LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

目的・意欲に応える進学・受験サポート
桜丘高等学校

図書館と進路指導センター、そして、卒業生の協力のもと
学びの機会と未来への思いを創りだす環境

図書館

SLCは多機能な図書館

寺澤一貴先生寺澤一貴先生

 SLC(Sakuragaoka Learning Commons)とURC(University Resource Center)。

 この2つの施設が生徒の学びを力強くサポートしています。SLCはパソコンやプロジェクターを備えた図書館、URCは自習室が併設された進路指導センター。案内してくださったのは、社会科の寺澤一貴先生です。

「『SLC』は静かに本を読むだけではない空間です。テーブルが円卓になっているので生徒同士の学び合いやディスカッションにも利用できます。3万冊の蔵書の他、映像資料も豊富に揃えています。プロジェクターに映像を映し出し、ここで授業を行うこともあります。多くの機能を備えた便利で快適な学びの空間といえるのではないでしょうか」

 また、カフェテリアをはじめ校内のさまざまな場所に本が置いてあり、生徒たちは自由に活字に親しむことができるそうです。

URCにはチューターが常駐

 URCでは、立教大学と学習院大学の学生が生徒たちの質問に答えていました。放課後、このように卒業生たちがチューターとして常駐していると寺澤先生は話します。

「生徒たちは『先輩は高校時代、どんな勉強をしていましたか?」『大学では、どんなことを学んでいますか?』といったことを、気軽にチューターに聞いていますね。現在、チューターは10名ほどいます。ここには各種参考書から過去問題集、大学の学校案内などの資料があります。また、併設の自習室で勉強していてわからないことがあれば、チューターに質問できます」

 同校の生徒には、学校へ深い愛着を持って卒業する生徒がたくさんいます。寺澤先生は、同校が共学化してから3期生にあたる卒業生で、現役で早稲田大学政治経済学部に進学しました。「自分を育ててくれた母校に恩返しがしたい」との思いから、同校の教員になったと話します。卒業生たちの存在もまた、生徒の意識向上や同校を活性化させるのに貢献しているようです。

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ