LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017

イチオシ!新コース誕生
武蔵越生高等学校

国公立大学・難関私立大学への現役合格をめざす
新設コース誕生!

2017年春からコースを再編、国公立大学・難関私立大学をめざす「スーパー特進」を新設。同校にとっても新たな挑戦です。

「0時限授業」「習熟度別授業」など多彩な授業を展開

「こだわりたいのは国公立大学および難関私立大学への現役合格です」(英語科・T.K先生)

 緑豊かで静寂な自然環境に恵まれた同校は、他校に先駆け、生徒の個性や希望進路に合わせたコース制を導入して40年以上になります。その長期間にわたり蓄積したノウハウを元に、2017年度からコースを再編。これまでの一般受験で難関私立大学に現役合格をめざす「選抜I」、多種多様な入試に対応し、有名私立大学の現役合格をめざす「選抜Ⅱ」、そして部活動と学習の両立で資質と能力を高める「アスリート選抜」の3コースに加え、新たに「スーパー特進(S特)」を新設しました。

 新コースの進路目標は、“国公立大学・難関私立大学への現役合格”です。この目標に向け、高1は基礎固めの段階と位置づけ、朝8時から「0時限授業」を設定し、各教科の進行状況に応じて英語、国語、数学などの授業を行います。また、週3日(火・水・金)は7時限目の授業を実施しています。

「高1段階は、学習進度も含めて高校での学習に慣れてもらうことが前提です。そうした意味も含め、主要教科も1学期は基礎的な学びを進め、2学期から生徒個々の理解度に応じた習熟度別授業を展開しています
(英語科・T.K先生)

 高2では学びを深化させながら、教科書の内容を終わらせ、文系か理系に分かれます。さらに文・理それぞれで科目を細分化して演習の授業を多く設定し、大学入試問題を解いていく実戦段階へと移行します。

 学習サポート体制においても、さまざまな取り組みを用意しています。例えば高1では「夏季集中授業(4時間)」をはじめ、「勉強合宿」、高2では「予備校集中授業」などを実施。冬季・春季休業中もそれぞれ希望制の講座を開講します。高2・高3では現役の東大生、東京医科歯科大生が、生徒の学習をサポートする体制も整えています。また放課後を利用して、自分が苦手とするところを補うために、大手予備校講師陣による授業動画や、得意なところを伸ばす自習型授業なども導入。さらには専用の自習室を完備するなど施設面のサポートも万全です。塾や予備校を必要とせず、学内の学びで進路目標の実現をめざせる同校の学びは、このような教育環境のもとに進められていきます。

「0限」も「7限」も慣れればOK!
イメージより楽しい授業

──「スーパー特進」で学ぶ3人に話を聞きました。

Y.K この学校の進学率と、新しく「スーパー特進(S特)」ができること、また「0時限授業」があるというのを聞いて、この学校なら勉強も趣味の写真も続けられると思って進学を決めました。

K.A 私は「S特」の少人数(今年度29名)に惹かれたのが志望した理由です。

H.C  私は武蔵越生の卒業生から学習支援体制や自習室などの教育環境の話を聞いて、そこに魅力を感じて進学しました。

Y.K「0時限授業」は大変でしたが、慣れてきました。それと「『S特』は真面目で勉強ばかりしている人が集まっているのでは?」と思っていましたが、そんなことはなくて、みんなフレンドリーで楽しい高校生活を過ごしています。

K.A 「7時限授業」も最初は大変でしたが、慣れてくると楽しいです。私は家での学習が苦手で、この学校は学内でさまざまな形で勉強できるので、自習が苦手な人に向いていると思います。授業も楽しくてわかりやすいし、“いい授業”を受けることができています。

H.C  入学前は「勉強についていけるかな」「苦手なところはどうすればいのかな」と不安を抱いていたのですが、先生方は授業で一つひとつ細かいところまで教えてくれますし、放課後に質問をしに行ってもていねいに応えてくださるので、不安は解消されました。授業にも集中して先生の話を聞くことができています。

K.A 2学期から始まる習熟度別授業も、自分に合ったペースで学べそうなので、今から楽しみです。

H.C  国語、数学、英語……といろいろな科目があると「苦手だな」と思うところも出てくるので、習熟度別授業は自分のプラスになるかな……と思います。

Y.K 高校3年間での目標は、趣味のダンスと勉強をレベルアップしていくことです。

K.A 私は医学部とか獣医学部のある大学に進みたいので、3年間で十分に学力を伸ばしていきたいです。苦手な英語の勉強を頑張って、目標大学に合格することが目標です!

H.C  私は看護師に興味を持っているのですが、担任の先生に「文系の知識も理系の知識も大切だ」と聞いたので、どの教科もまんべんなく、しっかり勉強して大学に進学したいと思っています。

(この記事は2017年11月に掲載しました。)

進学なび2017年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ