LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 No.2

伝統行事・名物行事ガイド
佐野日本大学高等学校

おもてなしの気持ち満載の文化祭
熱いエネルギーが爆発する体育祭

来場者との一体感を生む
ステージ発表と数々の催し

 7月4日(土)と6日(月)の2日間に渡り『顕桜祭』が開催されました。初日となる4日は文化祭、6日は体育祭です。

 昨年、創立50周年を迎えた同校の文化祭のテーマは『A New Start~新たな未来へ~』。

「さらなる高みへと進むべく、次代に向けて大きな一歩を、という思いが込められています」と、生徒会長の相京裕己くんは言います。

 生徒たちの日頃の成果を発表する場であるステージイベントは10時10分からスタート。管弦楽部の演奏を皮切りに、ディズニーの名曲を披露した吹奏楽部や甲子園でもお馴染みのチアリーディング部が会場を盛り上げます。さらにダンス部や和太鼓部などのバラエティ豊かなステージ発表は、今年も多くの来場者との一体感を生み出しました。

 各クラスの展示が行われた教室棟では、理数系教育の最先端を学ぶ高1のSSクラスが人気テレビ番組の『ピタゴラスイッチ』に登場するからくり装置を再現。放課後を使って半月がかりで作った作品は親子連れに大好評。もぐらたたきゲームやヨーヨー釣りなど、手作り感満載の『縁日』もにぎわいを見せました。物品販売を行う高3ゾーンも活気に溢れ、つぶつぶアイスや饅頭などが大好評。工夫を凝らした各クラスの装飾も目を楽しませてくれました。

「準備は大変だったと思いますが、生徒会役員、各クラス、各団体とも素晴らしい活躍をしてくれました」(生徒会顧問/君島光紀先生)

多くの来場者で賑わう校舎

多くの来場者で賑わう校舎

工夫を凝らした装飾も来場者に好評でした。

工夫を凝らした装飾も来場者に好評でした。

来場者の笑顔あふれる文化祭
生徒の熱気あふれる体育祭

 文化部の発表・展示会では、8年連続で全国大会に出場しているデジタル放映部の映像作品を放映。茶道部は「来場者が気軽にお茶とお菓子を楽しめるように」という配慮から立礼(イス席)でお茶会を開催。シックで優美な生け花を展示した華道部は、アレンジメント体験会を催すなど、各部ともそれぞれの特性を活かした内容で来場者をおもてなし。会場のいたるところで、多くの方々の笑顔を見ることができました。

 翌5日に予定された体育祭は荒天により翌6日に順延されました。ところが6日も朝から雨が降ったりやんだりの悪天候。開催時間の短縮や競技種目を減らすなどの対応に迫われましたが、生徒は実施可能な競技で目一杯の力を発揮。

「雨だからこそ、思い出に残る体育祭になったのではないでしょうか」と、中等教育学校の渡邊明男校長先生がいうように、天気に負けない盛り上がりとなりました。

熱気あふれる吹奏楽部のライブ

熱気あふれる吹奏楽部のライブ

(この記事は2015年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

進学なび2015年 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ