LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

伝統行事・名物行事ガイド
駒澤大学高等学校

校友会を中心に盛り上がる「駒大高祭」は挑戦と経験の場

今年の駒大高祭のテーマは「千祭一遇」

 模擬店やさまざまなコンテストなど、にぎやかな装飾で盛り上がる駒大高祭。生徒代表として舵を取るのは校友会のメンバーです。

「私たちがめざすのは、常に新しいアイデアで新たな挑戦ができる文化祭です。今年度のテーマは『千祭一遇』。各部門を担当するメンバーが、それぞれの分野で力を発揮して、活発に意見を出して準備を進めます」と笹野季咲会長。

他校とも連携した被災地支援の活動を実施

 副会長の江口莉央さんは模擬店担当。東日本大震災の被災地支援の活動をするため、他校とも連携した活動を行っています。

「宮城県岩沼市を支援するため、駒大高祭の模擬店や支援グッズの売り上げを被災地に寄付します。瓦礫になってしまった廃材から作った木製スプーンや、生徒からデザインを募集して作った缶バッジが大人気でした。今後もこうした活動を続けていきたいです」

高3が校友会の中心となり活動

 今年、多くの高1生が校友会に加わりました。校友会では、高1が演劇や映像制作、高2がアトラクションやお化け屋敷を担当するのが伝統です。そして高3が中心的な役割を担います。ペット部門やそっくりさん部門など、さまざまなコンテストを担当するのは書記の荒井優花さん。パンフレット製作担当は書記の猪俣優希さん。備品やメインステージの担当は会計の宇田川英里香さん。校門の装飾は副会長の上原かなみさんが担当します。校友会の高3生は全員女子ですが、「文化祭は力仕事も多いので、男子も協力してくれます」と笹野会長。駒大高祭に力を尽くした経験は、一人ひとりの将来の大きな財産になるでしょう。

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

駒澤大学高等学校  

〒158-8577 東京都世田谷区上用賀1-17-12
TEL:03-3700-6131

進学なび掲載情報

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ