Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

私学トップインタビュー
東京農業大学第三高等学校

新しいコース制で夢と希望の実現をサポートします!

板垣 啓四郎 校長

板垣 啓四郎いたがき けいしろう 校長
1955年生まれ、鹿児島県出身。1977年東京農業大学卒業後、イギリス・レディング大学客員研究員などを経て、東京農業大学講師、助教授、2000年東京農業大学教授、2001年大学院指導教授になる。その他、千葉大学、東京農工大学、広島県立大学大学院での非常勤講師、名古屋大学大学院客員研究員を経て、現在、日本貿易振興機構アジア経済研究所開発スクール講師などを兼任。2015年から東京農業大学との併任で東京農業大学第三高等学校の校長に就任。専門分野は農業開発経済学。博士(農業経済学)。

 本校では2016(平成28)年度から新しいコース制がスタートしました。Ⅰコース(進学重視)、Ⅱコース(文武両道)、Ⅲコース(スポーツ科学)の3つです。どのコースを選ぶかは皆さん自身で決めることができます。勉強重視か、勉強もクラブ活動もか、スポーツ重視か、自分で自分の高校生活の過ごし方を選べるのです。皆さんの能力が最大限に伸ばせるよう3つのコースを設定して私たちがサポートします。

 Ⅰコースは大学進学に焦点を絞り、最難関国立大(旧7帝大、一橋大、東京工業大、医学部・医学科など)、首都圏国公立大(筑波大、千葉大、東京・神奈川の国公立大など)、最難関私立大(早稲田大、慶應義塾大、上智大、ICU)などへの現役合格をめざします。

 Ⅱコースは、勉強とクラブ活動を両立させながら有名私立大(GMARCH+東京理科大)と、東京農業大への現役合格をめざします。このような目標の実現が可能なのは、質の高い授業はもちろん放課後講習、朝講習、長期休暇中の講習に加え、クラブ活動に参加している生徒に行う添削講習などが充実しているからにほかなりません。さらに、東京農業大、東京情報大への優先入学制度や各種推薦制度も利用可能です。

 Ⅲコースは大学進学を前提としつつ運動系のクラブ活動(陸上競技部、野球部、サッカー部、男子バスケットボール部、剣道部、男子ハンドボール部の6つの強化クラブ等が対象)に重点をおき、全国大会、関東大会への出場、上位の成績をめざします。Ⅱコース(文武両道)同様、東京農業大と東京情報大への優先入学制度が利用可能です。

 こうした学習環境のもと、皆さんは10年先の自分をイメージしながら夢と希望を実現してください。そのためには積極的に学ぶ姿勢を貫き通すこと。そんな生徒を私たち教職員が全力で支えます。

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

東京農業大学第三高等学校  

〒355-0005 埼玉県東松山市大字松山1400-1
TEL:0493-24-4611

進学なび掲載情報

【グローバル】オーストラリア クイーンズランド州立校で体感した世界の高校生が「学ぶ姿勢」
【授業・カリキュラム】「世界史」といっても遠い国の話でなく今を生きる自分とつながっているから面白い!
【だから大好き♥私学Life】切磋琢磨して刺激し合える仲間がいる それぞれの夢や目標を実現できる学校です!
【授業まるごとWatching!】大学受験の実力を養い国際人としての教養を身につける「古文」の授業
【授業まるごとWatching!】単に公式を覚えるのではなく、その公式を見極める「視点」を養い、論理的思考力を育てたい
【人気クラブ集合!】吹奏楽部 部員それぞれの個性が奏でるハーモニーコンクール上位入賞もめざします!
【授業Watch!】世界史を身近なものとして面白いと思ってほしい それが教養になり、大学受験の武器にもなる
【私学トップインタビュー】新しいコース制で夢と希望の実現をサポートします!
【我が校のキャリアプログラム】「なぜ」「どうして」を調べる『実学教育』が現役合格へとつながっていく
【学校自慢の生徒登場】仲間の輪も広がり、責任感や積極性も身につく楽しい生徒会
【我が校のキャリアプログラム】「なぜ」「どうして」を調べる『実学教育』 その成果が現役合格へとつながっていく
【修学旅行・研修旅行アルバム】しっかりと事前準備を行い理解度を上げる
進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ