LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

学校自慢の生徒登場
駒込高等学校

世界で活躍する人を育てる
新設の「国際教養コース」から、1期生二人にインタビュー

2016年4月、「国際教養コース」が誕生

櫻井宏樹くん(高1)櫻井宏樹くん(高1)

 グローバル社会で活躍できる人材の育成に特化した「国際教養コース」が2016年度、スーパーアドバンスコースから分化して誕生しました。現在、1クラスがあり、27名の1年生が学んでいます。このクラスを代表して櫻井宏樹くんと池ヶ谷薫さんにお話を聞きました。

 櫻井くんは中2の時に英検凖2級に合格。好きな科目は政治・経済で、夢は起業することだそうです。クラブは卓球部に所属。

「このコースにしたのは、英語の授業がたくさんあるからです。フランス語を英語で学ぶ授業もあります。授業に集中していないと理解できないので、リスニング力がつきました。
 社会科の勉強にも力を入れたコースで、世界史と日本史と政治・経済を高1で履修します。少人数制のため、どの授業でも発言する回数が多く、みんなの前で話すことがますます好きになりました。クラスのみんなとも気が合いますね。誰もが何かに対する深い知識を持っているので、話していると新たな知識が得られます」

私の好きな教科がいっぱい!

池ヶ谷薫さん(高1)池ヶ谷薫さん(高1)

 池ヶ谷さんは、小学生の頃から英語を習っていました。好きな科目は世界史で、夢はテレビやラジオの制作の仕事につくこと。バレーボール部のマネージャーをつとめています。

「コースのカリキュラムを見た時に、『私の好きな教科がいっぱいある!』と思って入学しました。特に世界史の授業は楽しくて、古代国家が勢力を広げていく様子を動画で見せてもらえたり、視覚的に理解できます。先生は博学で、映画や小説の話を世界史の話へとつなげて教えてもらえるので教養も深まり、『私もその本を読んでみよう』と思えてきますね。中学とは違い、みんなで考えたり、先生と会話しながら授業が進んでいきます。
 ネイティブの先生といっしょに、ランチを食べながら英語で会話する『イングリッシュゾーン』という部屋もあって、いつも通っています。留学プログラムも多いのですが、このクラスでの毎日が充実しているので、留学して海外に出てしまうことが惜しい気がします」

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ