LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

大学合格躍進校レポート
相模女子大学高等部

特進コースと併設大学への推薦制度を軸に、
4年制大学希望者に応える充実した進路指導

4年制大学希望者に応える充実した進路指導

4年制大学への進学率が増加

 ここ数年、4年制大学への進学率が伸び、卒業生の80%を超えています。女子の4年制大学志向が高まっていることもあり、この傾向はますます拍車がかかっていきそうです。

「以前は短大や専門学校で学んでいた分野も、4年制の大学に移行するケースが多くなりました。例えば、看護医療系や栄養学、幼児教育などに顕著に表れています。将来のキャリアにも影響することから、本校でも4大志向は増えていますね」(キャリア部長・水谷彩先生)

 4年制大学進学率が躍進しているもう一つの理由は、特進コースを立ち上げて10年目の同校に、進路教育のノウハウが積み上がってきたこともあります。

「実績が増えてきたことによって、より自信を持って模試の成績データ等を活用できるようになり、生徒たちへの進路指導、受験指導も充実したものになってきました。一人ひとりの生徒に対し丁寧に進路指導を行っており、その結果、生徒たちは自分の希望でさまざまな学部・学科に進学しています」
(水谷先生)

確約併願制度で安心して他大学受験

 同校の進路の特徴としては、併設大学があることも見逃せません。同じキャンパス内にある相模女子大学には内部推薦制度があり、最近では卒業生の約20%弱の生徒が進学しています。さらに、一定の条件を満たせば確約併願制度というものを利用して、併設大学への推薦を確保した上で、外部の大学を受験することも可能。現役での進学を希望する生徒にとっては、安心して他大学受験にチャレンジできる制度になります。

 さらに、キャリア教育として「大学訪問ツアー」(高1)、卒業生による「受験体験座談会」(高1・2)、「キャリアガイダンス」(高1~3)など、さまざまなプログラムが実施されています。「社会の中に居場所があり、充実感を持って自分の持つ能力を発揮できる仕事ができる」。そんな生き方をめざすキャリア教育が、生徒たちの意識を高め、幅広い進路へ羽ばたくきっかけになっています。

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ