Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016

独自の教育プログラム
京華商業高等学校

大学現役合格率と就職内定率の好実績
希望進路に応じた3コースで夢をかなえる

▲情報処理の授業は、教員2名のチームティーチング体制のもと、きめ細かな指導を実践しています。

▲情報処理の授業は、教員2名のチームティーチング体制のもと、きめ細かな指導を実践しています。

資格を強みにAO入試・推薦入試で合格を勝ち取る

 今年度の大学進学実績は現役合格率が96%で、就職内定率は100%。明治34年の創立以降、高い即戦力を有する人材を送り出してきた実業系高校である同校は、高い就職率に定評があることは知られていますが、進学希望者の96%(101名中の97名)が志望大学への現役合格を果たしています。この高い大学現役合格率を達成した背景には何があるのでしょうか。

「それは大学受験における独自戦略の賜物と言えます。本校は資格取得へ向けた教育を充実させており、進学希望の生徒たちは高校在学中に取得した資格を武器にAO入試、推薦入試に挑戦して合格を勝ち取っているのです」(広報主任・小口浩史先生)

 簿記・会計や情報処理などの上級資格を持っていれば、当然就職に有利です。しかし、就職面だけでなく大学進学面でも、「多くの経済学部、商学関連学部のAO入試、推薦入試において優遇措置が得られる」ことは特筆すべき点です。

「ただ大学、短大への進学率は昨年より下がりました。このデータは年ごとにかなり変動はあるのですが、本校は生徒一人ひとりの意志を重視しているため、大学進学に重きを置いた指導は行っていないのです。実は十分な学力があるのに、さまざまな理由で就職の道を選ぶ生徒も存在しています。彼らが大学受験の道を選択すれば、実績もさらに伸びると思います」

高2から大学進学・情報処理・ビジネスの3コースから選択

コース制と学び

 進路実績の原動力になっているカリキュラムを紹介しましょう。

 高1では幅広い社会性と基礎学力を培うため、全員が共通カリキュラムで学んでいきます。特色は、普通科の高校にはない簿記、ビジネス基礎、情報処理などの「商業科目」があることです。これらは資格取得に直接つながる授業でもあります。

「入学段階ではコース分けをしないので、生徒たちには進路を決めるまでに1年間の猶予があります。これも本校のメリットと言えるでしょう」

 そして高2以降は個々の希望進路に応じ、次の3コースに分かれて学んでいきます。

大学進学コース

 英語と国語の履修時間数を普通科高校と同程度に設定。大学受験に向けた基礎学力を養成していきます。また、大手予備校のサテライト授業を導入し、同校の先生方がその事前・事後指導を行う対策も立て、多岐にわたる進路に対応できる柔軟な指導体制を構築しています。

「AO入試、推薦入試への対策として、小論文指導にはとくに力を入れています。その手応えは十分に感じられ、最近、大手予備校のスタッフから『どうすれば小論文の実力が伸ばせるのですか?』と質問を受けたほどです」

情報処理コース

 各種IT関連の資格取得をめざすコース。同時に実務的な各種の知識や技術も習得していきます。WordやExcelを中心とした授業は、教員2名のチームティーチングによって進行。これまでパソコンとは無縁だった生徒でも、無理なく実力を伸ばせる環境を整えています。

「最も多くの資格を取得できるのがこのコースです。2つの情報処理室に合計100台のコンピュータを設置し、学習環境は万全です」

ビジネスコース

 ビジネス分野で活躍するための即戦力を養成するコース。各種ビジネス系の資格取得に向け、実践的なカリキュラムを幅広く展開しています。また、同コースで学んだ基礎知識を土台に高度な専門知識を習得。より多岐にわたる分野で活躍できる能力を身につけることも可能です。

「大学進学コースだけでなく、このコースや情報処理コースからも大学進学者は出ています。資格取得で自信を得て、受験に有利であることを知って大学受験に挑戦する生徒は多いですね」

有能な先輩を多数輩出
進化を遂げた商業高校

 資格について同校が主たるターゲットにしているのは、全国商業高等学校協会(全商)が主催する6つの検定(簿記、商業経済、情報処理、ビジネス文書実務、英語、珠算・電卓実務)と、STEP(実用英語技能)検定、経済産業省認定の国家試験のITパスポート(情報処理技術者試験)です。

 こうした資格を取得するうえでの支援体制も整っています。授業の折々できめ細かな取り組みを実施するほか、検定試験直前には特別対策講座なども開講します。

 そしてもう一つ、特筆すべき点は、前出の全商主催の6検定で上級検定に数多く合格し、成績などの条件を満たせば同組織の特別推薦者として大学受験に挑戦できるのです。

「このシステムを活用し、実際に難関私立大学に進学した生徒もいます。また、卒業後に経理、会計分野の最高峰である国家資格『公認会計士』の資格を取得したOBや、大手企業の経理部門で活躍中のOBもいます。10年前と比較すると、商業高校は大きく進化しています。進学と就職、双方の夢を確実に実現できる本校に、ぜひ期待してください」

(この記事は2016年11月に掲載しました。)

京華商業高等学校  

〒112-8612 東京都文京区白山5-6-6
TEL:03-3946-4491

進学なび掲載情報

進学なび2016年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ