Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016

「学び」を楽しむアクティブラーニング
浦和実業学園高等学校

アクティブ・ラーニング型授業で
未来志向の学びがより確実なものとなる

ハワイ短期留学の1コマ。現地校の生徒も交えたアクティブ・ラーニング型授業が行われています。

ハワイ短期留学の1コマ。現地校の生徒も交えたアクティブ・ラーニング型授業が行われています。

良質のアクティブ・ラーニングを研究熱心な先生方が追求

唐澤博先生(英語科)唐澤博先生(英語科)

 創立以来、「実学に務め徳を養う」を校訓に掲げる同校では、校名の「実業」を体現する取り組みを実践。その“実業スピリット”が健在です。なぜなら「実学」と「徳育」を建学の精神とする同校の学びは、時代が移り変わっても不変であり、むしろますます多様化する21世紀を力強く生きる一人ひとりの大切な力となるからです。

 このような「未来志向の学び」を、より確実に自分のものとするために活用されている学習法の一つが、「アクティブ・ラーニング」です。アクティブ・ラーニングとは、学修者(生徒)が自ら主体性を持って能動的に思考する学びを意味し、とくにここ1~2年の間に中学の授業の一部でも導入されています。

 同校では今、このようなアクティブ・ラーニングに関心を寄せる研究熱心な先生方が教科の枠を越えて集まり、心を合わせてアクティブ・ラーニング型授業の研修に取り組んでいるところです。その中心人物が英語科の唐澤博先生で、アクティブ・ラーニングとICT(情報通信技術)の推進リーダーを務めています。

より質の高い授業を行うためICT環境も着々と準備

浦和実業学園のアクティブ・ラーニング概念図
浦和実業学園のアクティブ・ラーニング概念図

 アクティブ・ラーニング型授業の特徴について、唐澤先生にお話をうかがいました。

「そもそもアクティブ・ラーニング型授業とは、保護者の方々が経験してきた“教師が一方通行的に知識を教える授業”とは大きく異なり、生徒自身が主体的に物事を考え、クラスの仲間たちと意見交換をしながら総合的な解答を見出していく授業です。もっとポイントを絞って言いますと、教員からの一方向的な講義で知識を覚えるのではなく、それぞれの生徒が積極的に意見を出し合い、仲間と深く考えながら課題を解決する力を養うことが目的の特徴ある授業です。したがって、一方通行型から進化した相互通行型の授業と言うことができます。そうした特徴ある授業に主体的に関わる方法として、議論やグループワークなどが挙げられます。また、授業内容を活性化させるためには、一人ひとりが授業に臨むための事前学習が必要になります。このあたりのポイントを踏まえて高校の授業に出席すれば、学校の勉強がより楽しくなり、大学受験にも自信を持って挑戦できるようになるでしょう」

 唐澤先生の言葉の中に出てきた“事前学習”の一つが家庭学習です。各自が家庭学習を効果的に進めるためのツールとなるICT機器をフル活用して予習・復習を徹底し、目的意識を持って翌日の授業に臨むことで学ぶ意欲がより高まり、単なる知識の詰め込みだけで終わらない、学ぶことの無限の楽しさが広がっていきます。

「ICT機器の中でもとくに注目されているのがタブレット端末だと思います。本校ではすでに電子黒板を2台導入していて、今後もICT、アクティブ・ラーニングの環境を整え、来春に入学してくる生徒たちを迎える準備をしています。その情報は随時、学校説明会などで詳しくお伝えしていきます」

伝統の「ハワイ短期留学」もアクティブ・ラーニングで!

 ICTを活用した学びの場は学校の中だけでなく、海外へも広がっています。それが高2生全員が参加する伝統の「ハワイ短期留学」です。先生方が「実践的なアクティブ・ラーニングこそハワイ短期留学」と口をそろえるほど充実した学習プログラムが自慢の国際理解教育プログラムです。

「ハワイ短期留学は約2週間の行程で行われ、これからのグローバル社会で活躍する人材育成に適した本校独自の学校行事です。
 4~8名で1チームとなり、ドミトリーで生徒だけの共同生活を送りながら現地のカレッジで英会話の授業を受け、またカレッジの学生たちと一緒にさまざまなアクティビティを体験します。語学力の向上や異文化体験の醍醐味を味わうことはもちろん、共同生活を通して自立心や協調精神を養い、人としての大切な思いやりの心を育んでいくものとして定着しています」(普通科教頭・岡田慎一先生)

 ハワイ短期留学の目標は3つ。自立を養う「協働学習」、異文化の「理解」、共同生活の「体験」が、次代を担う国際人として重要になる基礎をつくっていくのです。

「一口にアクティブ・ラーニングと言っても、そのやり方は多種多様です。“未来志向の学び”をぜひ、本校のアクティブ・ラーニング型授業で体感してください」(唐澤先生)

(この記事は2016年11月に掲載しました。)

浦和実業学園高等学校  

〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3-9-1
TEL:048-861-6131

進学なび掲載情報

【インタビュー&メッセージ】新しい時代の要請に応えるべく授業改革や教員の意識改革を推進
【部活動・クラブ活動】昨年度は埼玉県内の高校唯一の「簿記1級」に合格者を輩出!
【修学旅行・研修旅行アルバム】全員参加のハワイ短期留学と充実した高校生活
【人気クラブ集合!】約200種の生物、植物を飼育し研究・発表 企業や大学、NPOとのコラボレーションも
【「学び」を楽しむアクティブ・ラーニング】アクティブ・ラーニングとICTの融合により主体的で対話的な深い学びを実現
【目的・意欲に応える進学・受験サポート】生徒一人ひとりの力を伸ばし目標に応えるための普通科5コース
【「学び」を楽しむアクティブラーニング】アクティブ・ラーニング型授業で未来志向の学びがより確実なものとなる
【独自の教育プログラム】好調な大学合格実績を牽引する普通科『特進部』の活躍に注目!
【修学旅行・研修旅行アルバム】「この名物行事に参加したくて入学しました!」 そんな生徒が待ち望む「ハワイ短期留学」
【大学合格躍進校レポート】1年次から生徒の進学意識を高める
【修学旅行・研修旅行アルバム】「この名物行事に参加したくて入学しました!」そんな生徒が待ち望む『ハワイ短期留学』
【大学合格実績躍進校レポート】将来の目標に合わせて7つのコースを設定
進学なび2016年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ