Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2016 ウェブ版

授業Watch!
開智未来高等学校

開智未来の名物は「日本一の授業」!
生徒も伸びれば先生も伸びるいい関係!

工藤智先生工藤智先生

オリジナルテキスト『マスターテキスト』で
世界史をもっとおもしろく生涯の学びに!

世界史マスターテキストで勉強中

世界史マスターテキストで勉強中

 開智未来高等学校では「日本一の授業」をめざして、先生たちも日々教授法に磨きをかけています。そんな現場が見たくて、夏期講習会で活気があふれる高3の教室に行ってみました。

 最初は社会科主任の工藤智先生の世界史です。「講習会」といっても黙々と勉強するという雰囲気はなく、大きな声の工藤先生と生徒たちの会話が弾むにぎやかで楽しい講習会です。

「授業では独自の『マスターテキスト』を3冊(上巻・中巻・下巻)使用しています。生徒の手間をできるだけ省き授業に集中させ、私の話をしっかり聞いてほしいと願って作成しました。ただ出来事と年号を覚えるのでは世界史のおもしろさは伝わりません。卒業生の中には、マスターテキストで世界史に魅力を感じるようになり、大学の授業でも役に立っていると話す人もいます。今もマスターテキストの改訂作業を同時に進めていますが、これから入学してくる皆さんにも長く愛用してもらえるものと思います」(工藤先生)

寺岬満志先生寺岬満志先生

今も進化する独自の『サブテキスト』を使って
大学受験の記述問題にも自信をもってトライ!

先生方作成のオリジナルテキスト

先生方作成のオリジナルテキスト

 先生方が自身でテキストを作成するのはすべて生徒のため。「日本一の授業めざして生徒も先生も伸びるのが開智未来なのです」と、関根均校長先生もその教育力をアピール。同校に入学を希望する生徒のほとんどが、他の高校を受験しない「単願」である証もここにあります。

 次に見学したのは寺岬満志先生の日本史です。寺岬先生も工藤先生と同様に教科書と連動した『サブテキスト』を独自に作成しています。

「毎年、教科書の記述変更に即してサブテキストの改訂を行い、できるだけ新しい学説なども紹介しています。また、記述力を高めるため、①定期考査に記述問題を出題、②歴史の流れを解説した文章を配布し、その文章の要約をしていくといった取り組みも行っています」(寺岬先生)

 世界史も日本史も苦手だから勉強するのではなく、好きだから学ぶというポジティブな姿勢が両教室から感じ取ることができました。開智未来の授業はおもしろさで一杯です!

(この記事は2016年9月に掲載しました。)

開智未来高等学校  

〒349-1212 埼玉県加須市麦倉1238
TEL:0280-61-2021

進学なび掲載情報

【進路・進学】医系進学指導の経験と実績を踏まえ2019年度より「医系コース」を新設!
【授業・カリキュラム】大学合格実績で注目を浴びる少数精鋭の共学校 飛躍の一翼を担うのは計20日間の「夏期講習」
【私学トップインタビュー】「Inquiry(探究)」「Internationalization(世界水準)」「ICT(つなげる知能)」 3つの「I」で未来をたくましく生き抜く力を
【目的・意欲に応える進学・受験サポート】多彩な講習に独習と個別対応を組み合わせ長期休暇中も朝から夕方まで校内で学力を磨く
【ワールドワイドに活躍する生徒を育てる】英語でディスカッションする力を身につける「フライデー・セッション」の取り組み
【授業まるごとWatching!】「最先端の学び」と「本質的な学び」を追究 「伸びない生徒をつくらない」数学の授業
【私学トップインタビュー】高校受験は受験とその勉強を通じて、自分に気づき、夢を創り、将来を切り拓くための一つのプロセス
【授業Watch!】開智未来の名物は「日本一の授業」!生徒も伸びれば先生も伸びるいい関係!
【大学合格実績躍進校レポート】2期生が東大文Ⅲ・筑波大医学群に合格 国公立大への現役合格率は埼玉県内トップクラス
【夢をかなえるサポート体制】「本質的な教育」に本気で取り組む
【IT力を上げる】教員・生徒間で双方向に情報を発信・共有生徒が新しい発見を求めて能動的になる
【私学トップインタビュー②】独自教育の成果 校長メッセージ
進学なび2016年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ