LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

目的・意欲に応える進学・受験サポート
保善高等学校

付属を持たない高校単独校の利点を活かし
学習とクラブの両立で、希望進学を実現

硬式テニス部

将来を考え、目標と希望を見つけるために…

 付属の大学を持たない単独校である利点を活かした取り組みが、同校の進学・受験サポートの特長です。

 「中3あるいは高校に入って間もない段階では、漠然と “大学には行きたい” とは思っていても、どんな大学、学部・学科があり、なにを学ぶのかといったことはわからないと思うのです。そこで本校では、特定の大学のみならず、幅広い視点から生徒一人ひとりが “大学とは” を学びながら将来を考え、目標を見つけられる単独校ならではの進学・受験を実践しています」(入試広報部長・三本松修先生)

 その入口として、毎年7月に『大学入試相談会』(全学年対象)を実施、各大学(昨年は58大学)から入試広報の先生を学校に招待し、大学での学びや生活、就職状況、あるいは具体的な入試情報などの話を直接うかがいます。大きな狙いは「まずは、進路に対して興味・関心を持たせること」(三本松先生)にあります。

 夏休みには『大学探検52U(go to university)』と銘打った「大学見学・キャンパスツアー」を実施。同校単独で “ツアー” を組み、大学の担当者のガイドによる学内探検を行い、生徒の見識を広げます。また、3月にはOBが来校して開かれる『進路報告会』、特進クラスについては具体的な進学サポートとして『特進OBセミナー』(2学年対象)を開催しています。

 「『進路報告会』では部活との両立や受験勉強の方法、ノートのまとめ方、『特進OBセミナー』では具体的な入試対策など、それぞれリアルな話を先輩たちから直接聞ける、いい機会となっています」(三本松先生)

個々の課題に対応する講座や、補習体制も充実

 進学のための独自の学習サポートについても、多彩な取り組みを行っています。たとえば『夏期・冬期講習』は「特進」「選抜」「大進」、それぞれのクラスごとに19~40にもおよぶ講座を内容や目的によって細分化。生徒一人ひとりの課題に対応しています。また『3年入試対策講座』や『春期補講』など、その時期時期にふさわしい講座を開講するほか、生徒の弱点をサポートする『放課後自習と補習』や具体的な学習方法を提示する個別の『学習方法の指導』、さらにはテストや定期試験対策としての『朝学習』も実施しています。学校によっては、講習などは別途受講費用が発生するケースもありますが、同校の場合はすべて無料であるというのも特長です。

 こうした独自の受験・進学サポートの実践により、近年は特に多種多彩な大学、学部・学科へ進学する生徒の数が増加傾向にあります。「自分が本当に学びたいことをきちんと考えて、目標を見つけたうえで受験をしていることが、実績となって表れてきています」と三本松先先生。付属を持たない単独校の特長と利点は、まさにここにあるのです。

進路指導室

進路指導室には生徒の希望する進路に合わせ、大学・専門学校・就職のそれぞれの担当職員が常駐しています。

進路報告会

『進路報告会』では前年卒業した先輩たちが勉強方法などを具体的に“伝授”。先輩の話はいい刺激にもなります。

大学入試相談会

『大学入試相談会』
今年で21回目の『大学入試相談会』。昨年は58大学が参加。生徒にとっては見識を広げる絶好の機会です。

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ