LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017 ウェブ版

It's New ここが変わる!
日本大学豊山女子高等学校

日本大学の付属校で唯一の女子校が発信
新時代&世界標準の学び

理数Sクラスの実験の様子。白衣を身につけて学ぶのは伝統のスタイルです。

理数Sクラスの実験の様子。白衣を身につけて学ぶのは伝統のスタイルです。

話題の「A特進」と「N進学」に加え
都内唯一の「理数Sクラス」にも注目

 2020年から始まる新しい大学入試制度に備え、日本大学豊山女子高等学校では2017年から新しい3クラス制を導入しました。一つ目が、国公立大・難関私大に対応した普通科の「A特進クラス」。二つ目が、日本大学をはじめとする他大学への進学にも対応した普通科の「N進学クラス」。3つ目が、理数のスペシャリストを育成する、都内唯一の理数科の「理数Sクラス」です。

 A特進クラスは、「日本大学の国公立併願方式」(3年間の学業成績などを考慮して日本大学への推薦合格を保証した上で、国公立大学にチャレンジできる制度)のメリットを活かし、独自のカリキュラムを設定。高1から落ち着いて学習できる環境と、学力増強のためのプログラムが充実しています。A特進には独自の「LADYプログラム」(後述)があり、米国・ボストン近郊のハーバード大学やマサチューセッツ工科大学などを訪問する特別な海外修学旅行も用意しています。

 N進学クラスは、16学部87学科を有する日本大学への進学と、部活動との両立を図ります。

 理数系への進学については、A特進クラスでもN進学クラスでも可能ですが、「科学者」を意識した理数系進学への道が充実しているのは、やはり理数Sクラスです。

「理数Sクラスの前身のクラスでもこれまで、平均してクラスの50%が医療系分野への進学を果たしています。また近年では、分野ごとにプレゼンテーションを行う伝統の『課題研究』を契機に、進路選択も多岐にわたっています」(教務主任の黛先生)

世界志向の女性リーダーを育成する
A特進の「LADYプログラム」

 さて、ここで気になるのが、前述したA特進クラスで実施されている「LADYプログラム」です。黛先生にその概要を教えていただきました。

「LADYプログラムは、ハーバード大学の学生が中心となって企画する、世界で活躍できる女性リーダー育成を応援するプログラムです。その中心地はアメリカにありますが、この夏はお茶の水女子大学で開催された3日間のプログラムに、A特進で学ぶ高1の生徒3名が代表として参加しました。今後は、LADYプログラムを共催するHCJI(ハーバード大学正規学生クラブ)とも連携し、本校の生徒を対象にした海外修学旅行をはじめ、全員が参加できるさまざまなプロジェクトを各学年で実施していく予定です」

A特進クラスの生徒に与えられる個別の自習スペース「ラーニングコモンズ」。

A特進クラスの生徒に与えられる個別の自習スペース「ラーニングコモンズ」。

地域密着型の学びを行っている同校では、今年度より「板橋区子どもサイエンス実験教室」のサポートをしています。

地域密着型の学びを行っている同校では、今年度より「板橋区子どもサイエンス実験教室」のサポートをしています。

(この記事は2017年7月に掲載しました。)

日本大学豊山女子高等学校  

〒174-0064 東京都板橋区中台3-15-1
TEL:03-3934-2341

進学なび掲載情報

【インタビュー&メッセージ】日大付属校ならではの体験とがんばる仲間を応援し合う校風が海外で学ぶ意欲と勇気を芽生えさせてくれた
【インタビュー&メッセージ】多様な経験を積むなかで視野を広げ何事にも意欲的にチャレンジしてほしい
【卒業生メッセージ】「主役はあなた」との温かな指導で見守っていただいた先生方に感謝!母校は大切な「心の拠り所」に
【ワールドワイドに活躍する生徒を育てる】英語力の育成と探究学習により、グローバル社会で、強くたくましく生きる力を育む
【夢が広がる私学のキャリアプログラム】単なる“女子教育”の枠に収まりきらない 完全未来対応型のキャリア教育を展開
【It's New ここが変わる!】日本大学の付属校で唯一の女子校が発信 新時代&世界標準の学び
【イチオシ! 新コース誕生】A特進クラス
【私学トップインタビュー】安心感をもって国公立大学への受験に臨める、新クラスを設置
【人気クラブ大集合!】サイエンス部 興味・関心の赴くままに科学するサイエンス部の躍進
【高大連携教育への取り組み】日本大学理数系学部と連携して未来の科学者を育てる
【独自の教育プログラム】日本大学付属校唯一の女子校は都内でも唯一となる『理数科』を設置
【人気クラブ大集合!】放送部
進学なび2017年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ