Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017

目的・意欲に答える進学・受験サポート
京華女子高等学校

今春初めて東大に現役合格者を輩出
きめ細かな進路・進学指導に注目!

国際社会の中で堂々と自らの考えを発信し、協働していけるグローバルな力を養います。

国際社会の中で堂々と自らの考えを発信し、協働していけるグローバルな力を養います。

一人ひとりの志望に合わせた「特進クラス」と「進学クラス」

︎ほとんどの生徒が部活動に所属。多くのことを部活動から学んでいます。

︎ほとんどの生徒が部活動に所属。多くのことを部活動から学んでいます。

「心・国際感覚・学力」の3本柱で深い知識と豊かな心を育む同校が、今春初めて東京大学に合格者を輩出しました。同校には志望に合わせた「特進」と「進学」の2クラスを設置しています。「特進」は徹底した進学・進路指導で国公立大学・難関私立大学をめざすクラス。「進学」は推薦入試やAO入試にも対応するクラスです。「特進」は高2から中高一貫の生徒たちとともに「S特進」に編成され、ワンランク上の受験対策が行われます。そして、両クラスとも文系と理系に分かれ、演習形式の授業や講習を通して実戦力を養っていきます。なお「S特進」の生徒は原則として一般入試で大学受験に臨みます。

「東大に合格した生徒は中学からコツコツと勉強に励んで『特進クラス』に入りました。彼女の夢は中学の先生になることでした。国立大学の教育学部系を考えていたのですが、模試を受けるたび志望校が「A判定」ばかりになり、気を緩めず、新たに気持ちを引き締めるべく東大をめざそうということになりました。たとえ合格できなくても、東大をめざして勉強していれば、第一志望の大学に十分対応できると考えたのです。そして部活動や学校生活も充実させながら机に向かった結果、東大の文科Ⅲ類に合格しました」(進路指導部主任・八木光先生)

「京華学園進学講習」など放課後に多彩な特別講習を用意

「本校では初めての東大現役合格でしたので、生徒だけでなく教員たちにも得るものがとても大きく、東大合格へ導くプロセスが把握できたのです。
 大学に合格した卒業生たちは、高校3年間をどのように過ごしたのか合格体験記を書きます。東大に受かった生徒は毎日の授業や定期テストの大切さを記してくれました。この体験記を読んで国公立大学や難関私立大学をめざしている『S特進クラス』の生徒は、『私も頑張れば第一志望の大学に合格できる』という自信を高めています」

「特進」と「S特進」の生徒は全員、放課後に予備校の講師による大学受験特別対策講座の「京華学園進学講習」を受講しています。センター試験の対策は毎日の授業やこの講習で十分なものの、東大の二次試験対策となると専門の対応が必要となります。そこで、その生徒は「京華学園進学講習」で教える講師たちのサポートなどを通して二次試験のクリアに至ったのです。

「京華学園進学講習」のほか、「夏期・冬期講習」「ITゼミ」といった特別講習に「特進」や「S特進」の全員が参加します。「ITゼミ」は英・国・数の集中講座。「IT」とは「intensive(集中)」のことです。「進学」の希望者もこの3つの特別講習に参加できます。

 また、全クラスの希望者を対象とした「理科・地歴・講習」も用意。「進学」の生徒には「IDS(個別学習)」、合宿型の「進学教室」、英数の少人数制ゼミ「フォローアップゼミ」があり、推薦入試やAO入試を受験する生徒には面接や小論文の指導を行います。

充実した学校生活の中で諦めない強い心を育む

希望者に向けて「オーストラリア海外語学研修」や「ニュージーランドターム留学」を用意しています。

希望者に向けて「オーストラリア海外語学研修」や「ニュージーランドターム留学」を用意しています。

 きめ細かな進学・進路指導により、今年は同校から東京大学のほか、国公立大学に3名が現役合格。難関私立大学では早稲田大学に2名、上智大学に2名、東京理科大学に2名、MARCHには計13名が現役合格を果たしました。

「東大に合格した生徒は高1から先生になりたいという志がありました。先生になるためには大学に進学して教職課程をとり、教員免許を取得しなければなりません。こう考えていくと、どの大学で教員免許を取得するのがベストか、入試科目には何があるのか、本人に見えてきます。そこで彼女は高めの目標を設定し、そこに向けて努力をしました。模試で努力が実るたびに成功体験が積み重なり、自信や合格への期待感も生まれてきたのです。

 入学した生徒の学力を3年間で伸ばし、第一志望の難関大学に合格させるには、諦めずにやり遂げる強い心を養うことが必要です。そのために、将来どんな女性になって、どう社会に貢献したいのかを1、2年次に考えてもらい、目的意識を持たせています。高い志があれば、失敗してもくじけずに最後まで立ち向かっていけるはずです」

 志を育むとともに、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の向上を目的としたプログラムも各教科で用意。2020年の大学入試制度改革でも要求される力を養っています。英語の4技能に関しては、生徒全員が高2で英検2級をめざせるようにオンラインの英会話システムを導入する準備を進めている最中です。

「高校生活は人生に一度しかありません。勉強だけでなく、部活動、行事にも一生懸命に取り組んでほしいと思います。そして多くのことを経験して、その経験も糧にして志を養い、高い目標に向かってチャレンジしてほしいと思います。また、友人と喜びを分かち合う学校生活のなかで、豊かな人間性や感受性とともに新しい大学入試に要求される表現力や思考力も養われるはずです。そのために私たち教員も一丸となってバックアップしていきます」

(この記事は2017年11月に掲載しました。)

京華女子高等学校  

〒112-8613 東京都文京区白山5-13-5
TEL:03-3946-4434

進学なび掲載情報

進学なび2017年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ