Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017 ウェブ版

人気のクラブ集合
正則高等学校

軽音楽部
“軽音楽”のイメージを覆し
コンテストの受賞経験もある本格派!

全員集合! みんなの笑顔がはじけます。

全員集合! みんなの笑顔がはじけます。

「軽音楽部に入りたい」を理由に
入学を決めた生徒も増加中

 軽音楽部の創部は今から10年前の2007年のこと。同好会の時代から顧問を引き受けている木村均先生は、「アンプとドラムを使った運動部」と独自の表現で軽音楽部を語ります。

「私は軽音楽部の活動を通して、きちんと挨拶ができる、一度立てた目標を途中であきらめずに挑戦できる、整理整頓を怠らないなど、運動部では当たり前のことを身につけてほしいのです。もっと言うと、軽音楽部の部員一人ひとりが、正則高校の模範的な生徒として、3年間の高校生活を謳歌してもらいたいと思っています」

 木村先生は、入部希望者にどんな部活であるかを記した文章(通称“脅かし文”)を渡し、いかに厳しく大変な部活であることを理解してもらったうえで入部を認めています。

 もちろん入部するかしないかは本人次第ですが、それでも「軽音楽部に入りたくて正則を受験した」という生徒が多くいる注目の人気クラブなのです。

いつも真剣勝負
他校も認める軽音楽部の強豪

 部長は高3の阿川大志くん。ボーカルとギターを担当しています。彼の正則に入学した動機もまた「軽音楽部に入ろうと思ったから」でした。

「学校見学に来た時、軽音楽部が全国大会で4位になったことを知りました。もともと音楽に興味があったので、僕も全国をめざす一人になりたいと思いました」

 練習日は水曜日を除いて毎日あります。専用の部室はありませんが、放課後の教室を借りての練習には毎回、ほぼ全員が参加しています。晴れた日には東京タワーを間近にのぞむ屋上に集い、軽快で心地良い音楽を奏でる彼らの青春が躍動します。

「基本はすべてオリジナル曲で、東京都高等学校軽音楽連盟主催のバンドフェスティバルなど、各校から腕利きの音楽仲間たちが集まるメジャー大会で常に頂点をめざしています」(阿川くん)

 部員数は約30名。昨年秋には東京都高等学校軽音楽連盟主催のバンドフェスティバルで審査員特別賞、つい最近も関東各地からバンドが集まる大会で準グランプリに輝くなど、正則高校軽音楽部の実力は他校も認める強豪なのです。

ガールズバンドも元気に練習中!

ガールズバンドも元気に練習中!

練習から真剣に取り組みます。

練習から真剣に取り組みます。

最近のライブステージの模様。

最近のライブステージの模様。

(この記事は2017年7月に掲載しました。)

正則高等学校  

〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-36
TEL:03-3431-0913

進学なび掲載情報

進学なび2017年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ