Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

人気のクラブ集合!
広尾学園小石川高等学校(現校名 村田女子高等学校)

一緒にがんばる仲間がいる「軽音楽部」

礼儀正しい軽音楽部
挨拶と返事は元気に!

 サッカー部や珠算・電卓部、野球部など、全国大会の常連クラブが数多く存在する村田女子。大学進学を目指しながらいくつもの資格試験に挑戦し、クラブ活動でも成績を残す姿に倉田政子校長先生は「本当に頑張っていて、頭が下がります」と、エールを送ります。

 今回、紹介するのは部員24名の軽音楽部。「挨拶と返事を徹底している」と言うだけあって、運動部のように元気な挨拶と礼儀正しさが信条です。

 軽音楽部は決まったバンド編成をせず、楽曲ごとにメンバーを決めてライブを創りあげるスタイルなので、部全体の仲間意識を高めるのは必須です。

「皆、曲の好みがいろいろなので、文化祭に向けた曲決めは大変です。でも、お互いの好みがわかっているので、いろいろ試しながら決めていくのは楽しいです。」と荒井有里さん(高2)。荒井さんは初心者で軽音楽部に入部して、現在はベースとボーカルを担当しています。

最後まで諦めない仲間がいる。仲間がいるからがんばれる。

 資格試験に挑戦する機会の多い村田生。軽音楽部員も高2で5つ以上の資格を取得しています。

「資格試験の講習のために、軽音楽部の練習に出られないこともありますが、先輩や同級生が『お疲れ様!』と、温かく見守ってくれるのがいいところ」とギター担当の村川絢音さん(高2)。読書も好きな村川さんの将来の夢は、図書館司書になること。もちろん資格試験にも挑戦します。

 今回、取材に協力してくれた高2生の中で、唯一の楽器経験者はラザロ・アンリさん。ギター、ヴォーカル、ドラムスをこなし、部員たちに楽器を教えることもあります。将来は大学に進学して、経済や経営について学びたいそうです。

「軽音楽部が一番大切にしているのは、一度はじめたことは最後までやりぬくこと。音楽はもちろん大好きですが、一緒にがんばる仲間がいる『村田の軽音楽部』が大好きです。」と語ってくれました。

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

広尾学園小石川高等学校(現校名 村田女子高等学校)  

〒113-8665 東京都文京区本駒込2-29-1
TEL:03-5940-4187

進学なび掲載情報

【インタビュー&メッセージ】2021年、文京区本駒込の地に広尾学園小石川中学校・高等学校が誕生
【部活動・クラブ活動】周囲への感謝の気持ちを忘れずに人として成長できる放課後の時間
【進路・進学】2020年度より新設される「進学コース」に注目!
【It's New ここが変わる!】将来の幅広い選択を可能にする5つのコース制で変わる大学入試に対応
【私学トップインタビュー】新コース設置や他校との教育連携で生まれ変わる 合言葉は「新しい風を、新しい村田へ。」
【独自の教育プログラム】高大接続で検定試験の重要性が見直される将来に向け”普通じゃない普通科”が教育力を発揮する
【人気クラブ集合!】サッカー部 女子サッカー界で活躍する選手も多く輩出する強豪
【独自の教育プログラム】経験を積み重ねてステップアップする3年間 「自分にできる」何かを身につけて未来を切り拓く
【人気のクラブ集合!】一緒にがんばる仲間がいる「軽音楽部」
【卒業生メッセージ】あせらずに、あきらめないで、一歩ずつ 「村田イズム」は生涯の糧となる
【目的・意欲に応える 進学・受験サポート】簿記とともに情報系の資格も取得
【目的・意欲に応える進学・受験サポート】将来を見据えて、なりたい「自分」を探して育てる それが村田女子のキャリアデザイン教育です
【人気クラブ大集合!】ダンス部
進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ