LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016

独自の教育プログラム
サレジオ工業高等専門学校

5カ年一貫教育により有能な専門技術者を養成
デザイン学科、電気工学科の教育内容に迫る

電気工学の基礎知識を学ぶ電気工学科。

電気工学の基礎知識を学ぶ電気工学科。

全国の高専で唯一の存在
約70年の歴史を有するデザイン学科

 デザイン、電気工学、機械電子工学、情報工学の4学科を擁する同校は、5年間かけて実践的な専門知識・技術を学んでいく私立の「高専」です。今回は5学科ある中からデザイン学科と電気工学科の教育内容について紹介します。

「高専は数多く存在しますが、デザイン学科を設置しているのは本校だけです。感性の豊かな時期に5年間しっかりとデザインを学ばせたいという思いで、約80年にわたり教育を実践してきました」(デザイン学科長・氏家和彦准教授)

 デザイン学科で最初に学ぶのは、「鉛筆で1本の直線を描く」ところからスタート。低学年では平面・立体デザインの基礎力を構築し、感性を磨くとともに造形表現に必須の知識・技能を習得。3年次後期から4年次は2分野に分かれ、実践的デザインワークの基礎技能とプロセスを学んでいきます。

  1. プロダクト&インテリアデザイン
    空間プラン、家具、自動車、家電などの立体的なデザイン
  2. ビジュアルコミュニケーションデザイン
    広告、雑誌、ポスターなどの平面的なデザイン

 5年次は、一人ひとりがテーマを設定して卒業研究に取り組んでいきます。

「課外の活動も盛んで、とくに3年以上の学生たちは、外部の各種コンペや連携プロジェクトなどに積極的に参加しています」

 外部コンペの代表的なものは、『高専ロボコン』で知られるデザイン版の『全国高専デザインコンペティション』です。毎年、学生たちは有志でチームを組んでこのコンペに挑戦しています。

 一方、外部との連携活動として「アレサ・プロジェクト」に参加しています。これは同校の地元・町田市と連携して行っているもので、地域活性化のための情報誌制作、地域の防災活動や高齢者対策への提案、地域交流イベントでのワークショップ開催などアグレッシブな活動を展開しています。また、東京都の関連部署、大学、企業と連携して取り組む「花苗の室内利用プロジェクト」をはじめとするさまざまな産・学・官連携活動にも参加しています。

「『学校が楽しい』と言ってくれる学生が多いのはうれしいことです。自分が楽しいと感じることに5年間、取り組んだうえで、その努力が将来の夢につながる。それが本学科、また本校の最大のメリットだと思います」

プロダクト&インテリアデザインでは立体的分野を、
ビジュアルコミュニケーションデザインでは平面的分野を学びます。

電気工学科の最終学年は研究室所属にユニークなテーマに取り組む

 電気工学科は「研究室訪問」を実施しています。5年次は学生個々が関連分野のさまざまな研究室に所属し、高度で専門的な学習に取り組むという大学のゼミ方式で展開されます。

「電磁波制御研究室では、電磁波のエネルギーを効率よく利用する技術について研究しています。例えばメタマテリアルと電磁波の相互作用に関する研究などです」

 と解説するのは同研究室のリーダーである水谷浩教授です。メタマテリアルとは現在、関連分野で注目されている人工物質。このメタマテリアルを有効活用することで、メガネや顕微鏡など光学製品や太陽電池の機能向上をはじめ、さまざまな技術発展が見込めるということで期待されています。同研究室では、メタマテリアル関連において世界初の研究にも取り組んでいます。それ以外の2種の研究テーマ『電磁波を制御するデバイス技術』『電磁波を用いた電力伝送技術』も含め、今後の研究に注目です。

 ユニークな研究はほかにもあります。山下幸三講師は次のように話します。

「私たちは『雷』という電気現象について研究しています。雷を生み出す積乱雲は大雨やゲリラ豪雨、台風を引き起こしますよね。私たちは、雷を観測することで、雷の原因となる雲の中の“電気”の様子を監視する技術の開発を進めています。雲の中の“電気”を観察することで積乱雲の活動度を予測することができます。近年、世界各国で問題となっている気象災害を極力少なくする体制の確立につなげていきたいと考えています」

 独自に開発した機器で雷が放出する電波を計測することで、「どこで、どの程度の雷が生じているか」をチェックする。それが同研究室のメインテーマです。気象現象が対象となるため、研究は気象学の研究者と連携して進められます。すでに発生初期の雲の中の“電気”の検知には成功しており、現在は落雷や豪雨の発生予測に取り組んでいるそうです。

「地味な作業が多い電気工学科ですが、そこから得られるデータは、これまで世界になかったものであり、世紀の大発見につながることもあります。面白い研究ができ、それが社会貢献にもつながる。大きな可能性を秘めた分野なのです」(山下講師)

「私たちは本当に『夢のある研究』をしている、と自負しています。意欲を持ってこの分野に踏み込み、私たちと一緒にぜひ夢を実現しましょう」(水谷教授)

(この記事は2016年11月に掲載しました。)

サレジオ工業高等専門学校  

〒194-0215 東京都町田市小山ヶ丘4-6-8
TEL:042-775-3020

進学なび掲載情報

【インタビュー&メッセージ】各学科からものづくり好きが集まり青春のサーキットで疾走する伝統のソーラーカープロジェクト!
【授業まるごとWatching!】一人ひとりに寄り添う教育で創造性に富んだエンジニアを育てる
【独自の教育プログラム】4学科の学生たちが日頃の学習成果を披露!
【人気のクラブ大集合!】【ソーラーカー・プロジェクト/メカトロニクス研究同好会】太陽光発電を活用して疾走するクルマの可能性に挑む
【人気クラブ集合!】“ものづくり”をトコトン究める!!『ソーラーカープロジェクト』『メカトロニクス研究同好会』をご紹介
【独自の教育プログラム】5カ年一貫教育により有能な専門技術者を養成 デザイン学科、電気工学科の教育内容に迫る
【学校自慢の施設・設備】学生たちの“ものづくり”の夢をかなえるハイテク施設・設備が満載!
【私学トップインタビュー】5カ年間一貫教育によって専門技術を磨き準学士の学位を得て大学や企業や専攻科へ
【卒業生メッセージ】高専を卒業して専攻科に進学
【我が校のキャリアプログラム】意識を高め、将来の夢を実現する 5年間にわたる『3020キャリア教育プログラム』
【修学旅行・研修旅行アルバム】シンガポールを肌で体験する実り多き旅
進学なび2016年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ