Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017 ウェブ版

「ワールドワイドに活躍する生徒を育てる」
大東文化大学第一高等学校

「大東ホスピタリティプログラム」を企画する
国際交流委員会

 カナダ、ニュージーランドの高校と姉妹校提携を結び、多彩な国際交流を行う大東文化大学第一高校。短期留学生の受け入れは「大東ホスピタリティプログラム」と呼ばれ、姉妹校以外との国際交流も含めると年に5〜7回もの回数になります。

 6月にやってきたのはハワイ、キング・ケカウリケ・ハイスクールのジャズバンドのメンバーでした。彼らの要望は「日本の高校を見学し、ブラスバンドと一緒に音楽で交流したい!」。このユニークなニーズに応えるため、国際交流委員会の生徒たちが中心となって、交流プランを考えました。

 保護者15名を含めた総勢33人が到着すると、まずは学校内を案内します。学食で一緒に取ったランチは、ハワイの高校生にも大好評。書道の時間には、相手の名前を日本の漢字に当てはめて筆で書きました。後に書かれた感想文には、多数のハワイの生徒たちが、この時の漢字名を書いてくれました。

音楽の交流は大成功!

 共演するに当たって、事前に決めていた共演曲は、日本の吹奏楽部では非常にポピュラーな『宝島』です。ハワイの高校生にとっては初見の楽譜ですが、短い時間の中でリハーサルを行っていました。

 いよいよミニコンサート開始。キング・ケカウリケ高の1曲目は日本のアニメ曲『残酷な天使のテーゼ』。海外における日本のアニメ人気を感じさせる選曲です。2曲目は、ジャズバンドの本領を発揮するアート・ブレイキーの『Moanin´』。迫力の演奏に、吹奏楽部員たちは息を呑みます。一方、同校の吹奏楽部が演奏した70年代ディスコヒットメドレーには、ハワイの高校生たちも手拍子で応えます。

 最後に共演した『宝島』は、初めて音合わせをしたとは思えない素晴らしい演奏でした。キング・ケカウリケ高トロンボーン奏者のお母様は「日本の高校生と共演ができるとは思わなかった。とても感動しました」と素敵な笑顔を見せてくれました。両校の生徒にとって、音楽が世界共通言語であると実感した瞬間です。

(この記事は2017年7月に掲載しました。)

進学なび2017年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ