LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

学校自慢の施設・設備
淑徳SC高等部

女性の生き方を反映する解放感ある新校舎

高3の岩本ゆりなさん

 120年の歴史を有する女子教育の伝統校である同校は、1892(明治25)年に東京小石川の地に誕生。女性の教育環境が整わない明治時代に、女子教育の必要性を感じた浄土宗の尼僧・輪島聞声先生により開校されました。校訓の「進みゆく世に後れずに、有為な女性となれ」のもと、常に時代の先端をいく女子教育をめざし、実践してきました。

 2008(平成20)年に校名を「淑徳SC」に変更するとともに新校舎が完成。解放感と贅沢な造りを大切に、新しさを感じさせる建物です。

「淑徳」とは、しとやかな女性の美徳を意味する言葉で、「SC」はSuccessful Career(サクセスフル・キャリア)、女性の人生の成功という意味を持ちます。この校名のとおり、同校では女性のキャリア教育に力を入れており、生徒たちは、女性としてどのような人生設計をしていくかを学んでいます。

「『SC』という校名からは新しい印象を受けますが、淑徳には120年を超える伝統があります。ですから校舎外観は洋風のイメージを持ちながら、校舎内には木をふんだんに使った和の要素を取り入れました。解放感も意識した造りになっているのが特徴です」(片平清先生)

 さらに、1クラス20名以下という少人数制を敷いていることから、教室を広く使うことができ、落ち着いた環境で学習に集中できます。

 古き良きものを残しながらも、時代に即した新しい考えを取り入れていく。新校舎には、新しい女性の生き方も反映されているのです。

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ