LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017

卒業生メッセージ
上野学園高等学校

受験勉強で息が詰まると職員室へ行き
先生方と話をするのが癒しの時間でした

山本さんが大好きだった職員室の前で。高校3年時の担任でもあった中原雅信先生と。職員室はガラス張りでオープンな雰囲気。

山本さんが大好きだった職員室の前で。高校3年時の担任でもあった中原雅信先生と。職員室はガラス張りでオープンな雰囲気。

 今回お話を聞いたのは、現在、東洋大学経営学部マーケティング学科3年生の山本佳南子さんです。「高校で一番思い出に残っている場所は?」との問いに「職員室!」と即答。現在もときおり母校を訪れ、先生や後輩たちと交流を続けているのだとか。山本さんに高校生活3年間の思い出や現在通っている大学について語ってもらいました。

大学受験も部活動も両方頑張りたくて選んだ高校

山本 佳南子さん(2014年卒業)東洋大学 経営学部 マーケティング学科3年

山本 佳南子さん(2014年卒業)
東洋大学 経営学部 マーケティング学科3年

――まず、私立高校の受験を考えたきっかけを教えてください。

山本
 中学生の頃から大学受験のことを考えていて、私はしっかり面倒を見てもらったほうが頑張れる性格なので、高校は私立がいいと思っていました。

――上野学園を選んだ理由は何ですか?

山本
 大学受験をめざす特別進学コースに「βクラス」があったことと、吹奏楽部があったことです。

 当時、特別進学コースには国公立大学・難関私立大学などをめざして勉強する「αクラス」と、難関大学をめざして勉強しながらも、部活動など学校生活にも積極的に取り組む「βクラス」がありました(*現在の特別進学コースのクラス内容とは一部異なります)。

 大学受験を頑張りたい、でも小学生の頃からやってきた吹奏楽も続けたいと思っていたので、「βクラス」がちょうどよかったんです。

――高校時代、好きだった科目は何ですか?

山本
 受験科目の日本史です。日本史の先生は教科書に載っていることだけではなく、史実の裏話など、生徒が飽きないようにいろいろな話をしてくれて、とても面白い授業でした。

――思い出深い場所は「職員室」ということでしたが、理由を教えてください。

山本
 私にとって職員室は憩いの場所でした。上野学園は若い先生が多くて、生徒との距離が近いので話しやすいんです。どの先生も面倒見が良く親しみやすいので、質問などの用事があるときだけではなく、受験勉強で疲れたときにも職員室へ行って先生と話をしてリラックスしていました。

――吹奏楽部ではどのような活動をしましたか?

山本
「やるからには頑張ろう」という思いが強いので、顧問の先生にお願いして音楽科の講師を呼んでもらったり、音楽科のホールを使って練習させてもらったり、いろいろと活動していました。上野学園には音楽科があるので、その恩恵も大きかったです。とても充実した部活動でした。

――部活動を続けながらの受験勉強は大変でしたか?

山本
 部活動をしている分、短時間に集中して勉強するように心がけました。夜7時に部活動が終わって教室に戻り、「さあ、ここから1時間でこの単語を覚えてしまおう!」と、気合いを入れると集中できました。部活動を続けていたからこそ、効率良く時間を使って勉強ができたと思います。

いつでも先生に相談できる自習室が受験勉強の場所

――受験勉強にはどのように取り組みましたか?

山本
 勉強は学校の自習室が大半でした。姉妹とも私立高校で親に経済的な負担をかけていたので塾通いは考えていませんでした。自室では、すぐ近くにベッドがあったり、携帯電話が気になったりして受験勉強に適した環境ではありません。その点、自習室は職員室の前にあるのでとても静かで集中できるし、わからないことがあればすぐに先生に質問できたので、勉強がとてもはかどりました。

――東洋大学を選んだ理由は何ですか?

山本
 大学のオープンキャンパスに行ったときに経営やマーケティングについて知り、興味がわいたのがきっかけです。体験授業を受けてみたらますます面白くなり、マーケティングを学びたいと考えました。その後、マーケティング学科のある大学を探し、体験授業に参加した東洋大学に決めました。大学を選ぶとき、実際に足を運んでみることは大事だと思いましたね。

――今、学んでいることを教えてください。

山本
 ゼミで企業について調べて発表する課題に取り組んでいて、今は化粧品メーカーについて調べています。大変だなと思うことは大学でもありますが、大学受験に比べると楽に感じてしまいます。受験を乗り越えたことが自信につながっているのだと思います。

――今後の夢はありますか?

山本
 将来、自立した女性になりたいと思っています。そのためにも、まずは仕事をしっかりできるようになりたいです。就職先はまだ悩み中です。まさにこれから企業のサマーインターンなどを利用しながら考えていく予定です。

新校舎の15階にある講義室にて。ここからスカイツリーを望むことができます。「高校の説明会に参加したとき、15階建ての校舎に驚きました。こんな素敵なところに通えるなんて楽しそうって思いました」

新校舎の15階にある講義室にて。ここからスカイツリーを望むことができます。「高校の説明会に参加したとき、15階建ての校舎に驚きました。こんな素敵なところに通えるなんて楽しそうって思いました」

山本さんが受験勉強に利用していた自習室。職員室の前にあるので、先生方がたびたび前を通り、生徒の様子を気にかけてくれます。

山本さんが受験勉強に利用していた自習室。職員室の前にあるので、先生方がたびたび前を通り、生徒の様子を気にかけてくれます。

(この記事は2017年11月に掲載しました。)

進学なび2017年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ