LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

独自の教育プログラム
横浜翠陵高等学校

生徒たちの多様な “進学の夢” をかなえる特選&国際&文理の『3コース制』

横浜翠陵グランドから

 6年前の共学化とともに導入された、同校の『特進・国際・文理』の3コース制。この新システムが功を奏し、昨年は驚異的な大学合格実績アップをマーク。そして今年度もその勢いを維持し、順調に難関大合格者を増加させています。

 「3コース制導入により生徒の進路希望に、よりきめ細かく対応できる体制が整いました。それぞれで最適のカリキュラムが構築されており、従来よりターゲットを絞った受験学習が行えたこと。それが2年続きの実績伸長の大きな要因だと考えています」(入試広報部長・庄大介先生)。

 それでは、3コースの進学目標や具体的な教育内容などを紹介しましょう。

特進コース

 進学目標は国公立大学や難関私立大学。週6日制と週に2回の7時間授業で、週36時間という豊富な学ぶ時間を確保。高1から国公立大受験型のカリキュラムを進行させていきます。高1〜2は隔週で2時間、受験問題演習のための『特別入試対策』を設定。また夏休みには軽井沢において、『サマースタディーキャンプ』と呼ばれる2泊3日の勉強合宿が開催されます。

国際コース

 ターゲットは国際関係学部や難関私立大学。週の英語授業は10時間前後。英語と第2外国語を合わせ、3年間で30単位を履修するというカリキュラムが組まれています。英字新聞などを素材とした『時事英語』『英語構文特講』など受験対応のハイレベルな授業、国際理解を深めるための特別ゼミも。原則、全員参加の『イギリス・グローバル研修』、ニュージーランド中期留学(希望選抜制)、3つの姉妹校への交換留学など海外体験の機会も豊富に用意されています。

文理コース

 多彩な分野を学ぶことで、多様なフィールドで活躍できる力を養成します。生徒自身の希望により、高2から文系・理系に分かれて学習。高3よりは個々の進路に合わせた授業となります。通常授業のほか、教科学習にとらわれない多種多様な講座『特別ゼミ』を設置。また高2年次の夏休みには希望選択制による2週間の『カナダ英語研修』も用意されています。進学目標はGMARCHなど上位私立大学。

 「それぞれの進路希望に応じたコースで、3年間にわたり最適の学習を続けることで、ぜひ自身の『真の夢』を実現していただきたいですね」

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ