LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017

大学合格実績躍進校レポート
帝京大学系属帝京高等学校

評定の「5」ではなく、模擬試験の「A判定」をとる!
そして目標とする国公立大・難関私大に現役合格を!

難関大学の一般入試のみにターゲットを絞った「特進コース」

「特進コース」は国公立、早慶上理などの難関大学に一般入試で現役合格を勝ち取るコースです。それゆえ「評定の『5』ではなく、模擬試験の『A判定』を取る」ことを目標とし、生徒たちは日々の学習に励んでいます。ほかの「進学コース」「インターナショナルコース」「アスリートコース」で実施している推薦入試・AO入試対策は行っていません。難関大学の一般入試にのみターゲットを絞り、徹底的に学力を伸ばす。それが同校の「特進コース」なのです。

学習は「質」と「量」という信念のもと徹底的な基礎固めと反復学習を実践

「特進コース」の特色は、「学習」を生徒任せにしないことです。教員が常に寄り添い、しっかりと一人ひとりの学習管理を行います。例えば夏休み期間中でも授業を行います。25日間(毎日6時間の授業)の授業を継続し、生徒が学習しない時期をつくりません。それは冬休み、春休みも同じです。

 学習は「質」と「量」という信念のもと、徹底的な基礎固めと反復学習を行い、学力の定着を図っています。こうしたきめ細かな指導があるからこそ、過去の実績として入学時の偏差値が47だった生徒を70以上にまで引き上げられたのです。もちろん、その生徒は現役で志望大学に合格しました。

3年間はクラス替えもコース変更もなく一丸となって頑張る

「特進コース」を担当する山﨑辰也先生にお話をうかがいました。

「『特進コース』は、一つのチームというのが私たち教員の共通した思いです。生徒がいったん入学したら3年間クラス替えもコース変更も行いません。担任も担当教員も、生徒の夢と目標をかなえるために3年間ともに歩んでいきます。

 現在は高1が27名、高2が19名、高3が26名在籍しています。この少人数が高2から文系・理系に分かれ、さらに手厚い指導を受けていきます。英語では高1からクラスを2分割し、生徒の学習進度に合った授業を行っています。

 部活動は禁止していませんが、同コースには『みんなで受験勉強を頑張っていこう』という雰囲気があり、部活動に入っている生徒は多くありません。私たち教員も生徒も毎日夜遅くまで学校に残っているので、『これって、まるで“勉強部”だね』と笑い合っています。

 確かに高校3年間を受験勉強一色でやり通すことは苦しいことでしょう。しかし生徒一人ひとりが、その先にある夢を見据えて取り組んでいます。私たち教員はそうした生徒たちを見ていますから、とことん面倒を見ます。『絶対に諦めない』という覚悟があれば、受験生の皆さんも私たちのチームの一員になれます」

 同校のさらなる躍進に注目です。

2016年度卒業生(特進コース)の合格実績(すべて現役/一部抜粋)

国公立大学 千葉大学(国際教育)
お茶の水女子大学(理)
電気通信大学(情報理工)
難関私立大学 慶應義塾大学(2名:総合政策/文)
上智大学(外国語)
東京理科大学(2名:理/理工)
学習院大学(2名:法/国際社会科学)
明治大学(4名:政経/文/理工×2)
青山学院大学(2名:文/理工)
立教大学(2名:法/現代心理)
中央大学(4名:法/理工×3)
法政大学(3名:法/キャリアデザイン/情報科学)
立命館大学(理工)
中堅私立大学 成蹊大学(2名:法/文)
國學院大學(3名:法×2/文)
医療系私立大学 北里大学(薬)
星薬科大学(2名:薬×2)
明治薬科大学(2名:薬×2)など多数合格

卒業生インタビュー

志望大学への現役合格が夢を広げてくれた!

お茶の水女子大学
理学部物理学科1年
Iさん(2016年特進コース卒業)

 高校受験をする際、私は学校と塾の両方で受験勉強をしていました。そのときつくづく思ったのは、学校での勉強と塾での勉強をかけもちするのは自分には合わないということでした。そこで塾に通わなくてもすべてをフォローしてくれる帝京高校の「特進コース」がいいと思ったのです。 高1の勉強合宿では、長時間学習を続けても耐えられる精神力が身につきましたし、これから3年間ともに切磋琢磨するクラスメートとも仲良くなれました。成績が伸びずスランプに陥ったときに励ましてくれたのは、やはりクラスメートでした。また、「大丈夫、絶対に受かる」と背中を押してくれたのは先生方でした。

 言葉をかけるだけでなく夜遅くまで私の勉強に付き合ってくださったこと、弱点をアドバイスしてくださり、得意科目を伸ばしてくださったことを私は忘れません。そうした積み重ねによって私の成績は伸び、当初思い描いていた志望レベル以上の大学に合格することができました。

 いま私は大学で好きな英語と数学、物理を学んでいます。帝京で授業を受けて好きになった教科です。放課後はジャズダンスサークルで大学生活を満喫し、将来は発展途上国の学校で教職に就きたいと思っています。

(この記事は2017年11月に掲載しました。)

進学なび2017年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ