Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016

卒業生メッセージ
日本学園高等学校

欠点を見つけ、それをどう克服するか考えて実行する
フットサルで学んだことは勉強にも活かせました

卒業時に成績優秀者として校長先生から表彰を受けた増田さん(写真右)。

卒業時に成績優秀者として校長先生から表彰を受けた増田さん(写真右)。

 今回お話を聞いたのは、今春、首都大学東京都市教養学部都市教養学科法律学コースに現役で合格した増田拓海さんです。

 日本学園高等学校には『特別進学』『総合進学』『スポーツ』の3コースがあります。『特別進学』は、国公立・早慶上理など難関大学への現役合格をめざすコースです。増田さんは『特別進学コース』で学び、勉強と部活動を両立させ、第一志望だった首都大学東京の合格を手にしました。

増田拓海さん(2016年特別進学コース卒業)

首都大学東京都市教養学部都市教養学科法律学コース

日本学園に入学した理由を教えてください。

増田
 中学時代に通っていた塾の先生に、面倒見の良い学校だと勧められたからです。先生と生徒の距離が近く、勉強面や生活面のことを気軽に相談できると聞いていました。
 入学すると、その通りでした。間違ったことをしたときは叱り、宿題を忘れれば終わるまで徹底的に面倒を見てくださいました。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。
『特別進学コース』に進んだのは、難関と言われる大学に挑戦するには、このコースで学ぶのが近道だと思ったからです。

高校時代に得意だった科目は何ですか。

増田
 日本史です。毎日のように小テストを受けていたおかげでした。この小テストにはルールあり、満点が取れるまで下校できないのです。そのために一問一答形式の問題集を徹底して解きました。そして、何カ月も小テストを受け続けた結果、日本史が大好きになりました。この要領で、英単語などを毎日覚える習慣が身につき、勉強すればしただけ試験の結果に反映されるようになり、自信が持てるようになりました。

良きライバルだった仲間たちと成績を競い合い、高め合った

サッカー協会のフットサル委員主催のリーグ戦、夏と冬のトーナメント大会に参加。左から2番目が増田さん。

サッカー協会のフットサル委員主催のリーグ戦、夏と冬のトーナメント大会に参加。左から2番目が増田さん。

部活動には入っていましたか。また、そこで学んだことは?

増田
 フットサル部に所属していました。部活動から得るものは大きかったです。合宿や練習試合を通して、自分たちに足りないところを見つけ、自分たちでその欠点を克服するための練習を考えて実行していました。その結果、大会でも結果を出せるようになりました。
 そして勉強と部活動との両立を図るために、授業に集中しました。先生の話にしっかりと耳を傾けて、理解してしまえば授業以外で勉強する時間が減り、フットサルの練習に専念できます。だから、質問や疑問はその場で先生方に聞いて解決していました。

法律学コースを選んだ理由は?

増田
 めざしていた国公立大学の一つであり、自宅から近かったことが理由でした。法学科にしたのは、法律の知識が、将来あらゆる分野で役に立つと思ったからです。
 この大学の合格に向けて、先生方は全力で応援してくださいました。センター試験対策はもちろん、二次試験の小論文の書き方やコツを教わり、何度も添削していただきました。とくに英語は、放課後講習でいろいろな大学の過去問を解説してくださり、力をつけることができました。
 一緒に勉強してきた友人たちにも感謝しています。良きライバルだった仲間とは、模試の結果発表のたびに結果を見せ合っていました。こうして次の模試に向けて勉強への意欲を高め合っていました。

行事を通して多くのことを学べるのも日本学園の魅力

勉強や部活動以外で、思い出に残る行事やエピソードについてお教えください。

増田
 修学旅行で沖縄に行き、戦争の規模や悲惨さを直に感じることができたことです。やはり授業とは違って、現地の人から話を聴くのは心に残りました。
 行事を通して、たくさんのことを学べるのが日本学園の魅力だと思います。体育祭や文化祭の『にちがく祭』では、一つの目標に向かい、みんなで力を合わせることがいかに大切かに気づくことができました。

大学生活について教えてください。

増田
 法学は今まで詳しく学んだことがない科目です。法学の歴史や概要など一から覚えて理解していくのは大変ですが、それだけにやりがいがあって充実しています。
 首都大生は皆、授業に集中しています。授業のために予習したり、授業が終わるとすぐに図書館で復習したりする学生がほとんどです。真剣に勉強に取り組んでいる学生が多く、刺激を受けます。友人もたくさんできました。高校時代のように、お互いを高め合っていけたらと思っています。

最後に、高校受験生に応援メッセージをお願いします。

増田
 受験勉強は辛いこともあります。僕も何度も壁にぶちあたりました。でも、終わった後に待っていたのは、満ちたりた大学生活でした。高校受験も同じです。楽しい高校生活が皆さんを待っています。勉強すればするほど、自分の力になると信じ、目標に向かって最後まで頑張ってください。

(この記事は2016年11月に掲載しました。)

日本学園高等学校  

〒156-0043 東京都世田谷区松原2-7-34
TEL:03-3322-6331

進学なび掲載情報

【部活動・クラブ活動】バレーボール部/吹奏楽部
【行事】現地の人たちとの触れ合いを通じて沖縄の歴史・文化・自然を学ぶ修学旅行
【独自の教育プログラム】独自プログラム「創発学」がさらに進化 今年度より高校生のための「高校創発学」がスタート!
【人気クラブ集合!】バスケットボール部/トライアスロン部
【目的・意欲に答える進学・受験サポート】“入れる大学”ではなく自分が“入りたい大学”をめざす!生徒の夢をかなえるための多彩なプログラ
【修学旅行・研修旅行アルバム】“学習色満載” の沖縄修学旅行 人生の糧となる本物の体験を
【卒業生メッセージ】欠点を見つけ、それをどう克服するか考えて実行する フットサルで学んだことは勉強にも活かせました
【修学旅行・研修旅行アルバム】自然、文化と歴史、沖縄戦、基地問題を柱に過去を学び、現在を体験し、そして未来を考える沖縄修学旅行
【目的・意欲に応える進学・受験サポート】今春、合格実績が大幅に躍進 将来の進路を見据えた学習環境づくりが好結果に
【世界を意識する生徒を育てる】ネパールの大震災で被災した人たちを助けるための募金活動も行いました
【高大連携教育への取り組み】明治大学を受験する生徒の増加など高大連携がさまざまな効果をもたらす
【人気クラブ大集合!】軽音楽部
進学なび2016年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ