LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

「学び」を楽しむアクティブラーニング
花咲徳栄高等学校

注目の「アクティブラーニング」で
主体的に学ぶ楽しさを身につけよう!

ALの効果がわかるラーニング・ピラミッド

全教科、全時間で実施するアクティブラーニング型授業

 花咲徳栄高等学校の授業と言えば「アクティブラーニング!」。アクティブラーニング(AL)とは、生徒が「主体的」「能動的」に学ぶ授業スタイルのことで、同校では4年前より、全教科、全時間で「アクティブ・ラーニング型授業」を導入しています。

 そのねらいの一つが、2020年度以降に予定されている大学入試改革への対応です。これまでのように覚えた知識の量で合否が決まるのではなく、その知識をいかに活用するのかという「思考力」を見ることが重視されているからです。

 そこで今回は、校内『AL推進委員会』のメンバーでもある地歴公民科の齊藤久士先生、英語科の星加奈先生にインタビューをお願いし、日々の授業の中で実際に行われているALの概要と、生徒たちの様子についてお話をうかがいました。

今までの「授業=学習」からこれからは「授業=楽習」へ!

「生徒一人ひとりが『自ら学ぼう』と主体的に授業に臨む姿勢を大事にしています。導入から4年目に入り、以前の授業よりも、生徒が授業中に生き生きとしているというのが私の印象です。今までを“授業=学習”とするなら、今の授業は“授業=楽習”といったところです」(齋藤先生)

「AL型授業で重要なのは、まず個人が必ず予習をして臨むことです。次にその学習成果をグループの中に落とし込み、皆でその情報を共有しながら、例えば、『この単語は大事だよ』とか『この部分が主語だよね』というように、仲間たちとコミュニケーションを取っていきます。生徒たちからは、『皆で意見を出し合うことで、自分では気づかなかった視点や考え方を知ることができた』などの意見が聞かれるようになりました」(星先生)

 知識だけでなく、コミュニケーション能力の向上にも影響を与えるALをフル活用して、明るく充実した高校生活を楽しもう!

地歴公民科の齋藤久士先生

地歴公民科の齋藤久士先生

英語科の星 加奈先生

英語科の星 加奈先生

世界史のAL型授業

世界史のAL型授業

古文のAL型授業

古文のAL型授業

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ