Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016

It's New ここが変わる!
埼玉栄高等学校

新しいキャンパスがこの夏完成!
最先端の環境で、埼玉栄の新時代がスタート!

新校舎全体が光と緑に包まれます。勉強と部活動を両立させて、高校生活を充実させられる新校舎です。

新校舎全体が光と緑に包まれます。勉強と部活動を両立させて、高校生活を充実させられる新校舎です。

2016年9月から待望の新校舎で高校生活が幕を開ける

 9月3日、新校舎に移ってから最初の学校説明会が開催されました。1,000名を超える高校受験生や保護者が来校して会場は満席。その後、新しい校舎の施設見学が行われました。

 新校舎の全体を通した大きなコンセプトは『緑に包まれた“生徒が主役”の学校づくり』です。部活動が盛んで、広い敷地にグラウンドやテニスコート、ゴルフ練習場などを持つ同校ですが、新校舎はさらに緑豊かな学習のオアシスになります。

校長メッセージ

思いやりとチャレンジ精神にあふれた「骨太の人間」を育てることが目標です。

「主体性と創造性」をテーマにした学校改革が昨年度から始動しました。本校の特色は、東京大学に進学する生徒もいれば、オリンピックに出場する生徒もいることです。この実績を次のステージにつなげ、一人ひとりの生徒が勉強から部活動、学校行事まで、すべてに全力を尽くせる学校づくりをめざします。

 まず、専任教員8名が常駐する、キャリア教育の拠点・進路指導センターを設けました。また、放課後は多彩な講座を用意し、生徒が自主的に選択できるようにしています。9、10時限目には第2外国語の選択講座を開講しており、フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語・韓国語から選択可能です。さらに自習室は20時45分まで開放しています。これらの新たな環境によって、生徒は自分の時間割を作成できるようになりました。これは主体的に学び、自分の未来を自らの手で創造できることを意味します。自ら選択した講座や部活動だからこそ意欲的に取り組めるのです。生徒の希望や意欲には、進路指導センターを中心に全力で応えます。

 こうした心と体を鍛える本校の教育は、2020年以降の大学入試改革にも自信を持って対応できるものです。思いやりとチャレンジ精神にあふれた「骨太」の人間を本校から国際社会へと送り出したいと考えています。校長 佐藤光一

新校舎6つのコンセプト

コンセプト①『快適な学習空間の創出』

新校舎は4階建ての正方形の形状で、生徒が学習する普通教室は外郭の「ロ」の字型の部分に配置されます。これにより、ガラス張りの窓から周囲の光と風をふんだんにとり込むことが可能になり、美しい眺望を得られるとともに明るい学習空間を創出します。

コンセプト②『学習機能の向上』
開放的な空間が、学習の合間のリフレッシュ効果を高めます。開放的な空間が、学習の合間のリフレッシュ効果を高めます。

学校機能の中枢である職員室や、理科室・音楽室・調理実習室などの特別教室を正方形の中心にまとめて配置。生徒たちの普通教室から特別教室への移動や、教員がいる職員室への移動をスムーズにします。

コンセプト③『交流の場(コミュニケーション・スペース)の創造』
  • 特別教室を集めた中央棟に、展示や展示版等の情報を集約したセンターストリートを設けます。また、特別教室やラウンジ機能を隣接させることで、教員と生徒の交流の場を創造します。
  • 施設のさまざまな場所にテラスやラウンジを設け、生徒がリラックスしてコミュニケーションを図れる空間を創造します。
  • 職員室に隣接した食堂を多目的スペースに、自習室として開放。教員が学習指導を行ったり進路指導を行ったりと、触れ合いの機会を多く持てるようにします。
コンセプト④『光と緑』
  • 中庭:食堂から出入りできるオープンテラス(約500㎡)を作り、樹木や花壇で豊かな緑の空間を創出。教員と生徒がコミュニケートします。
  • 屋上庭園:各階に屋上庭園を設けます。
コンセプト⑤『開かれた学校づくり』

 これまで以上に地域密着の学校づくりをめざします。

コンセプト⑥『自然エネルギーの活用』

キャンパスの置かれている環境風土を生かして自然エネルギーを活用。環境に配慮します。

 そのほかにも、敷地の西側に2フロア吹き抜けで400名を収容する講堂が完成。

(この記事は2016年11月に掲載しました。)

進学なび2016年
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ