LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017

「学び」を楽しむアクティブ・ラーニング
武蔵野大学高等学校

「総合進学コース」の生徒たちが心を込めて
お父さんに送る絵手紙と向き合った「特別講座」

「学院の歴史」を取材するチームは田中教照校長先生にインタビュー。キャンパスがある武蔵野の歴史を探るフィールドワークの一環です。

土曜日の3・4時限目は充実の「土曜日特別講座」で過ごす

 多様な生徒たちが集う同校の学びの基本は、「4つのコース制」にあります。各コースには同じ目的を持った生徒たちが集まっているので、楽しく有意義に成長できる恵まれた環境が自慢です。そこで今回、それぞれのコースの特性を生かした「土曜日特別講座」に注目し、その取り組み内容を紹介します。

「土曜日の3・4時限目を利用して実施する『土曜日特別講座』は、いわゆる“教科学習に捉われない”形の教養講座です。対象学年は高1で、授業の内容をさらに深く研究したり、資格や検定の取得に挑戦したり、講演会に参加したりしながら専門知識を深め、教養の幅を広げていくことを目標としています」
(高1学年主任・N.S先生)

各コース別に用意された特別講座
総合進学コースのテーマは「絵手紙」

 4つのコースの中で最も多くの生徒が在籍しているのが「総合進学コース」です。まずは同コースの土曜日特別講座を紹介します。

「総合進学コース独自の特別講座はほかと異なり、『探究活用講座』と命名しています。学問に対する興味・関心を引き出し、最後には可能な限りディスカッションの場や発表の場を設けながら、心や形に残るものとしています。今回は『絵手紙』に挑戦します」

 絵手紙とは、“絵のある手紙を送る”こと。大切な人に出す“世界に1枚だけ”の手紙を作ることがテーマです。大半の生徒は初心者ですが、決まった書き方や形式はないので親しみやすい課題です。この日は「父の日」ということもあり、ほとんどの生徒が父親に出す、とっておきの1枚に取り組みました。

授業レポート

「絵手紙をつくって送ろう!」~総合進学コースの探求活用講座から
授業レポート
1

絵手紙の第一人者を招いて探究活用講座がスタート。講師は同校の卒業生です。

授業レポート
2

まずは筆で線を描く練習から。筆をまっすぐに立て、右から左へ、左から右へと筆を進めます。

授業レポート
3

モチーフは植物でも野菜でもなんでもOK。好きなものを持ち寄って作画に挑戦します。

授業レポート
4

絵が完成したら「ことば」を入れます。最後に朱色の印を押せばはがき全体が引き締まります。

授業レポート
4

完成した絵はがき。「お父さんかっこいい」「頑張ってるパパかっこいい」と愛情もいっぱいです。
そしてポストに投函すれば絵手紙の完了!

土曜日特別講座の各コース別メニュー

国際交流コース 比較文化講座
《日本の文化・伝統・歴史》
  • 茶道・華道・空手体験
  • 博物館見学:江戸東京博物館、相撲博物館/両国にぎわい祭見学/靖国神社見学/広島・京都見学・発表
《国際理解》
  • 外国語講座:ブラジル語/中国語/デンマーク語/フランス語/ポルトガル語/タイ語など
  • 外務省ODA講座
  • JICA見学
  • 講演会:国際理解について
《キャリア教育》
  • 講演会:日本語教師の仕事/外資系企業の仕事など
総合進学コース 探究活用講座
《文化》
  • 日本文化:マンガ/和食
  • 絵画展/ミュージカル鑑賞
  • 伝統芸能体験:日舞
《歴史》
  • 学院の歴史/武蔵野の歴史を知るフィールドワーク
  • 平和学習
《校外活動》
  • 科学館見学:国立科学博物館/上野動物園/プラネタリウム
  • ボランティア/職場体験
  • 企業訪問
理系医療コース 科学医療講座
《研究・発表》
  • 理科・数学を中心に課題を選択し研究・発表
《実験・演習》
  • 遺伝子組み換え実験
  • 3Dプリンターを使った医療実習
  • フィールドワークを通した野外観察
《校外活動》
  • 国立科学博物館/理系大学訪問
文系創造コース 人文社会講座
《研究・発表》
  • 英語・国語・社会を中心に課題を採択し研究・発表
《校外活動》
  • 日本文化研究:神社仏閣や歴史的な構造物について研究
  • 異文化交流:外国語講座/モスク訪問/在住外国人との交流
《人文科学》
  • フィールドワーク:職業体験/起業体験/会社訪問

(この記事は2017年11月に掲載しました。)

進学なび2017年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ