LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2017 ウェブ版

卒業生メッセージ
共栄学園高等学校

2人の卒業生が母校の思い出と
将来の夢を語ってくれました!

布施川さん(右)と池田さん(左)

布施川さん
東京大学 文科Ⅲ類1年 (平成28年3月 特別選抜コース卒業・右)

池田さん
早稲田大学 教育学部国語国文学科1年 (平成29年3月 特別選抜コース卒業・左)

 今回は、今春に大学に入学した、共栄学園高等学校の卒業生2人に、母校での学びや高校生活、将来の夢などを語ってもらいました。

お二人とも高校時代は部活動に熱心だったとうかがいました。部活動と勉強にどのように取り組んでいたのかを教えてください。

布施川
 高校時代は1年から3年の6月までブラスバンドの部活動に精一杯取り組みました。平日は7時から朝練を60分、夕方は16時半から20時ごろまで毎日みっちりと。楽器はずっとチューバを担当していました。今も大学の応援部のブラスバンドで活動していて、神宮球場の六大学野球の演奏などに参加しています。

池田
 私も高校ではブラスバンド部に所属していて、担当は打楽器でした。共栄学園は部活動がとても盛んで、どの部でも楽しくかつ真剣に取り組む姿勢があると思います。高校で音楽に真剣に取り組んだ体験は、とても有意義で離れがたいものです。今も大学で吹奏楽団に入部して活動しています。

布施川
 共栄学園には、部活動をしっかりやりたい人、放課後も自主的に勉強したい人、生徒それぞれが自分のやりたいことにチャレンジできる環境が整っていると思います。
 私は受験直前まで自宅で勉強はしていませんでした。自宅は体を休めてリラックスする場所と決めていたのです。だから、3年の夏休みも毎日学校に来て、朝から晩まで自習室で勉強するようにしました。図書室も利用して気分の切り替えを図り、効率よく学べたと思います。

受験勉強をどのように進めたのかを教えてください。

池田
 私はG-MARCH以上の大学に行きたいと思っていましたが、高3の夏前までは志望大学を絞れずに悩んでいました。早稲田は共栄の卒業生が多い身近な大学であり、自分の興味・関心の合ったことも学べると感じ、先生とも相談して決めました。それから本格的に受験勉強を始めることができたと思います。
 実は私、時間があればいつまでも本を読んでいたいほどの読書好きです。そういう面もあり、受験勉強では生活習慣をしっかり守ることを意識し、自分が立てた学習計画は必ず実行するようにしました。勉強方法については、教科ごとに素晴らしい先生がそろっていたので、とても助かりました。私の場合は、国語・英語・日本史の先生方のアドバイスにとても恵まれたと思います。現代文の問題の解き方に悩んでいたときも、先生の助言でスムーズに解くことができ、単なる知識ではない “論理” を学んだことは大きかったと思います。

布施川
 私も在校中や浪人時代に塾や予備校には通っていません。受験勉強では、高校の授業で学んだ内容を一番大切にして勉強を進めました。例えば、数学の解法でもパターンを暗記するのでなく、常に意味を考えるようにしました。東大入試は “覚える勉強” では攻略できません。問題を解くためのアプローチをしっかりと理解するという意味で、授業で学んだことをベースにすることが最適だったと思います。

これから大学で学びたいことと、将来の夢を教えてください。

池田
 大学では文学史や漢文、古文、近世や近代の小説を読む授業を受けています。本が大好きなので、とても充実した毎日です。今後は徐々に演習が増え、学んだ内容をアウトプットする発信型の授業にも取り組んでいくので難しくなるかもしれませんが、とても楽しみです。
 将来は、図書館関連の仕事に就くことをめざして司書課程も履修しています。採用枠は小さいですが、なんとか夢を実現したいですね。

布施川
 私は語学の歴史に興味があり、大学ではその分野の専門的な領域を深めたいと思っています。とくに17~19世紀の英仏独の言語を究めていきたいです。
 将来は大学に残って研究者となることをめざしているので、大学院に進学する予定です。

 
「将来は大学院に進み、研究を究めていきます」と意気込む、布施川さん

「将来は大学院に進み、研究を究めていきます」と意気込む、布施川さん

「大好きな本に関わる、図書関連の仕事に就きたいです」と夢を語る、池田さん

「大好きな本に関わる、図書関連の仕事に就きたいです」と夢を語る、池田さん

 

(この記事は2017年7月に掲載しました。)

共栄学園高等学校  

〒124-0003 東京都葛飾区お花茶屋2-6-1
TEL:03-3601-7136

進学なび掲載情報

進学なび2017年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ