LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

「学び」を楽しむアクティブラーニング
かえつ有明高等学校

さまざまなシーンで行われているアクティブラーニングと
自分自身でチャレンジしていく「プロジェクト科」

各分野、各教科が有機的に結びつく学習

 かえつ有明の学校案内を開くと、「黒板を向いて座り、ノートをとるだけの授業を、あなたはあと何年受け続けられますか?」と問いかけてきます。同校のアクティブラーニングは、すべての教科においてさまざまな形で実施されています。

 たとえば地歴公民科では、世界史・日本史・倫理を科目横断的に学べる仕組みがあります。

「歴史の中のひとつの出来事を取り上げるとき、日本だけでなく、世界ではどうだったのか。時代背景、地域、人々の立場など、さまざまな視点からの見方を学びます。ときには世界史と日本史の教員がチームティーチングを行うこともあります」と広報部長の山崎達雄先生。アクティブラーニングを手がけてきた経験豊かな先生方によって実施され、「知識をどのように活用しているか」という観点から評価が行われます。

すべては自分の手で掴みとる「プロジェクト科」

 総合的な学力を向上させる学びの形は、「プロジェクト科」の取り組みに集約されます。課題を発見・決定し、情報をどこから収集し、誰に問いかけ、どのように成果物を作成するのか。着地点までの道筋すべてを、能動的に行う特別授業です。

「プロジェクト科」では、生徒たちが受けたいと思う授業をプロデュースしたり、倫理の教科書を作成するなど、画期的な取り組みがあります。中でも「自分たち目線のキャリアイベントをプロデュースする」として企画したのは、社会で活躍する方々の協力を得たイベントでした。

 生徒たちは職員会議に出席し、自分たちの企画を先生方に向けてプレゼンしたのです。

「プロジェクト科は、『何でも自分たちで見つけてくること』が基本です。自分で考え、動かなければ何も生まれないことを知るので、生徒の精神的な成長は著しいと思います」と山崎先生。そこで「自分も変わりたい、成長したい」という思いを持った多くの受験生が、同校を選択しています。

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ