぶ機会にもなりました。

環境の良さと先生との距離の近さが魅力

――学校生活のなかで成長できたと思えることは?

鳥山
駒大高に入って、先生方も含めて自分とまったく違う考え方を持った人たちに出会えたことは大きかったです。部活動でも、部員やコーチ、顧問の先生方とのやり取りのなかで「自分の考えとはちょっと違うな」という意見もあるんですが、ある意味ではそういう考え方があっても、それが解決したときに成長することができるので、さまざまな話をしてくださることはありがたいです。部として団結していくためにも、先輩からは「どんどん意見を言っていい」と言われているので、そうした環境がとてもいいと思います。

細川
ダンス部は学年ごとに出場する大会があり、そのときの練習ではコーチも厳しくて、メンタル面がボロボロになってしまうこともありました。でも、みんなで励まし合って頑張ろうという絆みたいなものが生まれて賞を獲得できたので、達成感を味わえました。そうした経験を通して私自身も成長できたと思います。

中島
入学したときに、まさか自分が校友会の会長になるとは思ってもいませんでした。先生に「やってみないか」と言われてチャンスをもらい、校友会活動のなかでみんなをまとめたり、1500人もいる全校生徒の前で話せたりした経験は、将来役に立ってくれると思います。

細川
駒大高の自慢は学習環境がいいことです。静かな自習室があるので、放課後はみんなそこに集まって勉強しています。熱血すぎる担任の先生も自慢です(笑)。松岡修造さんみたいな感じで「受験頑張れ!」って言ってくれるのでやる気も出るし、ていねいにサポートしてくれます。ほかの先生方も質問に行くと常に“それ以上”のことを教えてくれますし、“生徒のためなら”っていう雰囲気があって、とても頼りにしています。クラスの仲間はみんなやさしくてやる気があって、一緒に頑張れる友達が多いですね。

鳥山
環境でいえば、人工芝のグラウンドやトレーニングルームがあることも自慢です。駒大高のサッカー部というと身体の強さも特長で、それはトレーニングルームがあるから培われたものだと感じています。それにトレーナーとかいろいろな専門家を呼んで教えてくださるので知識も深まります。勉強面でも気軽に先生へ質問できるので、家にいるよりも心地いいというか、勉強も学校のほうがはかどりますね(笑)。

中島
先生との距離の近さも自慢です。

鳥山
先生のなかには一流大学を出て難しい研究をしている人もいて、話がどんどん深まっていくと先生も熱を帯びて教えてくださるので、話を聞いていても面白いですし自分の身にもなります。生徒に関しては“きちんとしている子”が多いです。そういう意味でも駒大高は安心して通える学校だと思います。

(この記事は2017年11月に掲載しました。)

駒澤大学高等学校  

〒158-8577 東京都世田谷区上用賀1-17-12
TEL:03-3700-6131

進学なび掲載情報

【行事】生徒たちの知性と感性を磨き、情操を育む「箱根巡検(フィールドワーク)」と「永平寺拝登」
【目的・意欲に応える進学・受験サポート】駒大推薦も他大受験も可能な『進学コース』 緻密なサポートで現役合格をめざす『受験コース』 一人ひとりに最適な学びがきっとここにある!
【人気クラブ集合!】関東大会やインターハイで実績を残し駒澤大学陸上競技部で大学三大駅伝に出る!
【だから大好き 私学Life】建学の精神は「行学一如」部活動や委員会活動、各種行事なども活発な学校です
【高大連携教育最前線】付属校の利点を活かした「高大連携教育」
【卒業生メッセージ】進路についてネガティブだった自分と最後まで向き合い話を聞いてくださった先生方に感謝!
【伝統行事・名物行事ガイド】校友会を中心に盛り上がる「駒大高祭」は挑戦と経験の場
【目的・意欲に応える進学・受験サポート】一人ひとりの可能性を最大限に広げる多彩な教育プログラム
【修学旅行・研修旅行アルバム】生きた政治、経済、歴史を学ぶ平和学習
【自慢の生徒登場】勉強と部活動を両立させて全国へ!駒澤大学はもちろん他大学を希望する生徒は「受験コース」でバックアップ
【修学旅行・研修旅行アルバム】2年次に行く3泊4日の『沖縄修学旅行』
進学なび2017年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ