LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

大学合格躍進校レポート
日本工業大学駒場高等学校

2008年に普通科を設置して以降、大躍進を続ける日駒
高い志を持つ生徒一人ひとりの目標完遂に向けて、さらに飛躍へ!

自律的な学習を促す「楽しい学校」

定評ある面倒見の良い指導を基盤に
自律的な学習を促す「楽しい学校」

 2016年春の大学合格実績で、過去最高の合格者数を記録して注目を集める日本工業大学駒場高等学校。その躍進の理由を大学進学支援室長の藤森啓先生にお聞きしました。

 「躍進の理由は5つあります。まず1つ目が『手厚く面倒見の良い指導』です。各教員が生徒一人ひとりとじっくり向き合い、努力を惜しまず指導することで、学力の定着や苦手科目の克服に努めています。2つ目が、『自律的な学習の定着』です。生徒が自ら進んで学習する習慣を高1の早い時期から定着させるため、朝のHRを利用して英単語や計算問題などの小テストを実施しています。3つ目が『学校生活と自己目標の調和』。学校生活を思う存分に楽しむことも学習意欲向上には欠かせません。もちろん勉強は大切ですが、その基盤となる「学校は楽しいところ」という原点も忘れてはいけないと考えています。日々の学校生活がこれからもさらに充実するよう、校舎の全面リニューアルも始まっています」

仲間と共に最後まで頑張りぬく雰囲気と
“予備校要らず” の丁寧な指導で勝ち抜く!

 「4つ目が『仲間と共に目標に挑戦できること』です。 “受験は団体戦” と言われますが、3年間を共に過ごす仲間たちと励まし合い、最後の1分まで頑張りぬく雰囲気づくりに努めています。そして5つ目は『補習・講習は自分達の手で』。放課後の講習や長期休暇中の講習会は、すべて本校の教員がテキスト編集から手掛け、生徒各自の学力を知ったうえで実施しています。大多数の生徒が予備校に行かずとも、校内の受験勉強だけで第一志望校の現役合格を勝ち取っている事実を、保護者も高く評価しています」(藤森先生)

 最後に、2017年度入学者を対象とした「3年後の目標」についてうかがいました。

 「国公立大は今年度の5倍にあたる20名、最難関私立大は40名、中堅進学校の一つの基準となるGMARCHは100名を目標にしています。皆さんも日駒で夢を叶えましょう!」(藤森先生)

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ