LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

学校自慢の生徒登場
緑ヶ丘女子高等学校

生徒会長にしてダンス部部長!
『リーダー』として頑張る礒野朱里さんに直撃インタビュー

 すらりとした長身とストレートのロングヘアーが印象的な礒野朱里さん。昨年11月の選挙により当選を果たし生徒会長に就任。現在、意欲的に職務を遂行している同校の“今年の顔”です。「選挙の時は他に誰も立候補しなかったので、『信任投票』となりましたが」。恥ずかしげな笑顔でこう語る礒野さんに、インタビューをしました。

――選挙の際に掲げた“公約”は?

「『緑ヶ丘女子を、もっと生徒が過ごしやすい学校にしていきたい』ですね」

――会長に就任した際の心境を教えてください。

「最初はかなりプレッシャーを感じましたが、副会長をはじめ生徒会のスタッフ9名がすごく協力的なので、現在は落ち着いて仕事ができています。スタッフのうち、高3は私も含めみんな生徒会活動経験者。チームワークは抜群、一丸となって前進しています!」

――生徒会が担う最大の仕事とは?

「9月の文化祭と11月の体育祭です。イベントの司会進行を担当し、生徒会としてもイベントに参加します。毎年、この2つが生徒会の“腕の見せ所”となります。また私の場合は、文化祭の時ダンス部としての活動もあると思います」

――部活はダンス部だったのですか?

「はい、中1から所属し(礒野さんは中高一貫生)、これまでずっと活動を続けて現在は部長を務めています。ダンスのジャンルはジャズとかヒップホップ系。子どもの頃から踊るのが大好きで、ダンス部があるからこの学校に入った、という感じ(笑)。地元のイベントに参加したり、部としてボランティアに取り組んだりと大忙しで、学校の思い出のほとんどはダンス部で占められている、という状態です」

――では話題を変えて、この学校の良い点は?

「一番良いところは『生徒と先生の距離』が非常に近いこと。先生方はみんな、勉強以外の相談ごとにも気軽に乗ってくれ非常に感謝しています。教え方も丁寧で、理解不十分な部分については放課後、個別に指導しいただけます。ほかには『自然が豊かなこと』かな(笑)」

――では良くない点は?

「校舎や施設がけっこう古びていて、使用しにくい点です。公約の『過ごしやすい学校に』はそういう意味で生徒会としても例年、学校側に要望を出しています。でも資金の問題もあるし、スムーズにはいかないようです」

――学校側も努力はしているはずですが、諸々の事情で手当てが遅れているのかも。では最後に、『将来の夢』を教えてください。

「大学進学はせずに、専門学校に進んで『美容師』として活躍することです。祖父母が床屋さんをやっていたこともあり、小さい頃から人の髪をいじるのが大好きだったから」

――生徒会長になるくらいだから、学力もかなり高いはず。学校側は『大学進学を』と勧めませんでしたか?

「はい、かなり熱心に説得されましたが、自分の意志は曲げませんでした。絶対、美容師になる! と主張し、ようやく納得してもらいました(笑)」

――残りの高校生時代を生徒会とダンス部の活動で存分にに謳歌し、その後は美容師の夢に向け全力疾走。“意志強固”な生徒会長の今後に期待です。

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ