LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

世界を意識する生徒を育てる
専修大学附属高等学校

近くて遠い隣国「韓国」を知る
恒例の『夏期韓国研修旅行』

近くて遠い隣国「韓国」を知る恒例の『夏期韓国研修旅行』

毎年15名前後の生徒が
韓国の若者達と国際交流

 日本人にとって韓国は、他のどの国々よりも近い隣国です。ところが、日本海を隔てたわずかな距離にありながら、両国の歴史・社会・文化の違いは決して小さいものではありません。「国際理解教育」を主要な学びの一つに掲げる専修大学附属では、この “近くて遠い隣国” との交流に力を注いでいます。かつて韓国の大学で3年間、日本語・日本文学を教えた経歴を持つ国際教育部の上山和宏先生(国語科)に、お話をうかがいました。

 「もともとは親大学の専修大学と、韓国の檀國大学校の間で結ばれた1986年の協定校締結が始まりで、今からちょうど20年前の1996年には、両国の未来を担うリーダーを育成するいう理念に基づき、両大学の附属校間で姉妹校締結に至りました。かつての “韓流ブーム” が去った後も本校では継続して『夏期韓国研修旅行』を開催し、毎年15名前後の生徒が韓国の若者達との意義深い国際交流を続けています」

歓迎式で韓国の学生とコミュニケーション。

歓迎式で韓国の学生とコミュニケーション。

同年代の若者との国際交流。

同年代の若者との国際交流。

徴兵制のある韓国でつかむ
世界平和を意識するきっかけ

人気スポット「ロッテワールド」でのアクティビティもあります。

人気スポット「ロッテワールド」でのアクティビティもあります。

 夏期韓国研修旅行は毎年、夏休み中の8月に4泊5日の日程で行われます。

 「歴史・社会・文化の3つの観点からプログラムを組んでいるので、単なる観光色の濃い研修ではなく、10代の生徒たちにはほとんどなじみのない韓国の社会事情にまで一歩足を踏み込むところが大きな特徴です。なかでも「姉妹部隊見学」が、生徒たちの印象に残っているようです。これは実際に、韓国陸軍のある軍事施設を見学するというプログラムです。休戦中の朝鮮半島にある韓国には徴兵制があるので、同世代の若者たちが置かれた現実と自らの生き方をだぶらせ、平和への思いを強くする生徒も少なくありません」(上山先生)

 世界平和を意識するきっかけが隣国にあるということの意味は、とても大きいと上山先生は強調します。

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ