Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017 ウェブ版

だから大好き❤私学ライフ
上野学園高等学校

少人数制で生徒と先生の距離がとても近い!
学校に足を運んで雰囲気を味わってください。

少人数制で生徒と先生の距離がとても近い!学校に足を運んで雰囲気を味わってください。

上野学園に入学を決めた理由と
学校の魅力を教えてください。

與那嶺 さん (高3・特別進学コース/バトン部所属)

與那嶺さん (高3・特別進学コース/バトン部所属)
上野学園は部活も勉強も両立しやすい学校だと思うので、両方頑張って欲しいです。

與那嶺
建物が綺麗だなというのと、先生との距離の近さに惹かれて入学しました。

西村
少人数(1クラス30人程度)なので、詳しく勉強を教えてもらえるのはいいなと思い、決めました。

平山
雰囲気がすごく良いと思います。先生が優しくて話しかけやすいので、楽しく学べていますね。

西村
上野学園はガラス張りになっているところが多いのですが、職員室もガラス張りなので入りやすいです。わからなかったところはすぐに質問できて苦手をつぶせて、その場で分かると楽しさを感じられます。

(高3・総合進学コース/長唄三弦部、箏曲部所属)

西村さん(高3・総合進学コース/長唄三弦部、箏曲部所属)
文化祭では長唄三弦部、箏曲部の発表があるので来ていただけると嬉しいです。

赤林
行事なども一緒になって楽しんでくれる先生方です。文化祭に向けて準備をしているのですが、それも一緒に考えてくれたり、色々な情報を教えてくれたり、とても助かっています。

平山
僕の好きなイベントは文化祭です。生徒みんなが一致団結してやっているので、この学校に入学すると楽しいことができるという雰囲気を感じてもらえると思います。そういうのを見てもらうことは学校選びにも役立つはず! 今年(2017年)は、9月23日・24日に開催です。ぜひ多くの人に来て欲しいです。

赤林
私は体育大会が好きですね。先輩や後輩、みんなとも関われるし。最近は生徒会や体育委員も変わってきて行事やイベントでもドンドン新しいことをしよう! という雰囲気があって、生徒たちが積極的に意見を言うようになっています。みんなで話し合って新しく何かをつくり出すということがやりやすい学校だと思います。

上野学園に入学して成長したと思うことや
学校の自慢ポイントを教えてください。

赤林 さん (高3・統合進学コース/卓球部所属)

赤林さん (高3・統合進学コース/卓球部所属)
上級救命講習や他校と交流できる講習なども推奨してくれる学校なので、積極的に参加してみてほしいです。

西村
この学校で学んで、私は何事にも積極的になれた、という点が成長したと思います。

赤林
私は「SAKURA手帳」(※)を使うことで、一日、週、月ごとの予定をスケジュール管理できるようになったことです。今と先を見て、行動に活かせるようになりました。

與那嶺
私が感じる一番の学校の自慢は、先生との距離の近さですね。

平山
僕も少人数ならではの関係性を推したいです。身だしなみなどに関してもしっかりと指導してくれていると感じます。

平山 くん (高3・統合進学コース/前生徒会会長)

平山くん (高3・統合進学コース/前生徒会会長)
ボランティアなどにも積極的な学校です。そんな活動を通して得られる経験やスキルがたくさんあると思います。

西村
部活での人間関係も自慢です。所属している部活に限らず、縦と横の関係の広がりがあって、廊下で挨拶したり、放課後に話をしたりとコミュニケーションをとっています。

赤林
校舎がきれいなので、生活していくうえでもすごく気持ちいいですね。窓も大きいので光がいっぱい入ってくるし、居心地のいい空間です。

與那嶺
上野学園は学校説明会や施設見学を多く開催していて、先生や在校生にもいろいろな質問ができます。しっかりとこたえてくれるので、参加して学校の雰囲気を味わってください。

藤井先生が中心となって作成したオリジナル教材には単元ごとに「4つの力」の要素(効果)が書いてあり、生徒はそれらを認識しながら学びを進めることができます。

(この記事は2017年7月に掲載しました。)

進学なび2017年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ