LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

キャンパス見聞録
豊南高等学校

2016年2月に完成した新校舎と体育館のコンセプトは、
『コミュニケーションや表現力、創造力を養う教育環境』

【生徒プロフィル】左から
武田藍奈さん(高3・特進コース、バドミントン部)
図書室とか学内で勉強できる環境が増えました。好きな場所は教室ですね、落ち着くので(笑)。みなさんもこの学校で幅広いことに頑張ってください!

森脇春菜さん(高3・選抜コース、吹奏楽部)
『4ターム制(1学年4学期制)』はハードなイメージかもしれませんが、休みも勉強もメリハリができて凄くいいですよ。雰囲気もよくていい学校です!

高橋怜也くん(高3・進学コース、ソフトテニス部)
豊南は一言でいうとノビノビできる学校です。生徒はとにかく元気で活発! 新しい第二校舎や体育館は色も明るくて、学校が広くなった印象です!

生徒たちの『自主獨立』をバックアップする新しい施設!

一般道を挟んでいる第一校舎と第二校舎のスムーズな行き来を可能にした『上空通路』。学内の移動時間の短縮に加え、安全面を確保することができました。

一般道を挟んでいる第一校舎と第二校舎のスムーズな行き来を可能にした『上空通路』。学内の移動時間の短縮に加え、安全面を確保することができました。

 2016年2月、『コミュニケーションや表現力、創造力を養う教育環境』をコンセプトに、第二校舎と体育館が完成しました。第二校舎には、普通教室や選択科目などを少人数で集中的に学ぶための特別教室をはじめ、120席ほどのカフェテリア、『自習ブース』を備えた図書室を併設。白を基調とした内装は明るい印象で、大きな窓から差し込む日差しが暖かい、快適な学習環境が整えられています。

 第二校舎同様、冷暖房を完備した新体育館は、体育の授業や部活動、式典、さらには進学・キャリア教育関連の行事や他校との合同プレゼンテーション大会など、様々な用途に使用されています。

「新校舎は、生徒たちが自分でいろいろなことを考えて、実践できる環境になっていると思います。ここで勉強・部活動にがんばって、自分自身をしっかり伸ばしてもらえれば」とは入試広報部の四日市聡先生。「気分はリフレッシュ! テンション上がってます(笑)」と生徒たちにも好評な新校舎は、豊南生の活動を、より明るく、より活発なものとしているようです。

大きな窓からたっぷり日差しが入り込む第二校舎の普通教室。壁と床、机とイスなどは白を基調としているため開放感と広さを感じます。防音効果も高く「勉強に集中できる」という声も。

大きな窓からたっぷり日差しが入り込む第二校舎の普通教室。壁と床、机とイスなどは白を基調としているため開放感と広さを感じます。防音効果も高く「勉強に集中できる」という声も。

体育館のアリーナ。式典をはじめバスケットボール、バドミントン、バレーボールなどの部活や多彩な行事を通して「コミュニケーションや表現力、創造力を養う」ために活用されています。

体育館のアリーナ。式典をはじめバスケットボール、バドミントン、バレーボールなどの部活や多彩な行事を通して「コミュニケーションや表現力、創造力を養う」ために活用されています。

壁面に大きな鏡を備えた体育館サブアリーナ。女子の体育の授業で使用するほか、ダンス部の“メインスタジオ”に。パーティションを外すとひとつながりになる武道場は、吹奏楽部などの部活動でも使用。

生徒の大切なコミュニケーション空間でもあるカフェテリア。唐揚げ丼と豚丼が大定番。併設する売店にはパンなどの軽食も。朝や放課後には仲間と勉強する生徒たちの姿も見られます。

生徒の大切なコミュニケーション空間でもあるカフェテリア。唐揚げ丼と豚丼が大定番。併設する売店にはパンなどの軽食も。朝や放課後には仲間と勉強する生徒たちの姿も見られます。

44席の自習ブースを備えた図書室。1学年を4学期に分ける『4ターム制』の導入などにより、「(塾に通わず)学校のなかで学力を定着させる」ことを目標とする同校の象徴的な施設のひとつです。

44席の自習ブースを備えた図書室。1学年を4学期に分ける『4ターム制』の導入などにより、「(塾に通わず)学校のなかで学力を定着させる」ことを目標とする同校の象徴的な施設のひとつです。

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ